IPv6対応への道しるべ

第2回 単なるIPv6対応と,使えるレベルの対応はまったく別の話─Tokyo6to4プロジェクト 白畑真氏,大久保修一氏

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

第2回は,Tokyo6to4プロジェクトの白畑真氏(株式会社クララオンライン)と大久保修一氏(さくらインターネット株式会社)にお話を伺いました。

ISPなどから直接IPv6サービスを利用できないユーザなどに対して,IPv4を経由したIPv6接続性を提供するサービスを運用している経験から,今後のIPv4/IPv6混在環境でユーザが気をつけるべきことを伺いました。

白畑真氏(左)と大久保修一氏(右)

白畑真氏(左)と大久保修一氏(右)

6to4は,IPv4の接続性しかないユーザがIPv6を利用できるようにするプロトコルで,10年以上前から存在していました。2008年まで,日本国内で6to4のゲートウェイが存在しなかったので,気づかずに全てのIPv6通信をアメリカ経由で行ってしまっているユーザがいました。そのような状況を改善するために,ボランタリな活動として2008年からTokyo6to4が運用されています。

“6to4”ってどんな技術?

――Tokyo6to4について教えてください

IPv6や6to4技術そのものは10年以上前からありますが,それがエンドユーザまで提供される環境は,あまり多くありませんでした。今あるインターネットは,IPv6ではなくIPv4でできています。IPv4のインターネットしかない状況で,IPv6のインターネットにいかにしてつなぐかという方法のひとつが6to4です。6to4は,いわゆるトンネリングの技術です。

6to4技術の大きな特徴は,IPアドレスのつけかたです。IPv6アドレスの中にIPv4アドレスが組み込まれています図1)⁠IPv4のアドレスさえあれば,IPv6が使えてしまいます。

図1 6to4のアドレス変換

図1 6to4のアドレス変換

このIPv6アドレスにはオーナーがいません。通常のIPアドレスは,どの組織が利用しているアドレスか管理されていますが,6to4のIPアドレスに関しては割り当てられた組織がありません。6to4のIPv6アドレスは,2002::/16がRFC3056,192.88.99.0/24がRFC3068で規定されています。

6to4は,IPプロトコル番号41番を利用しています。このため,いくつかのファイアウォールを越えられないなどの問題はありますが,逆にいうとそれだけ古くからある技術であるとも言えます。

この6to4技術の面白い点は,エニーキャストを利用している点です。IPv4側では192.88.99.0/24というIPv4アドレスが利用され,IPv6側では2002::/16というアドレスが利用されます図2)⁠

図2 6to4技術によるインターネット

図2 6to4技術によるインターネット

気づかずに6to4を使っていることも…

――6to4はどのようなところで使われていますか?

6to4やTeredoのユーザですが,PCで直接それらを利用する設定を行った場合には,PCがトンネルの設定を行います。

その他にも,ホームルータが6to4やTeredoを利用している場合があります。たとえば,AppleのAirmac Extremeなど一部のブロードバンドルータが,6to4を終端してSOHO内のLANに対してIPv6サービスを提供する機能を持っています。この場合,LANの中ではIPv6が利用され,IPv4しかないWANの間は6to4で通信が行われます。

最も利用が多いのがマイクロソフトのWindowsによる通信です。⁠インターネット接続の共有」という機能がWindowsにあるのですが,IPv4ではNATを行い,IPv6では6to4が行われます。こういった機能が標準であります。ユーザが気がつかずに6to4をWindows PCで利用してしまっているということもあります。

その他,Windows Vista以降では,ネイティブなIPv6環境がないところでIPv6を利用した通信を行おうとすると,自動的に6to4を利用するようになっています。

――Tokyo6to4を開始して効果はありましたか?

はい。大きく変わりました。

それまで,日本国内同士の通信であっても,アメリカを回っていた通信が日本国内で完結するようになりました。当たり前の結果ではあるのですが,当時,日本国内で6to4を利用したときのkame.netへのRTTが190msから10msへと向上しました図3)⁠

図3 6to4の効果

図3 6to4の効果

著者プロフィール

あきみち

「Geekなぺーじ」を運営するブロガー。

慶應義塾大学SFC研究所上席所員。全日本剣道連盟 情報小委員会委員。通信技術,プログラミング,ネットコミュニティ,熱帯魚などに興味を持っている。

近著「インターネットのカタチ - もろさが織り成す粘り強い世界」

Twitter IDgeekpage

インターネットってなんだろう?(てくらぼ)

コメント

コメントの記入