オープンソースソフトウェア「Bacula」で安心・安全なバックアップシステムを構築しよう

第3回 GUIツールBaculumを使ってバックアップを簡単にする

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

第2回では,Baculaの基本的な概要とインストール手順,バックアップ,リストア手順を解説しました。

バックアップ,リストアはbconsoleと呼ばれるCUI(Command Line Interface)ツールを使いましたが,BaculaにはBaculumというWebベースのGUI運用管理ツールがあります。日々のバックアップ取得が正常にできているか,管理サーバのディスクがどの程度使われているか,等を視覚的に確認することができます。またバックアップ,リストアの即時実行もできます。

Baculumには以下のようなDashboardがあり,Dashboardから各操作を行います。

画像

今回の連載では以下を実施します。

  • Baculumのインストール
  • Baculumでバックアップ取得
  • Baculumでリストア

Baculumは第2回の全体図で解説しましたが,管理サーバにインストールします。Baculumの操作は同じネットワークに接続されたPCからブラウザを使って操作します。

Baculumを使って管理サーバのデータをバックアップし,管理サーバにリストアします。

画像

Baculumのインストール

Baculumをインストールしていきましょう。Baculumは管理サーバにインストールします。

以下の環境のサーバにBaculumをインストールします。

LinuxマシンCentOS 7.2
IPアドレス192.168.2.1
BaculaパッケージBacula 7.4.4
BaculumパッケージBaculum 7.4.0

事前準備

Baculaは以下のポートで通信を行います。 Firewallなど通信をブロックするものは設定を変更しておいてください。

ポート番号利用目的
9101(TCP)bacula-dirデーモン通信用
9102(TCP)Bacula-fdデーモン通信用
9103(TCP)Bacula-fdデーモン通信用
9095(TCP)Baculum通信用

CentOS7で使用するポートを解放するコマンドは以下になります。

# firewall-cmd --permanent --add-service=bacula
success
# firewall-cmd --permanent --add-port=9095/tcp
success
# firewall-cmd --reload
success

リポジトリ追加

まずBaculum用のリポジトリを追加します。

viエディタなどで以下の様にbaculum.repoファイルを作成し/etc/yum.repos.d配下に配置します。

# cd /etc/yum.repos.d
# vi baculum.repo
[baculumrepo]
name=Baculum CentOS repository
baseurl=http://bacula.org/downloads/baculum/centos
gpgcheck=1
enabled=1

リポジトリ追加後に以下のコマンドでBaculumをインストールするための公開鍵を登録します。

# rpm --import http://bacula.org/downloads/baculum/baculum.pub

パッケージインストール

次にBaculumのパッケージをインストールします。

# yum -y install baculum baculum-httpd

インストールが完了したらhttpdを起動します。

# systemctl start httpd

httpdを起動したら自動起動の設定も合わせて設定します。

# systemctl enable httpd

最後にhttpdが起動していることを確認します。

# systemctl status httpd
● httpd.service - The Apache HTTP Server
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/httpd.service; enabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since 火 2017-01-17 10:38:49 JST; 18s ago
     Docs: man:httpd(8)
           man:apachectl(8)
 Main PID: 2356 (httpd)

テストファイル作成

後でリストアをする時のためにテストファイルを作成します。aaaファイルにviエディタ等で任意の文字列を記載してください。

# vi /usr/sbin/aaa

著者プロフィール

澤田健(さわだけん)

Bacula日本ユーザ会であるBacula.jpメンバー

サーバ構築,運用,保守業務を担当。

Linux,オープンソース関連に興味があり情報公開もしている。

URL:http://ksawada.hatenablog.com/

Twitter:@ksawada1979

コメント

コメントの記入