週刊 Windows Azure Platform 通信

第1回 Windows Azure SDK 1.5,Windows Azure AppFabric Service Bus,Windows Azure Marketplace

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Windows Azure SDK 1.5 リリース

Windows Azureのソフトウエア開発キット(SDK)の最新版が利用可能になりました。サービス証明書のアップロード機能追加,ASP.NET MVC 3 Webロール作成が可能になるなどの機能強化が行われています。

Windows Azure AppFabric Service Bus正式リリース開始

キュー,トピックからなるメッセージサービス機能がプレビュー版(CTP)から正式リリースとなりました。メッセージング機能の拡張,非同期クラウドアプリケーションサポートの拡張などが行われています。

Windows Azure Marketplace,日本を含む20ヵ国でのサービススタート

現在北米で利用開始となっている,Windows Azure Platform で稼働するアプリケーションやサービス,データなどの購買サイトである Windows Azure Marketplace が2011年10月より20ヵ国で利用可能になります。


まずは,Windows Azure Platformを無料で試すためのアカウントを取得しましょう。

さらに詳しい技術情報はこちらから。

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

コメント

コメントの記入