Windows Azure通信

2013年1月22日号:System Center 2012 SP1公開,OSSキーバリュー型データベース「Redis」,Windows Azureに対応

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

System Center 2012 SP1公開,Windows Azure services for Windows Serverリリース(1/15)

ハイブリットクラウドやデバイスを含むITシステムの運用管理プラットフォームであるMicrosoft System Center 2012 SP1が2012年12月にRTMとなり,先行してMSDN/TechNetサブスクライバー向けに公開されていましたが,この度公開がアナウンスされました。併せて,Windows Azure WebサイトのサービスをWindows Server上でホストできるWindows Azure services for Windows Serverのサービスもリリースとなっています。

Windows ServerおよびWindows Azureを軸として,社内環境およびMicrosoftや他社のデータセンターにわたって継続性のあるプラットフォームを提供するという⁠Cloud OS⁠と呼ばれるビジョンの元,System Centerはハイブリットクラウド環境における管理の自動化などを含めて効率化・軽減できます。

OSSのキーバリュー型データベース「Redis」がWindows Azureに対応(1/15)

オープンソースで提供されている,インメモリのキーバリュー型(KVS:Key Value Store)データベースであるRedisがWindows Azureで利用できるようになりました。

こちらは,2012年4月に公開されたRedis on WindowsがアップデートされてRedis 2.4.11版・64bit対応となり,Windows Azureクラウドサービスにデプロイして利用できるようになっています。

Microsoft Open Technologyによって提供されるGitHubのレポジトリから利用でき,また,コマンドラインツールからWindows AzureにRedisをデプロイできるWindows Azureインストーラも用意されています。

今後,Microsoft Open TechnologyではRedis on Windowsのリリースに向けて,さらなるストレステストおよび最新バージョンであるRedis 2.6版の開発が予定されています。

馮富久の眼

今回の注目はSystem Center 2012 SP1です。クラウドの利便性が浸透する中,すべてをクラウドにという考え方から,適材適所でのクラウド利用,複数システムの混在および管理が重要視されるフェーズになってきました。System Center 2012 SP1は,そういったニーズに向けて,システム管理の自動化および継続的な運用をサポートできるものとなります。

また,2つ目のRedisのWindows Azure対応は,開発者の選択肢が増えるといった面で注目を集めそうです。

クラウド連携スキルを高める無料ハンズオントレーニング開催!

クラウド環境でのアプリケーション開発事例が増えつつある現状を踏まえ,開発者向けに Windows Azure をテーマとした無料のハンズオントレーニングを連続開催します。
詳細,ご参加はこちらから↓

画像

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

バックナンバー

Windows Azure通信

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入