アクセス探偵IHARA リターンズ

エピソード1 はじめての浮気調査[前編]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

追跡

⁠で,僕の出番というわけか(笑⁠

お菓子を頬張りながら健二が言う。ちょっと得意げである。健二の足下で犬のみっきーがじゃれついている。

⁠みっきー,今回は僕がメインらしいよ⁠

健二が諭すと,みっきーは了解したのか,つまらなそうにぷいっと居なくなる。ただ単に,健二のお菓子が目当てだったのかも知れない。

⁠それがねえ,伊波羅さん急ぎの仕事入っちゃって,もともとこの仕事断るつもりだったみたいで,スケジュールバッティングしちゃったのよね⁠

⁠了解。今日香はどうするの?⁠

⁠わたしはもう一件の仕事のバックアップを頼まれちゃって。コンピュータ見てなきゃならないのよ⁠

……というわけで,健二はトレンチコートに身を包み,サングラスで顔を隠しながら,⁠健二にとっては「容疑者」の)皆井氏を尾行しているのであった。通行人にはやたら目立ってけげんそうな顔をされっぱなし。健二は「どうも,ドラマの撮影で。すいませんねえ」などと如才なくかわしながら(こういうところは健二はほんとうに上手かった⁠⁠,それでも「目立つ尾行」を続けている。

画像

皆井氏はといえば,背後の小騒ぎに一切気づかずに,どこか思い詰めた様子で歩いている。先を急いでいるような雰囲気だ。皆井氏はさっくり高級ホテルに入っていく。

⁠あっ⁠

思わず声を上げそうになる健二。

皆井氏はロビーで人待ち顔だったショートの美女と落ち合い,中に消えていったのだ。健二は慌ててこっそりと(上出来だ)デジカメで撮影した。隠し撮りの上にロビーはあまり明るくないので,ちゃんと写っているかどうか不安だったので,数枚確保した。

健二はいささかショックだった。今日香からだいたいの経緯は聞かされていたが(もちろん今日香との間で恐怖のNDAを結んでいる⁠⁠,評判の愛妻家で誰に聞いても非の打ち所がないほど誠実な人柄だという皆井氏が……。

⁠よりによってあんな可愛い娘と!!⁠

そっちかよ。


いくら高性能なデジカメでも,隠し撮りは難しかったようだ。気づかれずに撮影するという制約もあったわけで,健二が撮影してきたデータに女性の顔が写っていなかったのは仕方がない,というべきだろう。

⁠すいません。ちゃんと顔写せなくて…」写真データを持ち帰ったトレンチコート姿の汗だく健二は,ディスプレイに映った写真を見て伊波羅に詫びた。

⁠いや,隠れて撮影しなければならないし,仕方ありませんよ⁠

伊波羅はなぜか,それほど落胆していない様子だった。尾行撮影が難しいことは承知だったからかも知れない。

画像

いずれにしても報告では,⁠残念な結果」になったことを言わなければならないだろう。夫人の落胆を思うと今日香は胸が痛んだ。

証拠は揃った!?

--報告会の場所は皆井邸だった。自宅は危険である,という伊波羅の提言にもかかわらず,皆井夫人が強く希望したのである。もし残念な報告だったら,聞いた後まともに帰宅する自信が無い,というのがその理由だった。

まず伊波羅が,共用パソコンに残されていた痕跡から掘り出したメールについて報告する。

『昨夜はごちそうさまでした。あんな高級レストランで大丈夫でしたか?フトコロにご負担ではないかと気になっちゃいます。でも嬉しかった(ハートマーク⁠⁠。その後もとっても楽しかったデス(えへへ⁠⁠』

『最近ちょっと女房に監視されてて(苦笑⁠⁠,このメール出すのも冷や冷やです。何であんなに警戒しているんだろう?おかしな挙動は見せてなかったと思うんだけどな。いろいろ整うまで絶対バレないようにしないと……』

用心のためなのか,それぞれのメールには署名が記されていなかった。メールソフトウェアの「名前」にも本名ではなく,ハンドル名のようなものが登録されているらしい。皆井氏のアドレスはいつもの自分のアドレスだったが,相手はフリーメールで,アドレスからは名前すら推測できなかった。cocoon231@freemail.example.jpとかいうアドレスじゃあ,男か女かすらわからない。

文面だけを読むと微妙だが,しかし浮気といえるかどうかはともかく,とても親しいようには読める。断定するだけの材料にはならないが,きわめて臭いとは言えた。

伊波羅としては何も断定できないということを前提に,合理的にわかることだけを報告した。しかし,超能力的な女の勘というヤツで「わかって」しまったのか,皆井夫人は,

⁠……ああ。やっぱり⁠

と切なそうな声でつぶやいた。裏切られたことは信じたくないが,信じざるを得ない……今日香にはそういう声に聞こえた。

⁠どんな女(ひと)だったの?⁠

⁠それが綺麗な人で,キャリアウーマンというか,バリバリ仕事してそうな人だったかなあ⁠

⁠皆井さん,この女性見覚えありませんか?」と写真の後ろ姿の女性を示しながら探偵が聞くと,

⁠……いえ,ありません⁠

消え入るような声をようやく絞り出す。皆井夫人はかなりショックを受けているようだった。無理もない。これで一縷の望みも絶たれてしまったわけだ。

⁠落ち合ったあと,ふたりはホテルのレストランで食事して,それからホテルの中に……」食事をしている場面を撮った写真を取り出しながら,健二が報告する。

皆井夫人はもうその写真を見る気力も無い様子だった。それが何を意味しているのか,十分にわかっていたからだろう。

⁠皆井さん。実はこの写真なんですけど⁠⁠ 伊波羅が切り出した。追跡調査について話を始めるらしい。 ⁠レストランで皆井氏が女性に何か渡してます。どうやらCDとか,そういうもののようなのです。しかもこれはたぶん,ソフトケース入りなので,コンピュータのデータなのではないかと思います⁠

⁠…コンピュータのデータ?⁠

⁠音楽とか映画である可能性もありますけどね。ご依頼があったメールのデータだけを取り急ぎ調べましたけど,もう少しお時間いただいてそれ以外にも調査すれば,もっといろいろわかると思うのですが……⁠

⁠…これ以上何かわかったとしても,役に立つんですか?⁠

⁠ええ。おそらく役に立つと思います⁠

⁠…そうですか。ではお願いします⁠

皆井夫人はあくまで気丈だった。

急展開

そのとき,クルマが車庫に滑り込む音がした。 ⁠!」弾かれたように立ち上がった皆井夫人の姿を見て,一同は危機を悟る。健二が玄関に走り靴を確保。伊波羅と今日香は夫人の指示通り機材ごと別室に退避した。

伊波羅は大急ぎでパソコンを操作する。何か急いで調査しなければならない理由があるようだった。手さばきは通常の三倍速になっていた。なぜかラップトップの背板が赤く見える

別室から外の様子をうかがっていた健二が声にならない声を上げる。⁠あの娘は!』⁠まさか?!』その「まさか」らしかった。

帰宅した皆井氏が,ショートの女性を連れて帰ってきたのだ。皆井氏は悪びれることなく女性を招き入れている。自宅にいきなり連れてくるなんて,もしかしたらこれから修羅場なのか…

⁠これ!⁠

画像

伊波羅が小声で叫んだ。画面を示している。のぞきこむと,女性のウェディングドレス姿の画像だった。しかも今まさに乗り込んできたショートの女性だった。

後編に続く

著者プロフィール

園田道夫(そのだみちお)

著書訳書多数。最近本人にも本業がわからないくらいだが,どうやら秋ごろからサイバー大学で教えるらしい。趣味というか,事実上の本業はサッカー観戦だというウワサ。詳しくはブログにて。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/sonodam/


くりひろし

漫画家。代表作はパソコン雑誌でのレクチャー形式マンガの元祖「パソコン・レクチャー」シリーズ(1985~2003,マイコンBASICマガジンにて最長不倒212回連載)。「アクセス探偵」シリーズで新たな境地を開く。