ソロソロ来るゾ! Google Cloud Platform!

第4回 RDBMSサービスのCloud SQL

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

スペックと料金体系

料金体系はパッケージ,従量制の2種類があります。パッケージはスペックごと日額の料金体系,従量制はリソース利用量に応じた料金体系です。

またパッケージ,従量制いずれの場合も,別途以下の費用がかかります。

  • ディスク1GB1ヵ月あたり$0.24
    • ※ディスクサイズに関わらず利用量に対して課金
  • 100万IOリクエストあたり$0.10
  • Google Cloud Platform外との通信はOUTBOUND 1GBあたり$0.12
  • IPv4アドレスは,使っていない期間1時間あたり$0.01

なお最大ディスクサイズまで上げるためにはメールで上限解除の依頼が必要です。

またCPUは⁠Each instance tier comes with the RAM shown above, along with an appropriate amount of CPU.⁠とのことで非公開のようです。

パッケージ(Package Billing Plan)の場合の料金体系は以下のとおりです。

Tier メモリ 費用内ディスク利用量 最大ディスクサイズ 1日あたりの費用内IO 日額 最大同時接続数
D0 0.125GB 0.5GB 500GB 0.20M $0.36 250
D1 0.5GB 1.0GB 500GB 0.85M $1.46 250
D2 1GB 2.0GB 500GB 1.70M $2.93 250
D4 2GB 5.0GB 500GB 4.00M $4.40 500
D8 4GB 10.0GB 500GB 8.00M $8.78 1000
D16 8GB 10.0GB 500GB 16.00M $17.57 2000
D32 16GB 10.0GB 500GB 32.00M $35.13 4000

従量制(Per Use Bililng Plan)の場合の料金体系は以下のとおりです。

Tier 1時間あたりの価格
D0 $0.025
D1 $0.100
D2 $0.190
D4 $0.290
D8 $0.580
D16 $1.160
D32 $2.310

常時稼働し,ある程度の処理をし続ける場合にはパッケージを,たまにちょっと使えれば良いだけであれば従量制を使うのが良いでしょう。ご自身の用途に合ったプランを選択してください。

料金はWebで試算できます。

メンテナンス

Cloud SQLではGoogleが自動的にマイナーバージョンアップを適用します。メンテナンスのためにMySQL再起動することがあるのですが断は数秒とのことです。

この「数秒」という文言はいたるところに登場します。

稼働中のインスタンスに障害が発生しfailoverする際もインスタンスは数秒で起動します(ただしInnoDBのクラッシュリカバリが走った場合はそのぶん追加で時間がかかります)⁠またスペックの変更も数秒の断で適用可能です。

Cloud SQLの制約

Cloud SQLは便利な反面,GCEのインスタンスにMySQLを稼働させるのと比較して以下の制約があります。

  • UDF(User Defined Functions)利用不可
  • 以下の命令は非対応
    • LOAD DATA INFILE
      • ただしLOAD DATA LOCAL INFILEは利用可能
    • SELECT ... INTO OUTFILE/DUMPFILE
    • INSTALL/UNINSTALL PLUGIN ...
    • CREATE FUNCTION ...
    • LOAD_FILE()
  • SUPER権限利用不可
  • mysqlimport--localオプションが使えない
  • mysqldump--tabオプションが使えない
  • Performance schemaが使えない
  • InnoDB memcached pluginが使えない

クラウド全般,特にPaaSについて強く言えることですが,サービスの特性に合わせて制約の中でうまく使いましょう。

次回は

次回は引き続きデータベース系のサービスを紹介します。独自のKVSであるCloud Datastoreと,KVSともストレージとも言えるオブジェクトストレージのCloud Storageを紹介する予定です。

著者プロフィール

馬場俊彰(ばばとしあき)

株式会社ハートビーツ 技術統括責任者。

電気通信大学の学生時代に運用管理から業界入り。MSPベンチャーの立ち上げを手伝った後に,中堅SIerにて大手カード会社向けJavaプログラマーを経て現職。現在インフラエンジニアとして活動中。インフラエンジニア勉強会hbstudy主催。最近の興味は写真とPythonプログラミングとクラウドの活用。大好物はカレー。静岡県の清水出身。

URLhttp://heartbeats.jp/
Twitter@netmarkjp