BSD界隈四方山話

第21回 *BSDの情報はどこから得ればよい?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

世界中のFreeBSDユーザはどうやってFreeBSDの情報を得ているのでしょうか。ソースはいろいろありますが,特に有益な情報を得やすいメディアを紹介したいと思います。

FreeBSD Handbook

FreeBSDに関する最も良質でまとまったドキュメントはFreeBSD Handbook(FreeBSDハンドブック)だと思います。使用するオペレーティングシステムをLinuxからFreeBSDに変更したユーザやエンジニアからよく聞かれる理由の一つがFreeBSD Handbookの存在だからです。実際,このドキュメントは全方位に渡ってよくまとまっていると思います。ドキュメントチームのクオリティの高さがうかがえます。

図1 FreeBSD Handbook

図1 FreeBSD Handbook

図2 FreeBSD Handbook邦訳

図2 FreeBSD Handbook邦訳

FreeBSD HandbookにはFreeBSDを使用するための情報が一通りまとまっています。ドキュメントの品質は高く,常に最新のリリース状況に合うようにアップデートされています。英語以外に複数の言語版が存在し,日本語版はアップデートが速く品質も高いドキュメントです。英語が苦手な方にとってはとても貴重な情報源だといえます。

FreeBSD Forum

もっとインタラクティブな情報源として有益なのがFreeBSD Forumです。英語ができるのであればこの媒体を使わない手はないでしょう。何か問題が発生したとか,解決したいことができたのでればここで質問を投げましょう。得たい答えは結構すぐに返ってくると思います。メーリングリストよりもカジュアルで質問しやすい雰囲気を感じます。

図3 FreeBSD Forum

図3 FreeBSD Forum

FreeBSD Forumはインタラクティブなメディアとしてもそうですが,問題解決のアーカイブとしても利用できます。なにか問題があればFreeBSD Forumですでに同じ問題が出ていないか調べるのも,なかなかよい方法です。

BSD MAGAZINE

世界中の*BSDユーザやデベロッパを対象とした最初の雑誌がBSD MAGAZINEです(BSD magazineというムックがアスキーから出版されていましたが,これとは別の雑誌です。BSD magazineは休刊しています)⁠当初は紙媒体で出版されていましたが,現在では無償の雑誌として電子版が毎月出版されています。

図4 BSD MAGAZINE

図4 BSD MAGAZINE

FreeBSDの情報が多めではありますが,FreeBSDに限らず*BSDの情報を扱った雑誌です。現在ではPDFやePubのデータを取得できますので,毎月チェックしてはいかがでしょう。

コメント

コメントの記入