実践!仮想化ソフトウェア 2010 Updates

第3回 Citrix XenServer5.6を使ってみよう[①環境構築編]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

ここでは,オープンソースのXenをベースとするCitrix XenServerを使った仮想化環境の構築方法を解説します。今回と次回の2回に分けて,無償版のCitrix XenServerとその管理クライアントであるCitrix XenCenterを使った仮想化環境の構築・管理から,Openfilerを使ったライブマイグレーション可能な環境の構築まで紹介します。

Citrix XenServer とは?

Citrix XenServer(以下XenServer)は,Citrix社が提供しているオープンソースのXenをベースとした仮想化環境です。Xenと比較して容易にインストールすることができます。

Citrix XenServer
URL:http://www.citrix.co.jp/products/xenser/xenser.html

2010年の5月末から,バージョン5.6にアップグレードされたXenServerが提供されています。また,これに合わせてXenServerの有償版エディションに,低価格の「XenServer Advanced Edition」が追加されています。5.6 へのアップグレードにて追加された主な機能は以下の通りです。

  • 管理者が指定した範囲内における仮想マシンのメモリ値の調整(ダイナミックメモリ)
  • 未使用のホストの電源を落として少数のホストのみで動作することによる省電力化
  • ホストの電源管理
  • 登録されたサーバ管理者に委譲するアクセス権限を管理(ロールベース管理)
  • データセンターの機能停止から復旧までの自動化(StorageLink SiteRecovery)
  • パフォーマンスのチェックと報告
  • Red Hat Enterprise Linux,CentOS,Oracle Enterprise Linux 5.4をゲストOSとしてサポート
  • ホスト1つあたり最大64個までの論理プロセッサ,256Gバイトまでのメモリ,16個までのNICのサポート
  • Citrix XenCenter(以下XenCenter)におけるOVFのインポート・エクスポートサポート
  • 無償版におけるスナップショットからのロールバックの簡単化

これらの追加機能が利用可能であるかは,XenServerのエディションにより異なります。

現在XenServerのエディションには無償版とは別に,有償版として「XenServer Enterprise Edition」⁠⁠XenServer Platinum Edition」⁠5.6 のアップグレードに伴い新たに追加された「XenServer Advanced Edition」があります。Advanced Editionには無償版の機能に高可用性,動的メモリ制御,パフォーマンスの状態報告等の機能が追加されており,高可用性を備えた仮想化環境を低価格で構築できる特徴があります。それぞれのエディションにて利用可能な機能の詳細は以下のサイトを参照してください。

無償版,Advanced Edition,Enterprise Edition,Platinum Editionの機能比較
URL:http://www.citrix.co.jp/products/xenser/edition.html

XenServer実行のための環境構築

XenServerとXenCenterを用いて仮想化環境を構築するためには,XenServer用のホストマシンとXenCenter用のWindows マシンが必要です。

XenServerは数多くのハードウェアに対応しており,基本的にLinuxが対応しているものであればXenServerホストとして利用できるでしょう。ネットワークインターフェース,ハードディスクコントローラも同様に,Linux を実行できるものならおおむねXenServerで利用できるでしょう。特殊なエディションとして,HP製のハードウェア用に提供されているHP版XenServerでは,USBメモリへのインストールをインストーラから行うことができます。

XenServer のインストール

インストールイメージの入手

XenServerのISOイメージは,以下のCitrix社のWebサイトから入手できます。

Citrix XenServerダウンロード
URL:http://www.citrix.co.jp/products/xenser/download.html

XenServer無償版ダウンロードフォームを選択し,ユーザ登録を行えばダウンロードサイトにアクセスできます。

ダウンロードサイトでは評価版のXenServerと,あらかじめ設定が行われているLinuxのISOイメージ,後述するXenCenterのmsi形式ファイルとLinux Supplemental PacksのISOイメージ等を入手できます。ダウンロードを選択し,新しく表示されたウィンドウ内の「Click to download your file now.」を選択すれば,ダウンロードが開始されます。

ここではXenServerのISOイメージとXenCenterのmsiファイルをダウンロードしましょう。必要であれば,Linux Supplemental PacksのISOイメージもここでダウンロードしておきます。ダウンロードしたら,XenServerのISOイメージをCD-R等に焼いてインストールメディアを作成します。

XenServer のインストール

作成したインストールメディアを使って,用意したホストマシンにXenServerをインストールします。インストールはLinuxのそれと似ており,Linuxのインストール経験のある人ならほぼ迷わず進められるでしょう。インストールでは以下の設定に注意してください。

  1. Linux Supplemental Packsのインストール選択(インストールする場合はOKを選択します)
  2. パスワードの設定(設定したパスワードは,XenCenterからXenServerホストにアクセスする時に利用します)
  3. NTPの設定(ntp.nict.jp 等の公開されたNTP サーバの情報を入力します)

Linux Supplemental Packs には以下の注意点があります。

  • XenServerと共にインストールする場合,インストール中にLinux Supplemental Packのメディアを入れる必要があるので,あらかじめメディアを準備しておいてください。
  • Linux Supplemental PacksはXenServerインストール後でもインストール可能です。
  • XenServerと共にLinux Supplemental Packsをインストールできるのはローカルからのインストールのみであり,それ以外のインストール方法ではLinux Supplemental Packsのインストール選択は出てきません。
  • 複数のXenServerホストを1つのプールにまとめる場合,全ホストにLinux Supplemental Packsを入れるか,どれにも入れないようにして,全ホストを同じ構成にする必要があります。
  • XenServerと共にLinux Supplemental PackをインストールしたXenServerホストと,後にインストールしたホストでは構成が異なるため,プールに統合することはできません図1)⁠

図1 Linux Supplemental Packのインストール方法が異なる2台のホストはプールに統合できない

図1 Linux Supplemental Packのインストール方法が異なる2台のホストはプールに統合できない

プールを使って複数のホストをまとめる予定がある場合は,Linux Supplemental Packsの取り扱いは要注意です。構築する環境にLinux Supplemental Packsが必須でない場合はXenServerと一緒にインストールせず,後に必要になればインストールすれば良いでしょう。

XenCenterのインストール

管理クライアントとするWindowsマシンに,XenCenterのmsiファイルを用意してインストールします。インストールウィザードに従ってインストールを進めてください。

XenCenterを通じてXenServerへ接続

XenServerをインストールしたホストは,XenCenterから接続してサーバとして操作することができます。⁠Add New Server」を選択し,サーバのIPアドレスとXenServerインストール時に設定したパスワードを入力してください。入力を完了したら,ウィンドウの左側にサーバが登録されます。

接続後,XenServerのライセンスのアクティベーションが要求されます。XenServerのインストール後30日間は試用期間となっているので,その後も利用するためにアクティベーションを行ってください。アクティベーション自体はWebブラウザで行います。もし行わなかった場合は,サーバに接続するたびこの要求が行われます。

著者プロフィール

白石光隆(しらいしみつたか)

1984年生まれ,愛媛県松山市出身。現在は筑波大学大学院システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻博士後期課程に所属。大学にて仮想化技術に関する研究に従事している。また,日本仮想化技術株式会社にてインターン中である。

主にオペレーティングシステム,仮想計算機,分散システムに興味を持ち,これらに関する技術書等を漁ることで,計算機の低レイヤーに潜ることを目指している。最近は某やわらか研メンバーとカタン島の開拓に勤しんでいる。

コメント

コメントの記入