at+linkの魅力を探る

第2回 ついに登場した「at+link アプリプラットフォーム」の魅力を探る

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

第2回目は,11月17日に発表された新たなサービスである「at+link アプリプラットフォーム」について伺いました。

ソーシャルアプリに最適化された専用サーバパッケージ

SNSのプラットフォーム上でゲームを提供する「ソーシャルアプリ」⁠ソーシャルゲーム」が爆発的に広まり,現在では多くのベンダがこの市場に参入しています。しかし,実際にサービスを提供する上で課題となるのが,サービスを提供するサーバ環境です。

通常ソーシャルアプリの運用では,インターネット上のサーバを使ってHTTP経由でゲームを配信し,さらにプレイヤーの情報もサーバ側のデータベースに保存します。つまり,ユーザ数などの規模に応じたサーバ環境を用意しなければなりません。

このソーシャルアプリに最適化されたサーバプラットフォームとしてat+linkが提供を開始したのが,専用サーバのパッケージである「at+link アプリプラットフォーム」です。ソーシャルアプリで利用されるケースが多いIaaS型のパブリッククラウドサービスとどういった違いがあるのでしょうか。at+link アプリプラットフォームのサービス開発を担当した,株式会社リンクのディベロッパーサポート マネージャーの文屋宏氏と同シニアエキスパートの前佛雅人氏にインタビューし,新サービスの特徴を伺いました。

お話を伺った⁠株⁠リンク ディベロッパーサポート マネージャー 文屋 宏氏(左)と,同シニアエキスパート 前佛雅人氏(右)

お話を伺った(株)リンク ディベロッパーサポート マネージャー 文屋 宏氏(左)と,同シニアエキスパート 前佛雅人氏(右)

IaaSのメリットとデメリット

at+link アプリプラットフォームのコンセプトとして,文屋氏は「クラウドと専用サーバサービスのいいところ取り」であると説明します。

現在,ソーシャルアプリを提供するプラットフォームとして,IaaS型のパブリッククラウドサービスが多く使われている理由には,仮想化技術を利用していることによる柔軟性の高さが挙げられます。ソーシャルアプリを提供する際,事前にユーザ数を予測し,それに応じたサーバを用意するのは困難です。したがって柔軟にサーバを追加してスケールアウトしたり,あるいは余剰リソースが生じた場合には簡単に規模を縮小することができるIaaSは,ソーシャルアプリに向いているというわけです。

また,多くのIaaSにおいて初期費用を無償にしている点もソーシャルアプリベンダにとっては魅力でしょう。提供するアプリが成功するかどうかについての判断が難しい以上,初期投資を可能な限り抑えたいのは当然だと言えます。

一方でIaaSの特徴であるリソースやトラフィックの利用量に応じて料金を支払う従量課金制は,利用量が少ない場合に支払う料金を抑えることができますが,ユーザ数が増えてアクセス規模が大きくなるとそれに伴って料金も跳ね上がってしまうという問題があります。特にユーザ数が右肩上がりで伸びているサービスにとって,毎月上昇する料金は大きな負担となりかねません。

さらにパフォーマンスの問題もあると文屋氏は指摘します。

  • 「実際にIaaSを利用されているいくつかの企業に話を伺いました。その中で,IaaSと専用サーバとでは同じCPUスペックでも,IaaSの方がパフォーマンスが悪かったという意見が多く見受けられました。パフォーマンスを確保するために仮想マシンを追加すれば,当然料金もかさんでしまいます(文屋氏)⁠

IaaSにおけるこうした問題は,専用サーバの利用で解決します。専用サーバは定額で,アクセス規模によって料金が変わることがないうえ,1台のハードウェアリソースを占有して利用するため,スペック値どおりのパフォーマンスを得ることができます。

ただ,初期費用やサーバ追加までにかかる時間などの観点から,従来の専用サーバサービスではソーシャルアプリベンダのニーズに十分応えられないと感じたと文屋氏は言います。そこで専用サーバとIaaSの双方のメリットを持つサービスとして開発されたのが,at+link アプリプラットフォームというわけです。

クラウドの魅力を取り込んだ専用サーバサービス

「まずスケールアウトに関しては,90分でのサーバ追加という迅速さを実現しています。これは365日24時間変わりません」と文屋氏は説明します。多くのIaaSで実現されている分単位でのサーバ追加と比べると遅いように感じますが,ユーザへのヒアリングによれば必ずしも数分でのスケールが求められているわけではなく,90分でサーバが追加されれば十分だという声が多いようです。

at+link アプリプラットフォームでは,1台単位でサーバを追加することが可能で,追加したサーバの課金は日割りで行われます。このため,突発的にアクセスが増加した際にサーバを追加し,落ち着いたタイミングで解除すれば,アクセスが多かった期間だけの課金で済むというわけです。一般的に月単位での課金が多い専用サーバと比べ無駄なコストがかからないことを考えると,このメリットは大きいでしょう。また,申し込みからわずか5営業日で運用を開始することが可能です。

高性能サーバをパッケージで提供

at+link アプリプラットフォームでは5台のWebサーバと1台のデータベースサーバが基本構成として提供されます。サーバとは別にロードバランサーやファイアウォールが標準で提供されるほか,冗長化された2Gbpsのバックボーンでインターネットと接続されているため,ネットワーク面でも不安はありません。

文屋氏は「10万人~100万人程度のユーザがいるソーシャルアプリを前提に設計した」と話します。

サーバは,Web用が4コアのXeon L3426(1.86GHz)⁠4GBのメモリ・500GBのSATA HDD,データベース用が6コアのXeon X5650(2.66GHz)⁠24GBのメモリ・146GBのSAS HDDのRAIDと,高いパフォーマンスを実現できるスペックでまとめられています。特に注目すべきは,データベースサーバに超高速SSD⁠ioDrive⁠を搭載している点です。

著者プロフィール

川添貴生(かわぞえたかお)

株式会社インサイトイメージ代表取締役。企業サイトの構築及び運用支援のほか、エンタープライズ領域を中心に執筆活動を展開している。

メール:mail@insightimage.jp

コメント

コメントの記入