FreeBSD 7.1へようこそ

第1回 7.1-RELEASEの世界へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

2009年1月5日,待望のFreeBSD 7.1-RELEASEが発表された。2008年2月27日の7.0-RELEASE発表から数えて丸10ヵ月強にわたって安定化が図られた,「安定版(STABLE)」ブランチからのリリースであると同時に,8-CURRENTで試みられたいくつかの興味深い改良が加えられている。

本特集ではこれから数回にわたり,最新のRELEASEで使える便利な機能や新たな機能を通じて,FreeBSDの魅力に迫ってみることにしよう。

強力なリリースエンジニアリング

2008年3月3日より,5回にわたり掲載したFreeBSD 7.0-RELEASE特集「FreeBSD 7.0へようこそ」で紹介したように,FreeBSDは1993年11月に1.0-RELEASEが公開されて以来,絶え間無い革新と拡張が行われてきており,今回のリリースで丸15年を迎えたことになる。1993年といえば筆者は大学3年生,まだ卒業研究室にも配属されていなかった若者であった。爾来FreeBSDを使いづつけていつのまにか15年も経っているもので,感慨ひとしおである。

…となんだかノスタルジックな書き出しだが,7.1-RELEASEのインストールおすすめ時期を占った昨年の一番目の記事では,5.0→6.0のように,ピリオド「.」前の数字が上がる「メジャーリリース」から,6.0→6.1のように,ピリオドの後の数字が上がる「マイナーリリース」までの期間でもって,メジャーリリースの安定度を判定してみた。

その結果,「エンジニアリングの腕があがっている」ことから,「X.1が出るまでには少なくとも半年は楽しめる」と予言して,「ズバリ7.0-Rは今がインストールのしどき」とオススメしたのだが,果して結果はどうであったか?早速,メジャーリリースからマイナーリリースまでの間隔をまとめた表に,今回発表された7.1-RELEASEまでの間隔を加筆してみた。

表1 メジャーリリースからマイナーリリースまでの間隔

系列 間隔
2 7ヵ月
3 4ヵ月
4 4ヵ月
5 5ヵ月
6 6ヵ月
7 10ヵ月

結果,これまでの最長記録であったFreeBSD 2系列を抜いて,FreeBSD 7.0-RELEASEが堂々10ヵ月の長きにわたって最新の座にとどまる結果となった。予言が見事的中したわけで,筆者は少なからず嬉しく思っている。ちなみに次回のメジャーリリースは,www.FreeBSD.org内のリリースエンジニアリングのページにあるように,2009年6月にFreeBSD 8.0が予定されている。

 2.0(3年9ヵ月)3.0(1年5ヵ月)
 4.0(2年10ヵ月)5.0(2年10ヵ月)
 6.0(2年4ヵ月)7.0(2年3ヵ月の予定)8.0

ということになる。

7.1-RELEASEの新機能

これまた知っている人には耳にタコであるが,FreeBSDの最新の開発はHEADというブランチで行われる。現在では8.0に向けた8-CURRENTである。CURRENTでの開発が一段落ついたところで,X.0-RELEASEを出して,その後はX-STABLEというブランチで安定化の作業が行われる。

一方,-CURRENTで試みられた新しい機能は,随時-STABLEにもマージされる(Merge From Current:MFCという)ので,STABLEブランチのRELEASEを追いかけ続けても,一定の期間遅れで新機能を試すことができるという仕組みである。

したがって,今回のマイナーリリースでは,7.0-Rが出たほどのはなやかさは無いのだが,重要な改良と,いくつかのおもしろい機能がMFCされている。公開メールにある概要は…

  • 強力なデバッグ手段である「DTrace」が導入された(元はOpenSolaris)。
  • ブートローダが改良され,USBデバイスやGPTラベルされたデバイスからの起動が可能になった。
  • デスクトップ環境はKDE 3.5.10とGNOME2.22.3になった。
  • amd64とi386アーキテクチャに,DVDインストールイメージが用意された。
  • cpusetシステムコールやcpusetコマンドが用意され,プロセスやリソースをCPUにわりふることができるようになった。
  • NFS(Network File System)でのロック機構「NLM」が改良された。
  • スケジューラが従来のBSDスケジューラからULEスケジューラになった。

このうち,機能として目新しいものはDTraceやブートローダの改良,一般ユーザに関係するものはKDEとGnomeのバージョンアップやDVDメディアの整備といったところである。本特集で,追い追い新機能について紹介する予定である。

著者プロフィール

三田吉郎(みたよしお)

東京大学 大学院工学系研究科 電気系工学専攻准教授。講義「電気磁気学」「わかる電子回路」やマイクロマシン研究の傍ら,FreeBSDの普及,開発に尽力する。FreeBSD ports committer。国際派を自任し,2007~8年9月までフランス国立情報学研究所(INRIA)招聘教授。共著書に「FreeBSD徹底入門」(翔泳社),「FreeBSD Expert」など。

コメント

コメントの記入