IPv6対応への道しるべ

第3回 連携サイトのIPv6対応に要注意 ─NECビッグローブ 川村聖一氏に聞く

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

第3回は,NECビッグローブ(以下,BIGLOBE)の川村聖一氏にお話を伺いました。

川村聖一氏

川村聖一氏

2009年に全サービスのIPv6対応計画を発表するなど,BIGLOBEは先進的なIPv6対応ISPです。川村氏はその中にあって,IPv6に関連する運用や課題に関して各所で発表されています。また,RFC5952の共著者JPNICメルマガvol.780参照)としても知られています。

今回は,BIGLOBEでの経験から得られた「注意すべきこと」を中心に教えていただきました。

BIGLOBEでの取り組み

─⁠─川村さんはいつごろからIPv6に取り組まれていますか?

私自身がIPv6に関わり始めたのは,まさにBIGLOBEに来てからです。それ以前はNECの別の部署にいまして,IPv6とは関係ありませんでした。2004年です。

そのときからIPv6の担当を務めていました。当時は「IPv6担当」というものがあったんですよ(笑)⁠独立したネットワークで作っていて,サーバなども別々に運用していました。

位置づけとしては実験サービスで,たとえばADSL用のIPv6実験サービス,法人へのIPv6提供サービス,マルチキャストなどに取り組んでいました。その頃は「v6をやる人」というのが分かれていました。

2006年ぐらいに一時期盛り上がったのですが,その後v6に関して音沙汰がなくなりました。さらにその後しばらくして,2008年だったと思うのですが,サービスを含めて全社的にIPv6に取り組もうという話になりました。⁠枯渇が来るので,IPv6対応のロードマップを作らないとマズい」ということで,プロジェクトを立ち上げて取り組んだのです。そのメンバーとして全力でIPv6に関わるようになりました。

メンバーの中で私が最も長くIPv6に関わっていたこともあり,役割としては,いろいろうるさく言うような感じになっていました。IPv6を扱った事がないと,サーバもそうなのですが,実際にやろうと思うと,どこから手をつけて良いのかわからないことが多いというのもあるんですよね。

「単純にApacheが入っているサーバにIPv6アドレスをつければ終わりでしょ」と考えがちですが,そうではありません。どういうところに落とし穴があるのか,という部分に関して,別網で実験を行って来たノウハウを活かしてアドバイスを行っていました。

DNSに登録するかどうかの問題はありますが,最近は,BIGLOBE内のほとんどの部分がすでにデュアルスタック化を完了しています。

World IPv6 Dayでわかったこと─立場によってとらえ方が変わる「フォールバック問題」

─⁠─一般ユーザもしくはホスティング/ハウジングサービス利用者が,IPv6対応に際して「ハマるかも知れないので気をつけようね」というようなポイントはありますか?

IPv6対応で気をつけなければならない問題のひとつに「IPv6からIPv4へのフォールバック問題」があります。

フォールバックは,既存の多くのOSやブラウザで遅延を発生させたり,場合によってはフォールバックが上手く働かずに通信が成立しないこともあります。一口に「フォールバック問題」と言っても,実はいろいろと種類があるのですが,今日は特にWebにフォーカスしてお話をさせていただければと思います。

Webサイトを運営していて気をつけなければならないのは,細かくて見えにくい障害にいかに対処するかという話があります。

World IPv6 Dayで凄くよくわかったのが,プロバイダ側の人々とコンテンツ側の人々で大きく意見(もしくは感想)が違うということです。

プロバイダ側の視点では「おおむね問題がない」という印象を持たれた方々が多いと思うんですよ。プロバイダ側から見ると,何か一ヵ所が見えないという理由でユーザ側が問い合わせて来るというのは実は少ないんです。ユーザさんが凄くやさしいというか,ちょっと自分で頑張ってみようというのが多いんです。⁠もしかしたら,今日は調子が悪いのかも知れない。また今度見てみよう」と考えてくれる方も多いのかも知れません。

そういった側面もあり,プロバイダにとっては,World IPv6 Dayでの結果を見て「そんなに問題はない」と感じられている方々が多かったようです。

しかし,コンテンツを持っている側から見ると,⁠思ったほどひどくはないが,全面的にやれるかというとそうでもないかなぁ」という印象を持っているのかなぁという気がします。

弊社が行っているBIGLOBEのトップページだけという条件で,今回World IPv6 Dayに参加したのですが,その中でYahoo!さんと同じような手法で定点観測をずっと行っていました。で,どれぐらいIPv6アクセス率が上がるのかなど,いろいろ見ていたのですが,やはり日本だとNTTフレッツ網で発生しやすいフォールバック問題があるため,Webもその影響を受けます。といっても,もっさりとするぐらいなので,実際に見えなくなるまでの問題が発生することは,そう多くはないと思うんですよ。

著者プロフィール

あきみち

「Geekなぺーじ」を運営するブロガー。

慶應義塾大学SFC研究所上席所員。全日本剣道連盟 情報小委員会委員。通信技術,プログラミング,ネットコミュニティ,熱帯魚などに興味を持っている。

近著「インターネットのカタチ - もろさが織り成す粘り強い世界」

Twitter IDgeekpage

インターネットってなんだろう?(てくらぼ)

コメント

コメントの記入