Windows Azure通信

2012年10月30日号:Windows Azure HDInsight Service,Windows Server用Service Bus 1.0正式リリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

Windows Azure HDInsight Service~HadoopサービスをWindows AzureとWindows Serverで提供(10/24)

米国ニューヨークで10月23~25日(現地時間)に開催されているStrata Conference + Hadoop WorldにてWindows AzureおよびWindows Serverで稼働するApache HadoopをベースとしたBig Dataソリューションが発表されました。これらはエンタープライズレベルでのHadoopの利用を促進することを目的としており,.NETによる開発やExcel,PowerPivot for Excel,Power Viewを用いた分析結果の抽出が可能になります。

Windows Azure HDInsightは,これまでHadoop based service for Windows Azureという名称で招待制プレビューが提供されていました。Windows Azure HDInsightとなっても,まずは招待制プレビューとなりますが,Hadoopのアップデート(HDFSおよびMap/Reduce,Pig,Hive,SqoopのStable版)が含まれ,Visual Studioで.NETによるHadoopジョブを作成するためのSDKが利用可能です。

また,開発者向けにローカル環境で稼働するMicrosoft HDInsight Server for Windows Server(Community Preview 版)が提供されます。

Windows Server 用 Service Bus 1.0 正式リリース(10/24)

Window Azureでメッセージングサービスを提供しているWindows AzureサービスバスがWindows Serverに対応,Service Bus 1.0として正式リリースになりました。

サービスバスにはキュー,およびトピック/サブスクリプションと呼ばれる機能があり,キューはメッセージングのための領域と,選択されたプロトコルおよびAPIからのアクセスを提供します。

また,トピック/サブスクリプションは,複数の同時接続サブスクライバーがパブリッシュされたメッセージストリームの一覧をフィルタ有/無で個別に取得できる,パブリッシュ/サブスクライブ機能を提供します。

Service Bus for Windows ServerおよびWindows Azureサービスバスには互換性があり,オンプレミス,クラウド双方で利用できるアプリケーション開発が容易になります。

馮富久の眼

今回のトピックはWindows Azure HDInsight Serviceです。これまでも,Windows AzureとHadoopの連携については取り組まれてきており,実際に稼働していましたが,このWindows Azure HDInsight Serviceは,純正のソリューションとして用意されているのが特徴です。加えて,Visual Studioや.NETなどの開発環境を活用できる点も,開発者にとっては嬉しいところです。今後の,エンタープライズ分野でのWindows Azureのさらなる普及に期待が持てます。

クラウド連携スキルを高める無料ハンズオントレーニング開催!

クラウド環境でのアプリケーション開発事例が増えつつある現状を踏まえ,開発者向けに Windows Azure をテーマとした無料のハンズオントレーニングを連続開催します。
詳細,ご参加はこちらから↓

画像

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

バックナンバー

Windows Azure通信

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入