週刊 Windows Azure Platform 通信

第22回 StreamInsightがWindows Azure Platformでも利用可能に,Windows 8 Consumer Previewリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

StreamInsightがWindows Azure Platformでも利用可能に,2012年2月版CTP公開

SQL Server 2008 R2からの機能であるStreamInsightは,複数ソースによるイベントストリームをリアルタイムで処理を行う,複合イベント処理(Complex Event Processing)を行います。

StreamInsightをWindows Azure Platform上で利用できるStreamInsight in Windows Azure(Project Codename "Austin")は,TechEd 2011 North America(2011年5月開催)にて発表されています。Private CTPとして限定的な公開となりますが,2012年2月版CTPとして利用可能とアナウンスされました。

Windows 8 Consumer PreviewとWindows Azureの活用

2月29日にWindows 8 Consumer Previewがリリースされましたが,Windows Azureを活用したアプリケーション開発などについても情報が公開されています。

Visual Studioプッシュ通知機能,クラウドストレージ,アクセスコントロールを活用してWindows Metroスタイルのアプリケーションを作成するためのツールキットであるWindows Azure Toolkit for Windows 8 が用意されています(現バージョンはDeveloper Preview 版対応,Consumer Preview版を準備中です)⁠

Windows Azure開発環境としてWindows 8を利用する場合は,Web Platform Installerによる一括インストールではなく,マニュアルでインストールを行う必要がありますが,Windows機能の設定方法なども含めたHow-toマニュアルが公開されています。

馮富久の眼

次世代OSとして注目を集めるWindows 8のConsumuer Preview(CP)がリリースされました。これに伴い,Windows 8 CP上でのWindows Azure開発などの情報がアップデートされています。今後,主流のUIとして期待されるMetroを利用する際,バックエンドのインフラとしてWindows Azureの活用は必須です。今後の正式リリースに向けて,Windows Azure Toolkit for Windows 8に今から触れておくことをお勧めします。

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

コメント

コメントの記入