LAMP開発者のためのWindows Azure講座

第6回 Azure上でのMySQLの起動[その3]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

AzureドライブでMySQLを起動するための準備

前回までに,Windows AzureのWorkerRoleでMySQLを動作させ,phpMyAdminを使ってMySQLを管理する手順を紹介しました。ただ,このままではインスタンス(仮想サーバ)の再起動にともなってMySQLのデータが消えてしまいますので,データを永続化する工夫が必要になります。MySQLのデータを永続化する1つの方法は,AzureドライブというWindows Azureのストレージサービスを利用するものです。

Azureドライブは,Azureのストレージサービスの1つであるBlobストレージにVHD(仮想ディスク)をアップロードし,それをAzureの仮想サーバにマウントしてNTFSドライブとして利用するものです。仮想ディスクにあらかじめMySQLの実行ファイルやデータファイルを格納しておくと,Azure上のローカルディスクと同じようにアクセスでき,インスタンスが再起動した場合でもデータが保持されるようになります。

今回は,Azureドライブを利用してMySQLを起動する前段階として,Windows Azureの管理ポータルでストレージサービスを利用できるようにする手順と,VHDを作成してMySQLの関連ファイルを格納し,ストレージサービスにアップロードする手順を紹介します。

管理ポータルでストレージアカウントを作成

まず,ストレージアカウントの作成は,Windows Azure Platformの管理ポータルで行います。管理ポータルのトップページ左側「ホステッドサービス,ストレージアカウント,CDN」をクリックして,ストレージアカウントを選択すると,以下のような画面になります。

図1 管理ポータルで「ストレージアカウント」を選択

図1 管理ポータルで「ストレージアカウント」を選択

有効なサブスクリプションが表示されるので,サブスクリプションを選択し,新規ストレージアカウントをクリックします。すると,次のようなダイアログが表示されます。

図2 ストレージアカウントの新規作成画面

図2 ストレージアカウントの新規作成画面

URLの欄は,ここでは「samplestorage001」とします。地域は,東アジアとしておきます。ストレージサービスには,ブロブ(blob)⁠テーブル(table)⁠キュー(queue)の3種類があり,指定した文字列に.blob.core.windows.net,.table.core.windows.net,.queue.core.windows.netを加えたものがそれぞれのURLとなります。

OKボタンを押すと,数分後にストレージアカウントが「作成済み」になり,右側のプロパティに,⁠プライマリー アクセスキー」⁠セカンダリー アクセスキー」⁠ ⁠BlobのURL」などの情報が表示されます。

図3 ストレージアカウントのプロパティ

図3 ストレージアカウントのプロパティ

ストレージにアクセスするには,このアクセス キーが必要です。非表示になっていますが,⁠表示」ボタンを押すと,次のようなダイアログが表示され,アクセスキーを知ることができます。また,右側のボタンでクリップボードにコピーすることもできます。

図4 ストレージアクセスキーの表示

図4 ストレージアクセスキーの表示

著者プロフィール

齋藤公二(さいとうこうじ)

インサイト合同会社

『月刊Computerwold』『CIO Magazine』(IDGジャパン)の記者,編集者などを経て,2011年11月インサイト合同会社設立。エンタープライズITを中心とした記事の執筆,編集のほか,OSSを利用した企業Webサイト,サービスサイトの制作を担当する。

コメント

コメントの記入