FreeBSD 7.0 へようこそ

第1回 7.0の「使いどき」はいつ?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2008年2月27日,待望のFreeBSD 7.0-RELEASEが発表された。1993年11月に遡る1.0-RELEASEの公開から14年と4ヵ月,前回の6.0-RELEASEから数えて2年4ヵ月,通算6回目になるメジャーバージョンアップとなる。ワイヤレス機能の強化,ARM,UltraSparc T1アーキテクチャへの対応などに加え,目新しい成果としてはマルチプロセッサ対応プロジェクトSMPngSymmetrical Multi Processor next generation)」の開発がほぼ完成したこと,OpenSolaris(Sun Microsystems)のファイルシステムZFSが移植されたことなどが見どころとなる。

本特集では5回に渡って,7.0のインストールやアップグレード,目玉となる新機能を紹介していく予定である。今回は初回よろしくFreeBSDリリースの歴史をひもとき,「7.0のインストールしどき」を探ることにしよう。

リリースエンジニアリング

まず,「リリース」が出るまでの仕組をおさらいしておこう。

FreeBSDの開発は,新規機能を貪欲に取り込むCURRENTブランチでまず行われ,メジャーリリースを出す数ヵ月前に,新機能の開発主体から外し安定化を主目的とする「STABLEブランチ」に移行する。さらにリリース用のブランチが分かれ(RELENG_7の場合は2007年10月11日),数回のベータ版,RC(Release Candidate, リリース予備版)の発表,ならびにテストを経てRELEASE版が生成される。STABLE系列になってもしばらく(少なくとも-CURRENTの直下の番号である間)は,CURRENTでテストされた新機能が導入される。これを「Merge From Current: MFC」という。7.0-CURRENTの時代にテストされた新機能のうち,かなりの数が6系列でも利用できるのは,この理由によっている。

リリース樹形図

公開のおしらせメールをもってリリースの誕生日だとして,FTPサイトならびに昔のFreeBSDを保存してある「ftp-archive.freebsd.org」に残っているFreeBSDの樹形図を作ると,図1のようになる。この図はいろいろな方面から読んで楽しむことができる。まず注目したいのはリリースの間隔で,

2.0→(3年9ヵ月)→3.0→(1年5ヵ月)→ 4.0 →(2年10ヵ月)→5.0→(2年10ヵ月)→ 6.0→(2年4ヵ月)→7.0

のように,だいたい2年半~3年弱に1回のペースで,メジャーなリリース版が出ているとわかる。

図1 FreeBSDの「誕生日リスト」。点線はftp-archive.freebsd.orgに残っていない版。

図1 FreeBSDの「誕生日リスト」

リリースの寿命

「誕生」したからにはリリースには「寿命」があるとして,どのくらいの長さなのだろうか? X.0-RELEASEが出てから,「これで最後のリリース」と宣言されるまでに出されたリリースのうち,ftp-archive.FreeBSD.orgに残っているリリースの数と,メンテナンス終了時期(予定も含む)をまとめると表1のようになる。

表1 リリースの寿命

系列 最終版 リリースの数 最終リリース メンテナンス終了
2 2.9 10リリース 11年4ヵ月
3 3.5.1 7リリース 1年8ヵ月
4 4.11 14リリース 4年11ヵ月
5 5.5 7リリース 3年4ヵ月 5年4ヵ月(予定)
6 6.3 4リリース 2年3ヵ月 5年4ヵ月(予定)

2006年4月1日にアナウンスされた2.2.9-RELEASEを擁するFreeBSD 2系列が断然トップの長寿を誇る。筆者もdevelopers@に転送されてきた広報メールを見て最初「エイプリルフールか?」と思ったくらいで,息の長いメンテナンス努力に脱帽である。対照的に,3系列は1998年に登場して2000年に最後のリリースが出ており,比較的短命の(20世紀の壁を超えられなかった)リリースであった。やはり著作権問題を取り除いた「4.4BSD-lite」ベースを謳い颯爽と登場した(とUNIX素人の私なんかも思ったものだった)嚆矢の系列であったことへのこだわりが,2系の長寿の遠因だろうかと考えたくなる。

FreeBSD 2系列といえば,当時のPC UNIXファンに少なからぬ影響を与えた『FreeBSD 徹底入門 第一版』(翔泳社)も2.2.1-RELEASEをベースとしていたことも,併せて思い出される。

実は長寿リリースになるかどうかは,OSとしての完成度(パフォーマンス)と,新機能取り込みとのバランスで決まっている。FreeBSD2が出た後,3-CURRENTブランチで多くの新機能が試行錯誤された結果,いつまでたっても新バージョンが出ないことに業を煮やし,「出してしまって後で直そう」というポリシーで3を出してしまったおかげで,3.2に至るまでOSとしての完成度が2系列よりも下がったということがあり,結果として2.2.8-RELEASEが商用目的にも耐える品質のOSとして長寿を保ったのである。

4から5系列に至る過程においても同様に,SMPngやUFS snapshot,バックグラウンドfsckなどの新機能が,完成度はともかく導入されたが,課題と開発の方向「ロードマップ」を明らかにした上で開発が行われたため,3系列で起こったような失敗は繰り返されていない。したがって,3系列の混乱が終わった後,4系列の時代がしばらく続き,その後は3年間程度間隔でリリースが公開されている。

著者プロフィール

三田吉郎(みたよしお)

東京大学 大学院工学系研究科 電気系工学専攻准教授。講義「電気磁気学」「わかる電子回路」やマイクロマシン研究の傍ら,FreeBSDの普及,開発に尽力する。FreeBSD ports committer。国際派を自任し,2007~8年9月までフランス国立情報学研究所(INRIA)招聘教授。共著書に「FreeBSD徹底入門」(翔泳社),「FreeBSD Expert」など。

コメント

コメントの記入