ソロソロ来るゾ! Google Cloud Platform!

第4回 RDBMSサービスのCloud SQL

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Cloud SQL

Google Cloud Platformの中で,RDBMSをPaaSとして提供しているのがCloud SQLです。今のところMySQL 5.5,5.6(プレビュー)を利用できます。

作成はWeb管理画面のDevelopers Consoleから実行でき,デフォルトの起動画面はインスタンス名,地域,階層(英語だとTier。スペックだと思って良いです)を指定するだけです。

図1 ⁠詳細設定を表示...」画面

図1 「詳細設定を表示...」画面

これだけで,以下の環境が利用可能になります。

  • 自動で複数ゾーンに複製
  • 自動でデータを暗号化
  • 自動でフェイルオーバー
  • エンドポイント(利用時のアクセス先)はFQDNではなくIPアドレス
    • ただしデフォルトはIPv6(IPv4も付与可能)
  • 自動バックアップ,Point In Time Recovery(MySQL 5.5のみ)⁠
    • 費用内で7世代(データに変更があった場合のみ)

エンドポイントがFQDNではなくIPアドレスだというのはとても嬉しいですね。

まだベータ版ですがRead Replicaも利用できます。なお今のところRead Replicaが利用できるのはMySQL5.5のみです。

多彩なオプションを設定可能

Cloud SQLでは多彩なオプションを設定可能です。

Developers Consoleでインスタンス作成時に詳細設定を開くと,以下のような設定が可能です。バックアップはチェック1つで設定できますし,バイナリログを有効にすることでレプリケーションができるようになります。

特徴的なのがアクティベーションポリシーです。おそらくGoogle App Engineの影響を強く受けているのだと思いますが,インスタンスを常に起動しておくのではなく,接続があったときに起動するオプションがあります。

  • 常にオン(インスタンスへの接続を気にせず常にオン)
  • 常にオフ(インスタンスへの接続を気にせず常にオフ)
  • オンデマンド

この内オンデマンドを選択すると,インスタンスへの接続があると自動的にオンになり,アクティブでない状態が数分続くと自動的にシャットダウンされるようになります。

Google App Engineとの親和性は,インスタンスの設置場所をCompute Engineゾーン,App Engineアプリケーション準拠から選択できる点にも表れています。

図2 Cloud SQLでは多彩なオプションを設定可能

図2 Cloud SQLでは多彩なオプションを設定可能

インスタンス作成時にMySQLのパラメータを指定することができます。

図3 インスタンス作成時にMySQLのパラメータを指定することができる

図3 インスタンス作成時にMySQLのパラメータを指定することができる

かなり生のMySQLに近い感覚で利用できるので,今までMySQLを自前で運用してきた方はとっつきやすいと思います。

著者プロフィール

馬場俊彰(ばばとしあき)

株式会社ハートビーツ 技術統括責任者。

電気通信大学の学生時代に運用管理から業界入り。MSPベンチャーの立ち上げを手伝った後に,中堅SIerにて大手カード会社向けJavaプログラマーを経て現職。現在インフラエンジニアとして活動中。インフラエンジニア勉強会hbstudy主催。最近の興味は写真とPythonプログラミングとクラウドの活用。大好物はカレー。静岡県の清水出身。

URLhttp://heartbeats.jp/
Twitter@netmarkjp

コメント

コメントの記入