週刊 Windows Azure Platform 通信

第5回 稼働中のサービスでin-place updatesが可能に,Windows Azure上で稼働するHadoopベースのBig DataソリューションCTP版が年内にリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Windows Azureで稼働中のサービスに対する“in-place updates”が可能に

Windows Azureのアップデートがアナウンスされ,稼働中のサービスに対してIPアドレス変更もなしでアップデートを行うことが可能になりました。これまでは,VIP SwapによるStaging環境の切り替えや,サービスの再デプロイが必要でしたが,この⁠in-place updates⁠と呼ばれる機能により,稼働中のサービスを直接変更できるようになりました。VMサイズの変更やローカルストレージの増加,デプロイしているロールの追加・削除,エンドポイントの変更が可能になっています。

Windows Azureで稼働するHadoopベースのBig Dataソリューション対応を発表

SQL Server 2011およびWindows Server/Windows Azure上で稼働する,エンタープライズレベルのHadoopベースによるBig Dataソリューションを提供することが発表されました。これにより,クラウドまたはオンプレミス(社内設置)とクラウドのハイブリッド環境でBig Dataソリューションが利用可能になります。Windows Azure上で稼働するCTP(Community Technology Review)版が年内に利用可能になる予定です。

SQL Azure 2011 Q4アップデート

2011年Q4(10~12月)にSQL Azureが機能強化されることが明らかになりました。最大データベースサイズが50Gバイトから150Gバイトに拡大されるほか,SQL Azureの各地域間の同期や,オンプレミスのSQL Serverとの間で同期を可能にするSQL Azure Data Sync,BI機能を提供するSQL Azure ReportingのCTP(Community Technology Preview)版の提供開始,データベースを自在に拡張することが可能になるSQL Azure Federationといった機能が発表されました。

馮富久の眼

今回のニュースからもわかるように,Big Dataの扱いというのが,今のクラウドを活用する上で非常に重要なポイントとなっています。ソーシャルメディアの拡張,スマートフォンのシェア拡大など,ユーザから発信される情報が日々指数関数的に拡大していく中で,それを支えるクラウド側の対応が必要になっているからです。Windows Azure Platformでは,年内にBig Dataを扱えるソリューションのCTP版が出るということなので,楽しみに待ちましょう。

また,1つめのニュースにあるWindows Azure上の稼働中サービスでin-place updatesが行えることは,システム運用の立場からは大変価値のあるニュースと言えます。

(技術評論社,馮富久)

まずは,Windows Azure Platformを無料で試すためのアカウントを取得しましょう。

さらに詳しい技術情報はこちらから。

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

コメント

コメントの記入