LAMP開発者のためのWindows Azure講座

第1回 LAMPで培ったノウハウをWindows Azureでも活かしてみよう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Windows AzureにおけるLAMP環境

Windows Azure Platformでは,C#やVisual Basicなどの.NET言語だけではなく,PHP,JAVA,Rubyといったオープンソースを使ったWebアプリケーションの開発が可能です。データベースについても,SQL Serverのクラウド版であるSQL Azureだけでなく,PHPを使ったWebアプリケーションで一般的なMySQLを利用することができます。

現在,企業サイトやキャンペーンサイト,ECサイトなどの構築にはLAMP(Linux,Apache,MySQL,PHP)環境が広く使われていますが,そこで培った開発ノウハウは,Windows Azure Platformでもそのまま生かすことができるということです。では,Windows Azure Platform上でLAMP環境を利用するためにはどのような手順を踏めばいいのでしょうか。

本連載では,LAMPからWindows Azureへの移行をテーマに,環境構築の方法,サービス稼働までの流れ,既存のサーバからの移行方法などの手順をステップバイステップで紹介していきます。連載前半では,ローカル開発環境,PHP,MySQLをそれぞれ稼働させるために必要なソフトウェアやツール,プラグインのインストール手順を紹介します。連載後半では,その環境を使って,実際に簡単なサービスを稼働させるまでの流れを追い,既存のLAMP環境からのサービス移行の手順などにも触れていく予定です。

まずは準備~Windows Azureのサブスクリプションの購入

1回目の今回は,LAMP環境を構築するための準備として,Windows Azureのサブスクリプション購入の手続きを中心に紹介します。

ご承知のように,Windows Azure Platformは,ソフトウェアを購入してローカルで「所有」するのではなく,サブスクリプション形式でサービスを「利用」する形態になります。利用にあたって必要になるのがサブスクリプションの購入です。

2011年9月現在,サブスクリプションには,⁠使用量に応じたプラン」「コミットメントを必要とするプラン」の大きく2つがあり,以下の5つのプランが提供されています。

使用量に応じたプラン
  • 導入特別プラン
  • 従量課金プラン
  • MSDN サブスクリプション会員向け
コミットメントを必要とするプラン
  • Windows Azure Platform 標準プラン
  • Windows Azure Platform SQL Azure 標準プラン

コミットメントを必要とするプランは,あらかじめ6カ月間の利用を決めておくことで,サービスの割引を受けられるものです。プランごとの条件や詳しい説明は「Windows Azure価格情報」で確認することができます。

ここでは,90日間無料で利用できる「導入特別プラン」を例として,サブスクリプションの購入の手続きを紹介します。サブスクリプション購入には,Windows Live IDと,クレジットカードが必要になりますので,事前に用意しておきます。Windows Live IDは,サブスクリプション購入の窓口となる「Microsoft Online Servicesカスタマーポータル(MOCP)⁠へのログインや契約者の識別,Azureで利用するサービスの管理などに用いる重要なIDですので,適切に管理していく必要があります。

それでは,具体的な購入手続きの流れを見て行きましょう。まず,MOCPにアクセスすると,以下の画面が表示されます。

図1 MOCPトップの画面

図1 MOCPトップの画面

この画面からLive IDを使ってサインインします。すると,以下のようなプロファイル作成画面が表示されます。

図2 プロファイル作成のダイアログ

図2 プロファイル作成のダイアログ

ここで,連絡先情報,会社情報,サービスの利用先住所を登録します。登録が完了すると,以下のようなサービス購入画面になりますので,左側の「サービスフィルター」から「Windows Azure Platform」を選択し,中央の「Windows Azure Platform 導入特別プラン」から,⁠今すぐ購入」を選びます。

図3 サービスの購入

図3 サービスの購入

すると,購入するサブスクリプションの詳細が表示されますので,確認して「次へ」をクリックして,クレジットカード情報を登録します。利用できるクレジットカードは,2011年9月現在,Visa,Master,American Express,JCBの4種類です。

図4 購入の詳細

図4 購入の詳細

図5 課金情報の入力

図5 課金情報の入力

著者プロフィール

齋藤公二(さいとうこうじ)

インサイト合同会社

『月刊Computerwold』『CIO Magazine』(IDGジャパン)の記者,編集者などを経て,2011年11月インサイト合同会社設立。エンタープライズITを中心とした記事の執筆,編集のほか,OSSを利用した企業Webサイト,サービスサイトの制作を担当する。

コメント

コメントの記入