アクセス探偵IHARA リターンズ

エピソード1 はじめての浮気調査[前編]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

プロローグ

それにしても久しぶりの探偵事務所だ。繁盛しているのかどうか,今日香は少し不安だった。

画像

「伊波羅さん,商売上手くないからなぁ」 最近健二はあまり事務所に行ってないようだが,知らぬ間にまたお菓子を食べ尽くしていたりしないだろうか。今日香はまるで母親のようにいろいろと心配する。

「でもいいのかな?仕事断っても。断る手助けなんて,わたしにとっては楽な仕事だけど……」

強気の交渉事なら今日香が,そしてソフトに行くなら健二が得意分野だった。このペアは意外にも交渉ごとでは無敵を誇る。もし相手が暴力系ならを呼べば良いし……

「こんにち,は……?

扉を開けて入ったところで目に入ってきたのは,応接のソファーでお客さんを前にして固まっている伊波羅だった。

「ああ,吉沢さん。ちょうど良かった(助かったー)」

「遅くなってすいません」

「あ,皆井さんこちら助手の吉沢です」

振り向いた女性は,怒っていても綺麗な美女だった。しかしどうみてもこれは怒っている。オーラがそう語っていた。

「ダンナさんのパソコンのハードディスクを調査して欲しい,というご依頼なんだけど,夫婦でも相手のパソコンの中身を調査するというのは,やはり倫理的にも……」

画像

だって悔しいんです!

言い終わらないうちに美女が吼える。「あの怪しい態度,あれは絶対浮気です。それをはっきりさせて,あの人に突きつけてやりたいんです!」

ふいにオーラが減圧する。 「……わたしたち,結婚式もしていないんです。夫は両親を早くに亡くしてそれは苦労してきました。義妹の学費もあの人が出してやっていたし,知り合ってすぐのころは,公園以外でデートできませんでしたから」

こういうモードになると聞き役は今日香の役目だ。

「たいへんだったんですね。いろいろとご苦労されて」

「でもあの人はほんとうに優しくて,勤めていたときもわたしが仕事で失敗したのをフォローしてくれたり,もちろんわたしだけじゃなくていろんな人にもすごく親切で,仕事もできるし,職場でもとても信頼されてて……」

「……愛しておられるのですね」

今日香の情がこもった合いの手に,女性の目からたまらず大粒の涙が噴き出てきた。そのまま言葉にならない。今日香は胸が詰まる思いだった。

「伊波羅さん!この方の言うとおり調査してあげましょうよ!

「(あ,あれー?断って欲しいんだけど…(^_^;)) い,いやその,ダンナさんのパソコンを勝手にいじるのはやっぱりマズいと……」

「こんなに愛してる奥さんを悲しませるなんて……」もちろん伊波羅の異論は聞いてない(笑)。

「あ,ありがとう,吉沢さん……」

あっという間に,ここは女同士,男の理不尽な振る舞いに一致団結!という雰囲気が確立され,伊波羅の退路は断たれてしまった。

--こうして,探偵伊波羅にとっては人生初「浮気調査」を引き受けることになったのであった。

調査開始

「あぁ,共用PCだったんですか」 と,ノートパソコンを前に伊波羅が言った。

「そうなんです。もとは夫のものだったんですけど,どうも怪しいので共用にさせました」

「パスワードは?」

「家の中でしか使いませんので,かかってません

少しズッコケる。しかしまあ,家から持ち出さないのであればそれでもとくに問題は無いだろう。

「……ちなみにこれ,外に持ち出さないのですか?」

「夫がたまに持ち出してますよ

また少しズッコケる。

「そ,それは少し危険な……」

「でも,パスワード付けさせると,わたしが夫のメールをチェックできなくなりますからね

「……ということは,すでにチェックしてるという……」

そんなことあたりまえだと言うように「してますよ」という奥さん。

伊波羅の頭をあるアンケートの数字(恋人や夫のメールを勝手に読んでも良いとする女性は6割以上,男性は2,3割)がよぎる。

懊悩する探偵を不思議そうに見る今日香。伊波羅さん何悩んでいるのかなあ,ダンナのメールチェックなんて,そんなの当然よね……

「でも見てください。メールとかほとんど何も無いんですよ」

奥さんは何のためらいもなくダンナが使っているメールソフトウェアを起動する。示されたのを見るとなるほど空っぽに近い。受信箱にもフォルダにもほとんどメールが入っていない。

「怪しいでしょう?」怪しい以外何物でもない,というように奥さんが聞く。

「怪しいですねぇ」同調する今日香。

しかし探偵は『いや,これだけじゃ怪しいとは…』と,心の中だけで異議を唱える。

画像

証拠保全云々を説明する間もなく起動→ログオンされてしまったわけだが,探偵は黙々とディスクをコピーし始めた。その間も今日香と奥さんは共感しあっている。

「ほんと男ってどうしてああなのかしら」

「……ですよねぇ。でもうちの彼氏に比べたら,いや,比べたりするのは失礼なくらい良いダンナ様ですよぉ」

「そんなことないですよ。浮気してるかも知れないんだし。吉沢さんの彼氏ってどんな人なの?」

「それがこれもちょっと浮気者で…」

……名人芸の漫才のように,息がぴったりのやり取りが,それこそ永遠に続きそうなイキオイで繰り広げられ始めた。

やれやれ。

著者プロフィール

園田道夫(そのだみちお)

著書訳書多数。最近本人にも本業がわからないくらいだが,どうやら秋ごろからサイバー大学で教えるらしい。趣味というか,事実上の本業はサッカー観戦だというウワサ。詳しくはブログにて。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/sonodam/


くりひろし

漫画家。代表作はパソコン雑誌でのレクチャー形式マンガの元祖「パソコン・レクチャー」シリーズ(1985~2003,マイコンBASICマガジンにて最長不倒212回連載)。「アクセス探偵」シリーズで新たな境地を開く。

コメント

コメントの記入