OpenStack Days Tokyo:ミラクル・リナックスが考えるクラウド管理の決め手

第2回 運用フェーズに入ったOpenStack─「OpenStack Days Tokyo 2015」セッションから

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2月3日および4日,OpenStack専門カンファレンス「OpenStack Days Tokyo 2015」が開催されました。OpenStackへの注目の高まりを受けて規模を拡大してきた本イベント。今年は10月に本家の国際カンファレンス「OpenStack Summit」の東京開催を控え,その前哨戦という意味でも大いに盛り上がりました。ここでは,4日に行われたミラクル・リナックスのセッション「使ってわかった!現場担当者が語るOpenStack運用管理の課題」の様子を中心にレポートします。

会場受付を待つ来場者

会場受付を待つ来場者

のべ3000名以上が来場!

第3回目となる今回の「OpenStack Days」は,会場をグランドプリンスホテル高輪に移して2日間の日程で開催されました。入場者数はのべ3000名を超え,OpenStackへの注目の高まりを肌で感じるカンファレンスとなりました。1日目のキーノートセッションには,OpenStackファウンデーションのCOOであるMark Collier氏が登壇,「OpenStack Mission Update」として講演を行いました。

OpenStackファウンデーション COO Mark Collier氏

OpenStackファウンデーション COO Mark Collier氏

OpenStackは,オープンソースのネットワークOSとして最も活発に活動しており,多くのメジャーなベンダが参加しているとCollier氏は強調しました。2010年のラウンチから5年でデベロッパーの数が100倍に,サミットの参加者は5000名に拡大したといいます。すでに大手企業での導入事例も豊富にあり,参加する開発者も増加していますが,多くの取り組みがあるとして参加を呼びかけました。

また,10月26日から30日にかけて開催される国際カンファレンス「OpenStack Summit Tokyo」も紹介し,日本で初めてのカンファレンスに大きな期待を寄せており,非常に楽しみにしていると述べました。なお,OpenStack Summit Tokyoも今回と同じグランドプリンスホテル高輪で開催される予定です。

今年日本で開催されるもうひとつのOpenStackイベント「OpenStack Summit Tokyo」が告知された

今年日本で開催されるもうひとつのOpenStackイベント「OpenStack Summit Tokyo」が告知された

OpenStack環境の運用上の課題とは

OpenStackのゴールのひとつに,数千台から数万台規模での物理サーバの管理を自動化があります。最近では1万台という事例も聞こえてくるようになりましたが,同時に問題点も指摘されています。その問題に取り組んでいるのがミラクル・リナックスです。2日目には,ミラクル・リナックスのエンジニアである佐藤剛春氏によるセッション「使ってわかった!現場担当者が語るOpenStack運用管理の課題」が行われました。

ミラクル・リナックス 佐藤剛春氏

ミラクル・リナックス 佐藤剛春氏

セッションには,佐藤氏と並んで日本仮想化技術の玉置伸行氏も登壇しました。日本仮想化技術は仮想化技術に特化した技術者集団であり,日本におけるOpenStack導入支援・コンサルティングの先行企業でもあります。OpenStackにおいては,ベアメタルサーバを管理するためのベアメタルプロビジョニング技術を開発し,オープンソース化し,OpenStackのGrizzly版にマージした実績があります。大規模なクラウド環境の構築や運用の経験やノウハウがあります。日本仮想化技術とミラクル・リナックスが両社の強みを生かし,協力してOpenStack環境の運用上の課題の解決にあたっていると玉置氏は説明しました。

日本仮想化技術 玉置伸行氏

日本仮想化技術 玉置伸行氏

佐藤氏はOpenStack環境の運用上の課題として,「管理対象のサーバ数が莫大であること」「スケールアウトすることを前提にシステムが作られていること」「運用の効率化が求められていること」「障害検知の方法が多様であること」の4点を挙げました。そして,これらの課題に対して「Zabbixを活用した監視システム」「Hatoholによる統合監視システム」で解決するとしました。

画像

OpenStack環境の特徴は,まず仮想ホストとして多数の物理マシンがあることです。多数あるということは,故障ポイントも多いということになります。また仮想ゲストとして非常に多数のインスタンスが立ち上がります。これは物理マシンの数倍から数十倍にもなります。そして,物理マシンの故障や増強,利用者の増減によって,物理マシンもインスタンスも増減します。このように変化の激しいOpenStack環境では,さまざまな事象に対して運用の効率化が求められるとしました。

運用を効率化するためには,監視アプローチの変更が必要であると佐藤氏はいいます。具体的には,アプリケーションの冗長化を前提として,障害発生ホストを即座に切り離すといった「サービス継続を優先」,特に行動の契機となる障害を検知する「監視は障害検知に重点を置く」「障害検知後の自動化も考慮する」を挙げました。もちろん,構築費用や運用費用も重要な要素になります。

※)
ミラクル・リナックスは,オープンソース版統合監視ソフトウェア「Zabbix」をベースに,不具合修正や機能拡張を加えた統合システム監視ソフトウェア「MIRACLE ZBX」を提供しています。MIRACLE ZBXは,ミラクル・リナックスが独自でパッケージを作成しサポート提供しているものであり,Zabbixの開発元であるZabbix SIA社が推奨もしくはサポート提供やスポンサーしているものではありません。

バックナンバー

OpenStack Days Tokyo:ミラクル・リナックスが考えるクラウド管理の決め手

コメント

コメントの記入