オープンソースソフトウェア「Bacula」で安心・安全なバックアップシステムを構築しよう

第1回 バックアップシステムの必要性と基本

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

はじめに

本連載では,オープンソースのバックアップソフトウェア(以下,バックアップソフト)⁠Bacula(バキュラ)を使ってバックアップシステムの構築方法を紹介していきます。BaculaはLiunxの他,Solaris,FreeBSD,NetBSD,Windows,MacOS,HP-UXなど複数のOSに対応し,同時に多数のサーバおよびPCの管理をすることができ,エンタープライズレベルでの使用が可能なソフトウェアです。

メイン開発はスイスで行われ,240万件以上ダウンロードされています。ドイツ,フランス,スペインなどのEU圏のほか,ロシアやブラジルでも非常に人気があります。しかし数少ない日本語情報だけでは設定に手間どるという声もあります。

しかし,Baculaの導入および運用はITエンジニアにとって容易であり,それによって安定したバックアップを行うことができます。本連載を通じて,Baculaの使いやすさを紹介していきます。

本当にバックアップは必要なのか

バックアップは後回しになりがちな作業です。ディスクがRAID(Redundant Arrays of Independent Disks)構成やHA(High Availabirity)クラスタ構成だったり,データベースを冗長化していたりすると,バックアップまでしなくてもよいのではないかと考えてしまいがちです。

他にも,クラウドサービスでサーバを運用している場合,クラウド業者が様々な対策をしているからわざわざバックアップまでしない,なんてケースもあるかもしれません。

そもそもバックアップの必要性はあるのでしょうか?

ディスク障害が発生してもRAID構成なら対応できますし,HA構成ならサーバがハングアップしてデータベースが停止した時も,待機系で稼動させればデータを失うことなくサービスを継続できます。

クラウドサービスは高い可用性(99%以上など)を保証しており,今更バックアップは必要ないと考えてしまいそうです。

では,バックアップが必要な場合とは,一体どのようなケースなのでしょうか?

ケース1 「オペミス」対策

悲しいことに,間違って自ら大事なファイルを消してしまう事があります。

ファイル名を勘違いしたり,ヒストリーを手繰っていて押し間違えたり,理由は様々です。

オペミスではRAIDや冗長化構成でも対応できません。自分でデータを削除しているのですから,ミラーリング先も一緒に消えてしまいます。

オペミス防止のために処理を自動化している場合でも,間違いは起こります。バッチ処理のスクリプトが間違っていたために,多数のサーバのデータをミラーごと消し去ってしまい復旧不可能になったという事例もあります。

オペレーションのミスは少なからず発生するもの。ですから,バックアップは重要なのです。

ケース2 「ランサムウェア」対策

最近はデータを勝手に暗号化・読み取り不能にして,復元するために金銭を要求する「ランサムウェア」が増えています。

ウイルス対策ソフトを導入していても,完全に感染を防ぐことはできません。 オペミスと同様に,RAIDでもクラウドホストでも対処できません。犯罪者にお金を振り込む羽目になるかもしれません。

しかし,たとえランサムウェアによってデータが読み込み不能になっても,バックアップがあれば復旧することができます。

セキュリティ対策の観点でもバックアップが重要です。

サーババックアップの基本

サーバのバックアップはPCのバックアップと異なる点があります。それはバックアップにレベルがあるということです。簡単にポイントを押さえておきましょう。

バックアップの種類

フルバックアップ

言葉通り,バックアップ対象のデータをすべてバックアップします。初回のバックアップは自動的にフルバックアップということになります。

しかし毎回フルバックアップを行っていると,ストレージ容量や,処理能力への負荷がかかります。ネットワーク越しであれば帯域幅への影響もあります。そのため通常,フルバックアップは週〜月に1回程度で運用することが多いでしょう。フルバックアップ以外の日は以下の増分バックアップまたは差分バックアップを行うことになります。

図1 フルバックアップのイメージ

図1 フルバックアップのイメージ

増分バックアップ

増分バックアップは,前回のバックアップ(フルバックアップまたは増分バックアップ)の時点からの変更点だけをバックアップします。

ただし,リストア時にはフルバックアップファイルと,フルバックアップ以降から復帰したい時点までのすべての増分バックアップファイルが必要になります。

図2 増分バックアップのイメージ

図2 増分バックアップのイメージ

差分バックアップ

差分バックアップは,常に前回のフルバックアップ時からの変更点をバックアップします。リストア時には,フルバックアップと,1つの差分バックアップファイルで復元することができます。

図3 差分バックアップのイメージ

図3 差分バックアップのイメージ

著者プロフィール

小町哲也(こまちてつや)

株式会社サードウェア

HA製品と有償版Baculaの問い合わせ対応やドキュメント翻訳などを行っている。

コメント

コメントの記入