BSD界隈四方山話

第56回 FreeBSDをMicrosoft Azureにデプロイする方法

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Microsoft loves FreeBSD

FreeBSDが利用できるクラウドサービスはいくつかありますが,中でもとくに後発で整理されており,FreeBSDを正式サポートし,今後もサービスの拡張やパフォーマンスの向上が期待できるサービスにMicrosoft Azureがあります。MicrosoftはFreeBSDをAzureにおける正式なゲストとしてサポートしているほか,MicrosoftのエンジニアがFreeBSD committerに就任するなどAzureにおけるFreeBSDのサポート向上の取り組みに積極的に取り組んでいます。

Microsoftはオペレーティングシステムのベンダからプラットフォームのベンダへサービスの主軸を移しつつあります。そうした中,FreeBSDは需要の高いゲストオペレーティングシステムとしてMicrosoftが積極的にサポートする理由があります。とくにHyper-VでFreeBSDをサポートするために各社およびFreeBSD Foundation/FreeBSD Projectが協力関係を持つようになってから,MicrosoftとFreeBSDコミュニティは良好な関係を築いています。

大手のクラウドサービスとしてはMicrosoft AzureがFreeBSDを正式サポートする,最も大きなベンダサービスということになります。Amazon EC2でも利用できますがインスタンスはFreeBSDプロジェクト側が提供しています。FreeBSDの仮想環境はMicrosoftが正式にサポートし提供しているものです。商用で利用するケースでこうした正式サポートは採用における強い理由になります。Microsoftは今後のFreeBSDリリースでさらにパフォーマンス向上と提供する統合サービスの追加を予定しており,今後AzureにおけるFreeBSDサポートは向上するとされています。

FreeBSD on Microsoft Azure デプロイ方法

2016年6月8日(カナダ時間)にオタワで開催されたFreeBSD DevSummitにおいて,MicrosoftからFreeBSD on Azureの取り組みについて発表があったほか,その場でFreeBSD仮想環境をAzureにデプロイするデモンストレーションが行われました。数分の作業でAzureにFreeBSDのデプロイが完了します。Microsoft AzureでFreeBSDをデプロイすることを知らない方も多いと思いますので,今回はその作業方法を一通り説明します。

まずMicrosoft Azureのページに移動します。

 Microsoft Azureのページを表示して「無料で試す」をクリック

図 Microsoft Azureのページを表示して「無料で試す」をクリック

最初から有償でよいならそのままログインして利用を開始してください。とりあえず無料サブスクリプションで使い続けてみたいという場合には「無料で試す」をクリックします。次のページで「今すぐ開始」をクリックします。

 執筆現在だと20,500円分のクレジット相当の無料サブスクリプションを利用可能。⁠今すぐ開始」をクリック

図 執筆現在だと20,500円分のクレジット相当の無料サブスクリプションを利用可能。「今すぐ開始」をクリック

執筆現在(2016年6月15日)では,無料サブスクリプションで次のサービスまでが利用できます。

  • 1月に最大で14台までの仮想マシン,40個までのSQLデータベース,8TBまでのストレージをプロビジョニング可能
  • 各種APIを利用したアプリを開発可能
  • 機械学習やストリーム解析,Hadoopなどを使ったビッグデータ解析を実施可能
  • 監視機能および異常検出機能を使ってリアルタイムIoTアプリを開発可能

Microsoftアカウントでログインします。HotmailはMSメッセンジャーなど関連するアカウントを持っているなら,それがMicrosoftアカウントとして使えるようになっていると思います。

 Microsoftアカウントでログイン。必要に応じて個人情報を追加設定

図 Microsoftアカウントでログイン。必要に応じて個人情報を追加設定

ログイン後は必要があれば追加で個人情報を設定するページが表示されます。必要なデータを入力すると利用開始に向けた作業が行われます。

 無料サブスクリプションでログインした状態

図 無料サブスクリプションでログインした状態

Microsoft側の準備が完了したら「サービスの管理を開始する」が表示されるのでこれをクリックします。

 無料サブスクリプションモデル使用準備完了

図 無料サブスクリプションモデル使用準備完了

Microsoft Azureのダッシュボードが表示されます。

 Microsoft Azureダッシュボードの最初の画面

図 Microsoft Azureダッシュボードの最初の画面

「+新規」をクリックしてFreeBSDの仮想環境を検索します。Microsoftの提供しているFreeBSD仮想マシンが見つかると思います。

 新規追加でFreeBSDの仮想マシンを選択。執筆段階ではFreeBSD 10.3-RELEASEを選択可能

図 新規追加でFreeBSDの仮想マシンを選択。執筆段階ではFreeBSD 10.3-RELEASEを選択可能

コメント

コメントの記入