BSD界隈四方山話

第59回 今年のケンブリッジBSDCamはお得かも

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

英国ケンブリッジでFreeBSD開発者会議「BSDCam」

毎年開催されるFreeBSD開発者会議の1つに,英国のケンブリッジで開催される「BSDCam」があります。カナダのBSDCanと綴りが似ているので紛らわしいですけども,BSDCanはカナダで開催される*BSDカンファレンス,⁠BSDCam」は英国ケンブリッジで開催されるFreeBSD開発者会議です。

 2016年8月ケンブリッジ BSDCam

図 2016年8月ケンブリッジ BSDCam

今年も開催が予定されていますし,すでに開発者が参加の声を上げています。開発者会議は基本的に開発者の参加なのでそれ以外のユーザやベンダの方が参加するには招待が必要になりますので,参加を希望する場合にはFreeBSDコミッタか,または後藤までご連絡ください。

BSDCamもなかなか興味深いやりとりが行われますのでFreeBSDで仕事をしているとか研究をしているなら参加して情報収集や情報交換をおこなっていただきたいところなのですが,ほかの国で開催されるカンファレンスと比較するといくつか難しいところがあります。

 東京からケンブリッジまで

図 東京からケンブリッジまで

まず,遠いです。今からだと直行便は取れないでしょうから,1ストップか2ストップの便を取ることになると思いますが,ANAやJAL,それに類するチケットだと28万〜30万円くらいします。さらにヒースロー空港からケンブリッジに移動するのに,長距離バスか電車を乗り継ぐ必要があるので,海外慣れしていないときついように思います。

そして物価が結構高いです。この食事やこの物品でこの値段かぁ,と思うと凹むと思います。しかしながら,幸か不幸か,今年はちょっとばかり状況が楽になるかもしれません。

今年は物価が(結構)ましかも

英国で実施された国民投票の結果,英国が欧州連合から脱退することがかなり固い路線になりました。この結果を受けて国内外の為替と株価が変動しまくって大きな騒ぎになったことは記憶に新しいわけですが,その結果イギリスポンド安になっています。このままだとBSDCamが開催される時期も同じようなポンド安の状態になるのではないかと思います。

 英国ポンド:日本円 為替チャート(3ヶ月)

図 英国ポンド:日本円 為替チャート(3ヶ月)

 英国ポンド:日本円 為替チャート(1年)

図 英国ポンド:日本円 為替チャート(1年)

 英国ポンド:日本円 為替チャート(5年)

図 英国ポンド:日本円 為替チャート(5年)

 英国ポンド:日本円 為替チャート(10年)

図 英国ポンド:日本円 為替チャート(10年)

昨年の同じ時期がだいたい1ポンド200円くらいだったことを考えると,今は130円くらいになっているのでかなり安くなっています。それでも日本の物価から見るとまだ高い感じがしますが,過去10年を見てももっともポンド安だったころに近づいていますので,このままの為替で行けばここ3~4年で最も参加しやすいBSDCamということになりそうです。

航空券も会社を選ばなければANAやJALの2分の1から3分の1ほどの価格で買えますので,宿代がカナダのレジデンスと比べると割高になってしまうものの,それでもトータルでBSDCanと近いところまでは価格を抑えることもできると思います。

BSDCamに集まる開発者はBSDCanやAsiaBSDConに集まる開発者とはまた層が違っていますので,もし可能であればこの機会に参加を検討してみてはいかがでしょうか。BSDCanと違ってBSDCamはそれなりに観光場所としても楽しめるところだとは思いますので,旅行もかねて参加を検討するのもありではないかと思います。一度は訪れておいてよいと思います。

FreeBSD勉強会 告知

第54回 7月14日(木) 19:00~ ZFSアドバンスベーシックス

ストレージシステムや仮想化システムのファイルシステムとしてデファクトスタンダードになりつつあるZFS。FreeBSDでネイティブに動作するファイルシステムで,FreeBSDをストレージシステムや仮想化システムのオペレーティングシステムとして採用する強い動機になっています。

今回は前回より先に進んで,よりアドバーンスな機能や使い方を紹介します。第53回に参加していなくても大丈夫です。ZFSに興味がある方はぜひご参加ください。

参加申請はこちらから。

第55回 8月24日(水) 19:00~

内容は調整中です。確定次第お知らせします。

参加申請はこちらから。

※現在,2016年9月以降の勉強会の会場を探しています。ご提供いただける場合にはぜひご連絡ください。よろしくお願いいたします。

コメント

コメントの記入