実践!仮想化ソフトウェア 2010 Updates

第5回 Fedora 13で最新のLinux KVMに触れてみよう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

今回は,Fedora 13を使って最新のLinux KVM機能を解説します。基本的な使い方については省略しますので,基本から学びたい方は以前弊社宮原が執筆した「実践!仮想化ソフトウェア 2009 第5回 Linux KVMを使ってみよう」を参照してください。

CentOS 5とFedora 13のLinux KVMの違い

先述の記事では,CentOS 5.4を利用してLinux KVMの基本的な使い方を解説しました。現在はCentOS 5.5がリリースされていますが,今回は2010年中にリリース予定のRed Hat Enterprise Linux 6(RHEL6)を想定して,よりRHEL6に環境が近いと思われるFedora 13を選択しています。

Fedora 13のLinux KVMおよびその周辺ツールは,CentOS 5に比べて新しい機能が数々追加されており,最新のLinux KVMに触れるには良い環境となっています。本項では,次の3つについて解説していきます。

  • 仮想マシンマネージャーのアップデート
  • virshコマンドの拡充
  • vhost_net機能の追加

Fedora14について

つい先日,Fedora14がリリースされました。今回は時間の都合で詳しく取り上げることはできませんが,仮想化関連では次のような機能が加えられています。

  • デスクトップ仮想化「SPICE」の搭載
  • XenからKVMへの移行支援ツール「virt-v2v」を収録
  • Xenカーネルのサポート(DomUのみ)

仮想マシンマネージャーでネットワークブリッジを設定する

これまで,Linux KVMの仮想マシンでブリッジ接続を行うには設定ファイルの書き換えが必要でした。Fedora 13に収録されている最新の仮想マシンマネージャーでは,面倒なスクリプト書き換え作業をする事なく簡単にネットワークのブリッジ設定が行えるようになりました。

ブリッジ設定を行う前に必要な作業

Fedora 13は,ネットワーク接続管理に従来のnetworkではなくNetworkManagerを使用しています。しかし,仮想マシンマネージャーはNetworkManager環境下でブリッジを作成することができません。

そこで,仮想マシンマネージャーでブリッジを作成する前に以下のコマンドを実行して,NetworkManagerから従来のnetworkに切り替えます。

# /etc/init.d/NetworkManager stop
# /etc/init.d/network start
# chkconfig NetworkManager off
# chkconfig network on

仮想マシンマネージャーでブリッジを作成

仮想マシンマネージャーのリストからホストを選択し,メニューバーの「編集」⁠⁠Connection Details」を選択します。

図1 仮想マシンマネージャーのメイン画面

図1 仮想マシンマネージャーのメイン画面

ホストの詳細ウィンドウの「ネットワークインターフェース」タブを開きます。左下の「+」ボタンをクリックします。

図2 ホストの詳細画面

図2 ホストの詳細画面

インターフェースの種類を選択します。⁠Bridge」を選択して次に進みます。

図3 インターフェースの設定画面(1ページ目)

図3 インターフェースの設定画面(1ページ目)

ブリッジ名や,ブリッジに使用する物理インターフェースを設定します。ここではeth0のブリッジとしてbr0を作成することとします。名前を入力し,⁠開始モード」「onboot」にします。⁠ブリッジするインターフェースを選択」でeth0を選択すると,⁠IPの設定」が自動的にeth0の設定を引き継ぐよう設定されます。⁠ブリッジの設定」はデフォルトのままで良いです。

「完了」をクリックすると作成が実行されます。eth0の設定を上書きしても良いか尋ねられるので「はい」をクリックします。

図4 インターフェースの設定画面(2ページ目)

図4 インターフェースの設定画面(2ページ目)

以上でブリッジが作成され,仮想マシンのネットワーク接続方法として使用可能になります。

著者プロフィール

大内明(おおうちあきら)

1988年生まれ,北海道根室市出身。日本仮想化技術株式会社 技術部所属。主にVMware製品やLinux KVMの検証・構築を担当。バックアップも少々。サーバを見ること・触ることが好きで,社長の宮原と共にヤフオクの出物探しに燃えている。 個人ではIntel AtomマシンでXen環境を構築して自宅サーバを運用している。このサーバにCD-ROMドライブを外付けして「ハムスター用リモート給餌装置」や「エアコンリモート操作装置」を作るといったネタが,ごく一部の人たちにウケている。

コメント

コメントの記入