ニッポンのIaaSを牽引するIDCフロンティア

#3 Yahoo! JAPANとIDCフロンティアがタッグを組んで提供する「Yahoo!クラウド ストレージ」とは?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Yahoo! JAPANとIDCフロンティアは,新たなクラウド型のストレージサービスとして「Yahoo!クラウド ストレージ」を発表しました。このサービスの内容や特長について,Yahoo! JAPAN,そしてIDCフロンティアの担当者にお話を伺いました。

Yahoo! JAPANのインフラ上でサービスを提供

ここ最近,クラウド型のストレージサービスに注目が集まっています。エンタープライズ領域でのファイル共有用やバックアップ用,あるいは仮想サーバから利用するためのストレージ領域など用途はさまざまですが,クラウドの活用範囲を広げるという観点で考えれば,こうしたストレージサービスが充実し始めたことはユーザーにとっても大きなメリットでしょう。

こうしたクラウド型のストレージサービスとしてYahoo! JAPANが提供を開始したのが「Yahoo!クラウド ストレージ」です。各種ドキュメントや画像,動画などあらゆる形式のオブジェクトデータをクラウド上で管理できるというサービスであり,特長としては「低コスト」⁠⁠冗長性」⁠⁠シンプル」⁠そして「ディレクトリ構造でのデータ管理が可能」であることが挙げられています。

このサービスで注目したいのは日本最大級のアクセスを誇るYahoo! JAPANのインフラ環境で運用されているということ。高速なネットワークインフラが利用できるほか,安定したパフォーマンスを期待できるという点は大きな魅力でしょう。

利用料金は従量課金モデルで,初期費用は無料,ストレージ使用料は10.0円/GBで,これにネットワーク転送料は15.75円/GBが加算されます(ダウンロード転送のみ課金。アップロード転送は無料)⁠国内の同様のストレージサービスと比べると,非常に安価な価格設定であることが分かるでしょう。なお利用できる容量に制限はなく,基本的に無制限で利用領域を拡張することが可能となっています。大規模なデータの保存先としても利用できるというわけです。

ストレージサービスを利用する際に気になるのは信頼性でしょう。Yahoo!クラウド ストレージでは,アップロードしたデータを自動的に多重化するため,安心してデータバックアップに活用いただけます。ストレージの操作はREST形式のWebAPI(Amazon S3互換相当)を利用します。

Yahoo! JAPANで使われているCDNも利用可能

CDNの仕組みが提供されていることも大きな魅力でしょう。もともとYahoo! JAPANでは独自のCDNを有しており,高解像度の画像データなどはCDNを介して配信する形となっています。Yahoo!クラウド ストレージを利用すれば,このYahoo! JAPANのCDNを利用してコンテンツを配信することが可能になるというわけです。

サービスをブラウザ経由で管理するためのコントロールパネルもあり,ファイルマネージャーや使用状況のグラフ表示,利用料金の実績表示,そしてアクセス権限の設定といった機能が用意されています。

Yahoo!クラウド ストレージのコントロールパネル。ストレージ使用量をグラフで確認可能

Yahoo!クラウド ストレージのコントロールパネル。ストレージ使用量をグラフで確認可能

APIリファレンスやスタートアップマニュアル,デベロッパーズガイドといったドキュメントが充実していることに加え,JavaやPHPのSDKおよびそのドキュメントが用意されていることも見逃せないポイントです。

Yahoo! JAPAN自身も自社サービスのストレージとして利用

Yahoo! JAPANにおいてインフラ全体をマネジメントしている平田源鐘氏は,このストレージシステムはもともとYahoo! JAPAN内で利用するためのものとして開発が始まったと話します。

「Yahoo! JAPANには数多くのサービスがありますが,コスト面で考えるとストレージというのは大きな負担になっていました。そこで,たくさんのサービスで使っているストレージを共通化することにより,コストの削減や運用の一元化,サービス提供時のリードタイムの短縮といったことを実現するソリューションとして,このストレージサービスを開発することになりました」⁠平田氏)

ヤフー株式会社
セントラルサービス統括本部 コアPF
ユニットマネージャー
平田源鐘氏(部署,肩書は掲載日時点のもの)

ヤフー株式会社 セントラルサービス統括本部 コアPF ユニットマネージャー 平田源鐘氏

Yahoo! JAPANではサービスごとにストレージを用意するといった形で対応することが多かったそうですが,その場合どうしても無駄が生じてしまうなどといった課題があったそうです。またサービスによっては保存したデータにアクセスすることは滅多にないといったこともあり,そうすると高価なストレージ製品の導入はコスト面からも無駄が多いといった問題もありました。

そこでYahoo! JAPAN全体で使えるストレージシステムを構築することで,ストレージ利用の効率化を実現してコストを削減,さらにストレージ製品の発注から導入までのリードタイムの短縮により,スムースなサービス提供を実現することができるようになったと言います。

このYahoo!クラウド ストレージは,もともと写真やドキュメント,音楽,動画などあらゆるファイルを管理できるパーソナルクラウドサービスである「Yahoo!ボックス」での利用を想定して開発が進められました。その後もこのストレージシステムを利用するサービスは増え続けており,現在では飲食店や小売店向けのホームページ作成サービスである「Yahoo!ロコ プレイス」や動画配信サービスの「GyaO!」⁠電子書籍サービスである「Yahoo!ブックストア」などで利用されているとのこと。また社内的な利用でもバックアップやデータのアーカイブ,アクセスログや監査ログの保存,BCP/DR対策などとしても活用されています。

複数のサーバに分散してファイルを保護

それでは,このYahoo!クラウド ストレージはどのようなシステム構成となっているのでしょうか。これについては,同社セントラルサービス統括本部 プラットフォーム開発本部の城圭佑氏が次のように説明します。

ヤフー株式会社
セントラルサービス統括本部 コアPF クラウドストレージ
サービスマネージャー
城圭佑氏(部署,肩書は掲載日時点のもの)

ヤフー株式会社 セントラルサービス統括本部 コアPF クラウドストレージ サービスマネージャー 城圭佑氏

「ざっくりお話しすると,まずストレージとして動作するサーバが最下層に大量に存在し,その上のレイヤーのサーバでどのサーバにどのデータが入っているのかなどといった情報を管理しています。そして最上位のレイヤーにあるサーバで外部とデータをやり取りするためのインターフェイスを提供しているという形になります。このように,基本的には汎用サーバを束ねてストレージシステムを構成するという考え方ですね。さらにデータを複数のサーバに分散配置して冗長性を確保するなどといった仕組みを盛り込んでいます」⁠城氏)

なおこうしたストレージシステムは,米国Yahoo! Inc.が持つ技術を部分的に流用しつつ,独自で開発を進めたとのこと。単に既存の分散ファイルシステムを使うのではなく,たとえば信頼性やパフォーマンスといった観点で「Yahoo! JAPAN」クオリティを実現するために必要な機能を盛り込んだというわけです。

コメント

コメントの記入