週刊 Windows Azure Platform 通信

第3回 Windows Azure Architecture Guide,Windows Azure ToolkitがWindows Phone/iOS/Androidに対応

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Windows Azure Architecture Guideリリース

Microsoftのテクノロジーをベースとした エンタープライズ プラットフォームにWindows Azureを適用する場合に,最適化するためのアーキテクチャデザインを行うためのガイド,Windows Azure Architecture Guideがリリースとなりました。こちらのガイドでは,ビジネス要件からエンタープライズアーキテクチャを導き出して最適化を行い,Microsoftのテクノロジーをどのように適用して,論理および物理アーキテクチャを構成するのか,実際にアーキテクチャを設計する際の手順を紹介しています。

すでに日本語でも提供されているWindows Azure Platform関連の設計ガイドとしては,Microsoft patterns & practicesによるWindows Azure Architecture Guideがあります。patterns & practicesはMicrosoft .NETのアプリケーション設計・開発において,実際の開発経験から導き出された,実践的なパターンをまとめた実践的なガイドシリーズで,具体的な実例を挙げて説明し,サンプルコードや HOL(ハンズオン)も合わせて公開されています。

「Microsoft Windows Azure プラットフォームでのクラウドへのアプリケーションの移行」(Part 1) では,オンプレミス(社内設置)のWebアプリケーションをWindows Azure Platform上で展開,⁠Microsoft Windows Azure プラットフォームでのクラウド用アプリケーションの開発」(Part 2) では新規のWebアプリケーションをWindows Azure Platform上に構築,というシナリオに沿って解説されています。

スマートフォン向けWindows Azure Toolkit,Windows Phone,iOS,Androidに対応

スマートフォン用アプリケーションのプラットフォームとしてWindows Azureを利用するためのWindows Azure Toolkitが用意されています。現在Windows Phone,iOS(iPhone & iPad)⁠Android版のToolkitが用意されており,マルチデバイス対応のアプリケーション開発が容易になります。

Windows Azure Toolkit for Windows Phone

Visual Studioで使えるテンプレートやコードライブラリ,サンプルアプリケーションなどが含まれています。

Windows Azure Toolkit for iOS

Objective-C,XCodeで開発されたライブラリやサンプル,またWindows Azure ストレージへアクセスするサービスをパッケージ化した Cloud Ready Packages などが含まれています。

Windiws Azure Toolkit for Android

ストレージ利用や認証用のライブラリ,サンプルアプリケーション,ユニットテストなどが含まれています。


まずは,Windows Azure Platformを無料で試すためのアカウントを取得しましょう。

さらに詳しい技術情報はこちらから。

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

コメント

コメントの記入