Windows Azure通信

2012年12月3日号:Windows Azure Active Directory 対応によるWindows Azure 管理ポータルへのシングルサインオンアクセス,Windows Azure ストレージ クライアントライブラリ 2.0 最新版他

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

Windows Azure Active Directory 対応によるWindows Azure 管理ポータルへのシングルサインオンアクセス(11/28)

Windows Azure管理ポータルのID認証にWindows Azure Active Directoryが統合されました。Windows Azure ADとWindows Server ADの連携により,Windows Server ADで管理されているテナント/IDを用いてシングルサインオンでWindows Azure管理ポータルにアクセスできます。もちろん,Office365のテナント/IDも利用可能です。

Windows Azureを社内アカウントで操作・管理でき,ドメインに参加していないPCや社外からも同じID/パスワードでWindows Azureの管理ポータルにアクセスできるようになります。また,社内アカウント失効などの場合,それに合わせて Windows Azure へのアクセスも出来なくなります。また,Windows Server Active Directory を通して Windows Azure への認証ポリシー(パスワード,認証方法の指定など)を指定可能,パスワード認証以外に スマートカード+暗証番号,RSA SecureID などを利用した認証も可能です。

なお,アクセス方法ですがこれまでと同じURLに加えて,ドメイン名を追加したURLhttps://manage.windowsazure.com/example.comexample.comはドメイン名)を用いて社内からサインイン操作なしでアクセスできます。

Windows Azure WebサイトのWebアプリケーションプロジェクト対応(11/20)

Windows Azure SDK 1.8よりVisual StudioのWebサイトプロジェクト(WSP)をサポートするようになり,Webアプリケーション プロジェクト(WAP)と同じ手順でWindows Azure Webサイトに直接配置できるようになっています。

これまでWSPを配置する場合は,毎回すべてのファイルをWindows Azure側にアップロードする必要がありましたが,Web配置を利用して差分を検出し,変更されたファイルのみをアップデートするようになっています。なお,Visual StudioによるWebサイト発行では,直接サーバへWeb配置を行う他,Web配置用のパッケージ,FTP,ファイルシステム,FPSE による発行をサポートしています。

Windows Azure ストレージ クライアントライブラリ 2.0 最新版~Windows 8,Windows RT,Windows Server 2012 対応(11/12)

Windows Azure SDK v1.8のリリースとともにWindows Azureストレージにアクセスする .NETライブラリであるWindows Azureストレージ クライアントライブラリ 2.0が利用可能になっています。こちらは.NET 4.0ライブラリに加えて,Windows 8,Windows RTおよびWindows Server 2012向けライブラリがCTP(Customer Technology Preview)としてリリースされています。Windows Runtimeのサポートに伴う再設計,ルート名前空間の変更など,大きく変更が行われており,最新版は2.0.1となっています。

今回変更/アップデートされている内容として,名前空間の変更,簡素化(Microsoft.WindowsAzure.StorageClient→Microsoft.WindowsAzure.Storage への変更)⁠ODataLib(ver5.0.2)をベースとした効率的な新しいテーブル実装といったところがとくに大きな変更となり,同期および非同期プログラミングモデルによる実装,.NET Framework 4 Client Profileのサポートなども取り入れられています。

馮富久の眼

3つ目のWindows Azure ストレージ クライアントライブラリ 2.0 最新版に注目します。今回は,名前空間の変更などかなり大きなアップデートとなっており,同期/非同期プログラミングのテーブルサポートが行えたり,.NET4.0の対応,さらに,CTPとしてWindows 8へ対応するなど,今後のWindows ストアアプリ開発のバックエンドでの利用に,より最適になったと言えるでしょう。

クラウド連携スキルを高める無料ハンズオントレーニング開催!

クラウド環境でのアプリケーション開発事例が増えつつある現状を踏まえ,開発者向けに Windows Azure をテーマとした無料のハンズオントレーニングを連続開催します。
詳細,ご参加はこちらから↓

画像

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

バックナンバー

Windows Azure通信

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入