アキラの海外“デッドストックニュース”掘り起こし

第7回 "訴訟ビジネス"の終焉を告げられたSCO

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

ようやく,というか,今さら,というべきなのか,とにかくLinux/オープンソース関係者をほっとさせるには違いないニュースが飛び込んできた。8月10日(現地時間),ユタ州の連邦裁判所が「UNIXの正式な著作権保持者(社)はNovellであって,SCOではない」という判決を下したのだ。4年以上に渡って続いてきた泥仕合も,そろそろ終わりの瞬間が近づきつつあるようだ。

OSS業界に燃え広がったSCOの訴訟問題

ご存知の向きも多いとは思うが,改めてこの「訴訟合戦」をざっと振り返ってみよう。SCO(正確にはThe SCO Group)がIBMをAIX(IBMのUNIX OS)のソースコードをLinuxユーザに不当に開示している。これはSCOの知的財産の侵害だ」として訴えたのが2003年3月。唖然とするIBMやLinuxユーザに対し,「Linuxによって当社は得られるべき利益を逸している。Linuxを使い続けたかったらユーザは1CPUあたり700ドルをSCOに払えというライセンス料金を突きつけた。当然ながらIBMは反論し,SCOの逆提訴に踏み切った。これに呼応するかのように,Red Hatも「Linuxの普及を妨げる違法行為には我慢ならない」としてSCOを提訴している。

だがIBMやRed Hat以上に憤慨したのは世界中のLinux/OSSユーザたちだった。SCOのCEOであるMcBride氏は2003年の来日記者会見で「GPLは問題だらけで知的財産の侵害も甚だしいライセンス。すぐに改定されるべきだ」とコメントしているが,よくもそんな恐ろしいことを口にできたものだと思う。とにかく一連のSCOの言動はコミュニティの怒りに火をつけ,それはすぐに燃え広がっていった。ふだんあまり表に出ることがない,あのLinus Torvalds氏さえメディアに登場し,「放漫経営のツケをオープンソースコミュニティに払わせようとする汚いやり方」とSCOを厳しく批判している。勢いあまったハッカーの手によるDDoS攻撃でSCOのサーバはダウン,広報窓口には苦情や嫌がらせが相次いだという。

SCOは1年後の2004年にLinuxのユーザ企業(ダイムラー・クライスラーなど)を訴え出るというさらなる行動に出る。SCOにとってみればIBMやユーザに対しての威嚇のつもりだったのだろう。だが,この脅しとも取れる提訴もすでに効を奏さなくなっていた。訴訟が始まってからもLinux市場は縮小することもなく,SCOに1CPUあたり700ドルを払う企業も名乗り出なかった。市場はすでにSCOの提訴を"ネグレクト neglect"していたのだ。

"UNIX"は誰のものか?

SCOが主張する「知的財産権」とはUNIXのソースコード(System V)だ。これは1995年,SCOがNovellからUNIX/UnixWareを購入したことに遡る。SCOはこれにより,著作権を含むUNIXに関するすべての権利を同社が有していると主張している。そしてLinuxにはSystem Vのソースコードが違法に使われているから知的財産侵害だ,という。

もし仮にLinuxのソースコードにSystem Vのそれが使われているとしたら,その部分を開示して証明せよという声が上がるのは当然だろう。だがSCOは頑なにそれを拒んだ。「とにかくLinuxのコードは違法だ」と繰り返すばかり。これにはLinus氏も「System Vのコードなんか,Linuxには1行もないってば。あるというならどこなのか示してくれよ」となかば呆れてコメントしている。

もうひとつ,SCOの主張を危うくしたのはNovellとの権利関係だ。SCOはUNIXの全権利を主張するが,Novellは「UNIXに関連する著作権までSCOに売却したつもりはない」という。つまりSCOの訴えはお門違いとばっさり切っているわけだ。SCOはもちろん反論,「1995年の取引で,UNIXのすべての権利は我が社のものになっている」とし,2004年1月にNovellを名誉毀損で訴えた。

そして4年の歳月を経て,司法は「UNIXの権利保持者はNovell」とはっきり認定した。NovellのシニアバイスプレジデントであるJoe LaSala氏は「この判決に非常に満足している」とコメント,「これによってSCO訴訟の大部分の片が付くのでは」との期待を寄せている。当然,SCOの勝利はない形で,だ。

ITジャーナリストやアナリストの間ではSCO訴訟のことをすでに"風化した事件"とみなしていた人も多い。だがオープンソース関係者にとっては,確信していた勝利だったとはいえ,手にした喜びはひとしおのようだ。The Linux Foundationのエグゼクティブディレクター James Zemlin氏は「これでLinuxが安全なソリューションということが証明され,ユーザは何の躊躇もなく選択することができるようになった」と言う。喉に刺さった小骨のごとく,やはり皆どこかでSCOのことを気にしていたのだろう。ユーザグループやコミュニティも喜びの書き込みでいっぱいだ。

SCOは8月13日の時点でまだコメントを出していない。

著者プロフィール

階戸明(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

コメント

コメントの記入