IPv6対応への道しるべ

第14回 IXPから見たIPv6

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

今回は,日本インターネットエクスチェンジ株式会社(JPIX)の石田慶樹氏と馬渡将隆氏に,IXP(Internet eXchange Point)の立場から見たIPv6についてお話を伺ってきました。

IXP一般の話というよりも,同社の現状やNTTのフレッツ網特有の事情などが色濃く反映された内容になっていますが,たとえばCGN(Carrier Grade NAT)に対する感想など,個人的には非常に楽しい話を伺えたと思います。

CGNにより奪われる,中小プロバイダの独立性

─⁠─IPv6対応を積極的に行っている理由を教えてください。

JPIX代表取締役社長 石田慶樹氏

JPIX代表取締役社長 石田慶樹氏

グローバルIPv4アドレスの中央在庫(IANA在庫)が枯渇する以前の時点で,グローバルIPv4アドレスが枯渇して困るのはネットワークを拡張している人だ,という仮説を元にいろいろと検討してきました。それは,新しくネットワークを作る方々のところでまず最初にグローバルIPv4アドレスが不足していくということであり,その方々はIPv6対応をしなければならないという状況になります。

さらには,IPv4とIPv6を相互につなぐ技術も必要です。IPv4/IPv6移行と共存に伴って発生するその他のさまざまな問題も含め,JPIXでは問題解決の手助けとなる事を考えて手を打ってきました。

そういった方針の元,まずはデュアルスタックで接続できる環境を提供しようという事で,IXのデュアルスタック化を推進してきました。IXのデュアルスタック化は2008年に正式サービスの提供を開始しましたが,IPv4とIPv6を分離して,お互いに影響を与えない方式でのサービス提供も行いました。

2013年現在では,ほとんどのお客様が1つのIXポートでIPv4とIPv6を同時に利用していますが,何が起きるのかよく見えなかった2008年当時は,別々のIXポートでIPv4とIPv6を利用する事で安定的なサービス付加を採用できるようにしました。

あと,話が飛びますが,2008年の総務省報告書等で,IPv4/IPv6移行と共存はCGNもしくはNAT444と呼ばれるものを利用しなさいという話が出てきて,これは当時,IXPとして大きな危機感を持ったポイントとなります。

─⁠─IX事業とCGNの繋がりがよく理解できなかったのですが,なぜCGNの普及に危機感を持たれたのでしょうか?

JPIX技術部 馬渡将隆氏

JPIX技術部 馬渡将隆氏

CGNになると囲い込みが行いやすくなるためです。

CGNを採用すると,1つのプライベートIPv4アドレス空間を複数のインターネット利用者の間で共有するネットワーク構成となるため,そのプライベートIPv4アドレス空間は1つの組織で構築していくようになります。そして,それを構築していくのは恐らく大手キャリアになるだろうという事で,危機感を持ちました。

大手キャリアが中小ISPなどに対してCGNを組み込んだトランジット接続サービスを提供するようになった場合,CGN配下でインターネット接続サービスをエンドユーザに提供する中小ISPは,上位ISPの変更が非常に困難となります。

─⁠─中小ISPが独自にBGP運用を行うのをやめて,大手キャリアが運用するCGNの下で,インターネット接続サービスを提供するようになるかも知れないという話ですか?

はい。グローバルIPv4アドレスの在庫が足りなくなり,かつ,コスト的に独自にCGN環境を整備できないという状況の中小ISPに対してCGNによるトランジット接続サービスが提供されるという可能性です。

自社で管理していないCGN配下のネットワークから,また他のネットワークに切り替える為の作業は,いま現在の環境であるグローバルIPv4アドレスのリナンバリングを行うよりも多大なリソースが必要になると思います。結果として,中小ISPは一度CGN配下に入ると,もう身動きができないといった状況になると思います。

もともと,ISPがIPアドレスやAS番号を取得したり,自分たちでBGPを運用してインターネットに接続しているのは,特定の上位ISPに強く依存しすぎないためでもあります。上位ISPが,その配下のISPに対してCGNサービスを提供するようになると,本来持っていたISPの自律的な部分が全くなくなってしまいます。

─⁠─そうなると,BGPを利用するISPが大きく減ってしまう可能性があるという事ですか?

はい。そうなってしまうと,IXPとしては厳しいです。

ただ,IPv6を利用する事業者の多くがインターネット接続サービスを提供しているISPであると考えると,IPv6をIPv4へと変換してIPv4 onlyのコンテンツまでパケットを届ける仕組みを用意することで,ISPでのIPv6サービス対応とIPv4アドレス枯渇対策をサポートすることができます。

そういった考えもあり,JPIX社内ではIPv4とIPv6の変換も2008年から検討してきました。

IPv4 over IPv6への取り組み

─⁠─2008年と言えば,NTT NGNの案1,案2,案3が議論されていて案4がまだ登場してないぐらいの頃ですか?

2008年の総務省の研究会では案1から案3までが提案されています。その頃は,NTT NGNの話とは別に,IXPとして何が出来るのかという話も考えていました。

IXPとしては,ISPから見てトラフィックの出入り口となる部分でのアドレスシェアは対応可能です。その後,機器実装や標準化の流れなどの状況を見つつ,でき上がったのがIPv4 over IPv6の仕組みです。グローバルIPv4のアドレスシェアはIXPで行います。

─⁠─それが464XLATですね。MAP-Eと464XLATを比べた時に,どちらの方がIXPでの提供形態に合っていますか?

464XLATの方が合っています。

クライアント側(CLAT)で行うステートレスNAT64がすでに標準化されていますし,クライアント側とセンター側(PLAT)との関係も疎(スパース)なので,さまざまな環境で非常に導入しやすい方式です。

一方で,MAP-Eはマッピングルールをあらかじめ決めた上で,それをセンター装置で逆変換する必要があります。そのため,アクセス網と基幹網が正しく連携する必要があります。フルマネージドなアクセス網であれば,その仕組みを作るのも良いのですが,たとえばアクセス網と基幹網で運用主体が違うなど,全てがフルマネージドな網ではない場合は,464XLATの方が向いています。

─⁠─JPNE(日本ネットワークイネイブラー株式会社)でのIPv4 over IPv6への取り組みと,JPIXでの取り組みは同じものでしょうか?それとも独立したものでしょうか?

独立したものです。アクセス網の事業者(ISP)に対してサービスを提供する立場と,自社で運用しているアクセス網がすでにあって,それに向かってサービスを提供していく立場は少し違います。

弊社が行っているIPv4 over IPv6の取り組みは,まだ正式サービス化していませんが,6月に行われたInterop Tokyo 2013のShowNetでデモを行いました。Interop TokyoでのShowNetデモは3年前から行っていますが,今年展示したものはNECアクセステクニカさんで新規にプロトタイプ開発されたCPEによるIPv4 over IPv6のデモでした。

画像

─⁠─JPIXとJPNEの関係を教えてください。また,JPNEが誕生した経緯を教えてください。

JPIXとJPNEは親会社が一緒です。JPIXはJPNEに出資しているので,JPIXはJPNEの株主の一部でもあります。

JPNEのもともとですが,JPNEはIPv6に特化したVNE(Virtual Network Enabler)を作るにあたり,ISPのコンソーシアム的な位置付けで立ち上げられました。JPNEを作るまでは,代理としてJPIXがVNEになる申請を行っていました。

申請後,NTT側の制約により3社までに制限されたVNEのうちの1社として残る事ができて,その上で協力していただけるISPさんもいましたのでJPNEが設立されました。

─⁠─VNEへの申請時点でJPNEの立ち上げは明記されていたのでしょうか?

どうなるのかは申請時点で明確にわからなかったので,明記されていませんでした。

しかし,VNEのビジネスはJPIXのビジネスとは異なるので,実際にVNEを立ち上げるのであればJPIXが出来た時の仕組みを真似してコンソーシアム的なものを作って行うしかないという判断は当初からあったので,そういった形にしました。

著者プロフィール

あきみち

「Geekなぺーじ」を運営するブロガー。

慶應義塾大学SFC研究所上席所員。全日本剣道連盟 情報小委員会委員。通信技術,プログラミング,ネットコミュニティ,熱帯魚などに興味を持っている。

近著「インターネットのカタチ - もろさが織り成す粘り強い世界」

Twitter IDgeekpage

インターネットってなんだろう?(てくらぼ)

コメント

コメントの記入