IPv6対応への道しるべ

第1回 サーバの安定運用を目指すなら,今はまだIPv6を“つけちゃいけない”─Beacon NC 國武功一氏に聞く

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

こんにちは。「IPv6対応への道しるべ」という連載を開始しました。

IPv4アドレス枯渇がついに現実のものとなり,IPv6への注目度が上昇しつつありますが,いままでのIPv6の記事は,通信キャリアやISP視点でのものが多かった印象があります。本連載は,これまで少なかった「中小企業や一般ユーザ視点から見たIPv6ってどうなの?」をテーマとしつつ,IPv6対応を積極的に取り組む事業者にインタビューを行います。

第1回は,Beacon NCの國武功一氏にお話を伺いました。

國武功一氏

國武功一氏

Beacon NCでは,データセンター/ホスティング事業開始当初からIPv6を考慮したネットワークを設計しつつ,顧客がIPv6を利用できるサービスを提供し続けています。また,國武氏自身もIPv4枯渇タスクフォースでデータセンター事業者等のIPv4アドレス枯渇やIPv6への対応に関してレクチャーを行う等,IPv6推進に積極的に関わっておられます。

サーバ側は最後の最後までIPv4アドレスを無くすことができない

――御社でのIPv6への取り組みに関して教えてください

弊社は,もともとデータセンターまわりのコンサルティングを行っていたのですが,2007年に自らデータセンター事業に参入しました。IPv6は,データセンターを作る当初から設計に組み込み,フルネイティブのIPv6環境を常に用意してあります。開始当初は別途申し込むオプションという形だったのですが,現在は正式サービスとして希望されるお客様にご利用いただけるようになりました。

弊社では,IPv6だけではなく仮想化にも力を入れています。開発者であるお客様にVMの作成やマネージメントを押し付けるのではなく,弊社ですべてマネージメントするサービスや,データベースなどの仮想マシンに適さない部分を物理マシンで運用しつつ仮想マシンで行った方が効率の良い部分を仮想マシンで行うハイブリッドホスティングサービスもあります。

その他,ハウジングをご利用のお客様向けに繁忙期だけ仮想マシンを貸し出すサービスもあります。たとえば,ECサイトであれば夏や冬のセール時期だけとか,引っ越しの時期だけにトラフィックが集中するような場合もあります。弊社ハイブリッドホスティングで,そのようなニーズを満たせるようにしてあります。

――IPv4アドレスが枯渇したことで,IPv6に関する顧客からの問い合わせは増えましたか?

いやー。増えてないですね。尖った感じのウェブ開発会社さんにお声掛けをしたこともありますが,「いやぁ,まだいいかなぁ」とおっしゃってました。本格的に採用されているかたもいらっしゃいますが,IPv6を使ってみたいというお客様は本当に少ないですね。

試しに使ってみたいという話はいくつかあります。テスト用に使いたいという感じです。IPv6の動向が気になるお客様です。どちらかというと,本番環境に入れるというよりは,実験的に使ってみたいというスタンスです。

――ホスティングサービス利用者はいつごろからIPv6対応をすべきでしょうか?

サーバ側の視点から見ると,サーバ側はあまりに早くIPv6対応をするのは良くないのかなと思い始めています。サーバの安定運用を目指すのであれば,いまはまだIPv6をつけちゃいけないという気はちょっとしています。

「鶏と卵」という話は,ずっと言われていますが,一般ユーザが増えないと難しいです。なんだかんだいっても,IPv4アドレス枯渇問題で救いやすいのはユーザ側なんですよね。NATなどがあるので。

一方で,サーバ側は最後の最後までIPv4アドレスを無くすことができません。どうしてもIPv4のみのお客様は残ってしまいます。たとえばIPv4空間をIPv6空間と1対1にマッピングできれば良いというのもあるのかも知れませんが,IPv6空間の方が圧倒的に大きいのでそれはできません。そうなると,サーバ側は最後になってしまうのかなとも思います。

そういう意味では,安定性を求めるのであれば,IPv4のみで運用するというのが現時点での現実解なのかなという気はします。

――サーバ側は一番最後といいつつ,一番最初に苦労しそうですよね?

そうですね(笑)。

ALG(Application Level Gateway),Webでいえばバーチャルホストなどもありますが,データセンターの立場としては個々のお客様ごとにIPv4アドレスというものが必要になってきてしまうので,いろいろ限界があります。データセンター側がプロトコル変換的なものを入れても,なかなか難しいと思います。

対応をするとすれば,お客様の環境に何もせずにProxy的なものを入れてIPv6対応を行うという形でしょうか。

画像

――いつまでIPv4アドレスの新規提供をできるんですか?

普通にIPv4アドレスを取っているのであれば1年ですよね。JPNICへ申請するのが「1年分」という決まりですし…。ただ,解約分の再利用などがあるので一概に1年とは言い切れません。さらに,過去に行っていたサービスの整理などで,もうちょっとはいけるかなぁと。ただ,まあ,先は見えていると言えます。

ここから半年,1年の動向として,多くのユーザ環境でIPv6が設定可能になります。それを含めて他社というか業界全体の動向がどうなるかですね。ユーザ側のIPv6対応が進んでくれないと,データセンターとしては困りそうです。

多くのISPさんがデータセンター事業も行われているので,ISPさんがIPv6の普及を後押しすると予測しています。さらに,ISPさんはユーザに提供しているIPv4アドレスの利用効率を高めて,自身が行っているデータセンター事業側にまわすのではないかとも思います。逆にいうと,ISP事業を行っていないデータセンターは今後苦しいかも知れません。

IPv4アドレスという視点だけで見れば,既存データセンターであれば弊社は現状でなんとかまわしていけそうなのですが,次のデータセンターを作るぞという決断がなかなか難しいです。

著者プロフィール

あきみち

「Geekなぺーじ」を運営するブロガー。

慶應義塾大学SFC研究所上席所員。全日本剣道連盟 情報小委員会委員。通信技術,プログラミング,ネットコミュニティ,熱帯魚などに興味を持っている。

近著「インターネットのカタチ - もろさが織り成す粘り強い世界」

Twitter IDgeekpage

インターネットってなんだろう?(てくらぼ)

コメント

コメントの記入