ニッポンのIaaSを牽引するIDCフロンティア

#5 数十万枚~百万枚もの画像配信を行うインフラの秘密とは? アスクルが選んだIDCフロンティアの「分散ストレージサービス」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

19ナインの堅牢性と6ナインの可用性を実現したストレージサービス

膨大な画像や映像を配信するWebサービスにおいて,コスト削減や運用負荷の軽減といった目的から,外部のストレージサービスを利用するケースが増えてきました。しかし従来のストレージサービスは十分なパフォーマンスを得られないことも多く,場合によってはレスポンスが低下してしまうことも珍しくありません。こうした課題を解決できるサービスとして,IDCフロンティアにおいて提供を予定しているのが「分散ストレージサービス」です。正式提供は今春の予定ですが,それまでは先行提供期間として無償でサービスを利用することが可能です。

この分散ストレージサービスは,ストレージプラットフォームとして高く評価されているBasho Technologiesの「Riak CS Enterprise」を利用して提供されているサービスです。大きな特長として,拠点内でのデータの多重化保存に加えて遠隔地にもデータを自動的に分散することなどにより,99.99999999999999999%(19ナイン)という高い堅牢性と,99.9999%(6ナイン)の可用性を実現したことが挙げられます。システムの停止が即座にビジネスに影響するWebサービスでは,こうした高い堅牢性と可用性は大きな魅力でしょう。

また主要なストレージサービスと比べて最大約6倍とする高いパフォーマンスを備えているほか,REST APIに対応しているため容易に開発が行えることもメリットです。正式サービスとしてスタートした後は閉域網経由で接続することも可能であり,機密性の高いデータも安心して保存することができます。

この分散ストレージサービスをいち早く採用したのがアスクルです。同社ではヤフーと協業し,昨秋から「LOHACO」⁠ロハコ)という一般消費者向けのネット通販サービスを提供しています。このサービスは「かさばる日用品を宅配購入で課題解決」をコンセプトに,企業向けの通販サービスと同様に当日,あるいは翌日配送に対応しているのが大きな特長です。このLOHACOにおいて,サービスで利用される画像ファイルを蓄積するためのストレージとして,分散ストレージサービスが採用されました。今回は,アスクルのe-プラットフォーム本部 e-プラットフォーム・テクノロジー 部長の上村謙介氏と,ヤフーからの出向で同BtoCカンパニー Web戦略企画本部 Web戦略企画部 システム企画の北岡睦玄氏に,分散ストレージサービスの採用に至った背景を伺いました。

アスクルが外部ストレージサービスを採用した理由

――まず「LOHACO」のサービス提供を開始した背景を教えてください。

アスクル e-プラットフォーム本部
e-プラットフォーム・テクノロジー
部長 上村謙介氏

アスクル e-プラットフォーム本部 e-プラットフォーム・テクノロジー 部長 上村謙介氏

上村氏:アスクルではもともと,法人様向けにカタログ通販サービスを提供していましたが,新たに市場を開拓するという目的のもと,Yahoo! JAPANとの提携を機に一般消費者向けの市場に本格的に打って出ることになりました。そのプロジェクトの第一弾となるのが「LOHACO」になります。昨年10月にスマートフォン向け,11月にはPC向けのWebサイトをオープンしました。

――最初にスマートフォン向けのWebサイトを公開したのは,どういった理由からなのでしょうか。

上村氏:Yahoo! JAPANでは開発方針として「スマホ・ファースト」を掲げており,今後のアスクルにおいても同様のコンセプトでビジネスを展開していきたいと考えています。そうした背景もあり,これからスマートフォンやタブレット端末の進化に先駆けてサービスを展開するという意味も込め,スマートフォン向けのWebサイトを先に提供することになりました。

Webサイトだけでなく,iOSとAndroid端末向けにネイティブアプリも提供しています。現在はいつも買っているものをすぐに発注することができる「LOHACOアプリ」⁠そして天気情報やニュースのチェックやスケジュール管理なども可能な「LOHACO LIFE」の2種類があり,お客さまのニーズに合わせて選択していただける形になっています。

iOSおよびAndroid向けに提供されている,⁠LOHACOアプリ」⁠左)「LOHACO LIFE」⁠右)⁠いずれのアプリでも,スムースにLOHACOを使って商品を注文できる

iOSおよびAndroid向けに提供されている,「LOHACOアプリ」(左)と「LOHACO LIFE」(右)。いずれのアプリでも,スムースにLOHACOを使って商品を注文できる

――そのLOHACOにおいて,IDCフロンティアの分散ストレージサービスを採用することになった背景を教えてください。

北岡氏:LOHACOでは「Yahoo!トップページ」並び「Yahoo!ショッピング」からの誘導が予定されており,このことからYahoo! JAPANからのトラフィック流入が相当数あることが見込まれていました。アスクルが以前から展開している法人向けサービスでは,基本的にフロントのWebサーバで画像を配信する仕組みになっていましたが,同じ仕組みでLOHACOのサーバを構成すると膨大なトラフィックに対応できない可能性がありました。

ヤフーからの出向で
アスクルBtoCカンパニー
Web戦略企画本部 Web戦略企画部
システム企画の北岡睦玄氏

ヤフーからの出向でアスクルBtoCカンパニー Web戦略企画本部 Web戦略企画部 システム企画の北岡睦玄氏

そこでYahoo! JAPANが運営しているCDNを使うことを考えたのですが,オリジナルの画像データを保存するサーバをどうするかが問題となりました。それをIDCフロンティアに相談したところ,最適なサービスがあると言って紹介されたのが「分散ストレージサービス」だったわけです。

上村氏:法人向けサービスの場合,アクセス数が突然跳ねることは少なく,トラフィックが読みやすいためインフラの構成がやりやすいんですね。ただコンシューマ向けサービスの場合は,トラフィックが突然増加して場合によってはサービスが利用できない状態に陥る可能性があるという指摘を北岡から受けました。そこで画像ファイルを外に出せないかということを検討し,最終的にIDCフロンティアの分散ストレージサービスを使うことにしたのです。

コメント

コメントの記入