Windows Azure通信

2013年3月6日号:Windows Azure モバイルサービスがAndroidに対応

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Windows Azure モバイルサービスが Android に対応(3/4)

Windows Azureでスマートフォン/マルチデバイス向けアプリを容易に作成できるWindows Azure モバイルサービスがAndroidに対応しました。

Windows Azureモバイルサービスは,Windows Azure上でスマートフォン/マルチデバイス向けアプリケーションをホストできるプラットフォームであり,Windows Azure SQLデータベースへデータを保存,更新するといった一連の操作があらかじめ設定されたアプリケーションテンプレートを使って アプリケーション開発の期間を短縮できます。Windows ストア(Windows 8向け)⁠Windows Phone 8,iOS(iPhone)には対応済みとなっており,AndroidではEclipseのスタートプロジェクトとして用意されています。

Android 4.2以上に対応,他のデバイス向けアプリと同様に,ユーザ認証やプッシュ通知を数行で追加できます。ユーザ認証では 他のデバイス向けと同様にMicrosoftアカウント,Facebook/Twitter/Googleログインが利用できます。また,プッシュ通知はGoogle Cloud Messaging(GCM)サービスを利用します。

お詫びとお知らせ

先日2月23日(日本時間)に発生いたしましたWindows Azureストレージのサービス中断(SSL証明書の期限切れによるHTTPSアクセス中断)におきまして,ご利用中のお客様には大変ご迷惑をおかけいたしました。Windows Azure公式ブログ原文/日本語訳にて今回のサービス中断の発生および原因についての詳細レポートが掲載されております。

サービス中断中に,Windows Azureストレージ/モバイルサービス/サービスバス/メディアサービス/Web サイトをご利用いただいていたお客様に対して,影響を受けた請求期間におけるご利用料金の25%のサービスクレジットを発行しております。ご不明な点は,Windows Azureサポートまでお問い合わせください。

馮富久の眼

今週は,Android開発者向けに嬉しいリリースが行われています。モバイルアプリケーションのインフラとしてWindows Azureを採用する際,これまでのWindows 8,iOSに続いて,Androidが対応するようになりました。これにより,アプリ開発から運用環境まで,一貫してWindows Azureおよび関連技術を利用できます。

また,先日発生したWindows Azureストレージサービスの中段に関して,サービスクレジットの発行が行われているとのことなので,サービス中断による影響を受けたユーザのうち,ご不明な点がある方は上記連絡先に問い合わせてみると良いでしょう。

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

バックナンバー

Windows Azure通信

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入