FreeBSD 7.0 へようこそ

第3回 freebsd-updateで楽々リリースサーフィン

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

すでにFreeBSDを導入している読者にとっては,インストールCD-ROMを用いたアップグレードや,ソースからコンパイルしてアップグレードするやり方は釈迦に説法であろう。一方最近のFreeBSDには,ちょうどWindows Updateのように,バイナリで簡単にアップデートできるfreebsd-updateという仕組みが整備されている。

この仕組みは本来,同じリリース内でセキュリティパッチレベルを上げるため(たとえば08年3月4日にFreeBSD 6.2-RELEASEでupdateを使ったところ,パッチレベル11にまで自動で上げてくれた)に用いられるものだが,6.3-RELEASEからは,upgradeオプションで異なるリリースに上がることが可能になった。6.3-RELEASEから7.0-RELEASEは,この新機能が本領を発揮するはじめての例,しかもメジャー番号の更新ということなので,「うまくいった」報告を出しておくことは有益なので報告する。

freebsd-updateによる7.0-RELEASEへのアップグレード

すでにFreeBSDをインストールしている読者ならば,FreeBSDの更新は頻繁に行っていることであろう。ただ,筆者も時間がないといった言い訳で,しばしば次のような手抜きアップグレードを行っていた。

  1. /etc, /boot/loader.conf,/root など,/(ルートパーティション)内で自分が手を加えたファイルを退避
  2. 古いFreeBSDの上に,CD-ROMから新しいFreeBSDを上書きインストール。その際disklabelのときに全てのパーティションを「M」(Mount point set)キーでもって単にマウントすることにする。
  3. とはいっても若干気持悪いので,disklabelのときに「T」(toggle newfs)でもって / だけはnewfsしてまっさらにする
  4. インストールが終わったら,退避しておいた/etcなどの設定ファイルを元に戻す。
  5. 戻すファイルの代表的なものは/etc/rc.conf,/etc/group(viを立ち上げてマージ),/etc/master.passwd (vipw中で手動でマージ),/etc/ssh/*key* (host keyがかわると面倒),/etc/printcap,/etc/resolv.conf,/boot/loader.confなど
  6. パッケージは,暇があるときは全部自分で作り直す(俺的パッケージを作るための,RUN_DEPENDSをやたら指定した「Mitapkgs」というportsを個人的に持ってメンテナンスしている)が,暇が無いときはそのまま。
  7. 古いCライブラリ(たとえばFreeBSD 6なのに/lib/libc.so.5 =FreeBSD 5のlibc)も,そのまま。

以上のやり方は,簡便に実行できる点が魅力だが,たとえばライブラリにセキュリティの問題があるのに,それと知らずに古いパッケージとライブラリを使い続ける,といった類の脆弱性の危険がある。したがって,アップグレードのあるべき姿は,以下のような要求を満たすものであろう。

  • 更新が必要なファイルは更新してくれ
  • 自分で設定したファイルはそのまま,うまいことマージしてくれ
  • 古いライブラリは消してくれること

FreeBSD 6.3-RELEASEでのfreebsd-updateは,上記3要求をすべてかなえてくれる便利なツールである。以下のようなアップグレードの手順を踏む場合

  1. 必要な差分を入手
  2. カーネルを入れ替え
  3. ライブラリ等新ファイルを追加
  4. (手動)パッケージの入れかえ
  5. 旧ライブラリファイルの削除

このうち1,2,3,5をfreebsd-updateが担当してくれる。

[手順0]6.3-RELEASEを用意する

今回記事を執筆するにあたり,FreeBSD 6.3-RELEASEが入っていたディスクと,6.2-RELEASEが入っていたディスクの2種類で試してみた。6.2-RELEASE版のfreebsd-updateには「upgrade」コマンドがなく,実行してもパッチレベルが上がるだけで,アップグレードはできなかった。そこで(いささか乱暴だが)先ほど紹介した「手抜きアップグレード」で6.3-RELEASEを上書きインストールするとfreebsd-updateで7.0-RELEASEにアップグレードできるようになった。

著者プロフィール

三田吉郎(みたよしお)

東京大学 大学院工学系研究科 電気系工学専攻准教授。講義「電気磁気学」「わかる電子回路」やマイクロマシン研究の傍ら,FreeBSDの普及,開発に尽力する。FreeBSD ports committer。国際派を自任し,2007~8年9月までフランス国立情報学研究所(INRIA)招聘教授。共著書に「FreeBSD徹底入門」(翔泳社),「FreeBSD Expert」など。

コメント

  • そうですね

    コピーしそこないました。早速直してもらうように依頼します。
    指摘ありがとうございました。

    Commented : #2  三田 (2008/04/04, 04:39)

  • reebsd-update

    ミススペルのようです。
    # reebsd-update install

    Commented : #1  iyoda (2008/04/01, 14:37)

コメントの記入