そろそろLDAPにしてみないか?

第12回 Fedora Directory Serverを使ってみよう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 8 分

前回のテーマがSSL/TLSによる暗号化通信でしたので,今回はSASLを使った認証部分の暗号化についてお話ししようと考えていたのですが,あまりおもしろくなさそうなので(笑),今回はまったく別のお話です。また機会があればSASLについても紹介したいと思います。

FDSとは?

これまで本連載では「OpenLDAP+ソフトウェア」といった形で,OpenLDAPを前提とした構築例などを紹介してきましたが,LDAPサービスを提供できるソフトウェアはなにもOpenLDAPだけではありません。その1つが皆さん一度は耳にしたことがあるであろうFedora Directory Server(FDS)です。

Fedoraという言葉から思い出されるのは,Linuxディストリビューションの1つであるFedora Coreでしょう。Red Hat Enterprise Linuxは商用版,Fedora Coreは非商用版,という区分けができるとすれば,ディレクトリサーバに関してもRed Hat Directory Server(RHDS)が商用版,FDSが非商用版,という考え方をすることができます。

ちなみに,RHDSやFDSの前身となっていたのはNetscape Directory Server(NDS)という商用のシステムです。NDSは2000年ごろまで主流で使用されていましたが,Red Hatが買収することでRHDSやFDSの誕生に至っています。

また,NDSから進化したディレクトリサーバとして,Sun Java System Directory Server(SJSDS)も存在します。こちらは最近のSolaris 10にバンドルされているため,Solarisを使用されている方であれば簡単に試すことができます。SJSDSは以前iPlanet Directory ServerやSunONE Directory Serverと呼ばれていましたが,名称の変更に関しては,CTCテクノロジーさんのサイトにわかりやすい説明がありましたので紹介しておきます。

さて,FDSやRHDS,SJSDSなどたくさんの用語が出てきましたが,これらはすべてNDSから派生しているため,細部は異なれど,基本的な構造に違いはありません。したがって,筆者がFDSを紹介する際には「FDSの設定が理解できればRHDSやSJSDSの運用も簡単」といった操作の親和性をポイントに挙げています。

なぜFDS?

いくつかのディレクトリサーバが存在する中,FDSやSJSDSを選択する理由は何でしょうか?

OpenLDAPは近年もさまざまな改良が加えられてきており,日々発展しているディレクトリサーバですが,オープンソース文化の元で誕生しているため,たとえばユーザインターフェースなどはまだそれほど洗練されていません。一方FDSの前身は商用製品ですから,Webブラウザによる管理画面など,ユーザインターフェースはOpenLDAPと比較すると格段に優れています。

RHDSやSJSDSとOpenLDAPを比較した場合に大きな差別化となるのが商用サポートの有無です。LDAPユーザ会でも活躍されているオープンソース・ソリューション・テクノロジ(株)など,OpenLDAPを正式サポートする会社はいくつかあるのですが,RHDSやSJSDSと比較すると,まだまだその実績が一般に認められているわけではありません。OpenLDAPが高速で安定しているとしても,実績やサポートが重視される環境でなかなか使用されない理由はここにあります。

もちろん商用サポートに該当するのはRHDSやSJSDSであるため,FDSを使えば商用サポートが得られるわけではないのですが,基本的なオペレーションや概念がRHDS/SJSDSと変わらないことから,FDSを練習台としておけば,将来的に商用サポートが必要になった際に,RHDSやSJSDSに簡単に乗り換えることができるのがメリットのひとつではないでしょうか。

もちろんサポート以外でも「OpenLDAPには機能がないのでFDSを使う」,またはその逆という考え方もあります。

FDSのダウンロードとインストール

FDSの最新バージョンやインストール方法が書かれたドキュメントはFedora Projectのダウンロードページより入手することができます。今回はRed Hat Enterprise Linux 5.0クローンであるCentOS-5.xにインストールを行ってみます。導入方法はFDSのバージョンによって異なる可能性がありますので,オフィシャルサイトの最新情報を常に確認するようにしてください。

今回の環境では,FDSをyumリポジトリから入手するため,追加リポジトリの設定を行っておきます。

図1 FDSリポジトリの追加

# cd /etc/yum.repos.d 
# wget http://directory.fedoraproject.org/sources/idmcommon.repo 
# wget http://directory.fedoraproject.org/sources/dirsrv.repo 

ここで,idmcommon.repodirsrv.repoを編集し,$releaseverという文字列を6に置き換えます。次に,fedora-dsの依存パッケージをインストールしておきます。

図2 FDS依存パッケージのインストール

# yum install svrcore mozldap perl-Mozilla-LDAP libicu
# rpm --import http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/core/6/i386/os/RPM-GPG-KEY-fedora 
# rpm --import http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/extras/RPM-GPG-KEY-Fedora-Extras
# rpm -ivh http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/extras/6/i386/adminutil-1.1.5-1.fc6.i386.rpm
# rpm -ivh http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/extras/6/i386/jss-4.2.5-1.fc6.i386.rpm

これでやっとFDSをインストールする準備が整いました。次のようにして依存パッケージなどを含め,すべてがインストールできれば完了です。

図3 FDSのインストール

# yum install fedora-ds

著者プロフィール

中満英生(なかみつひでお)

大学時代に出会ったSolarisがきっかけでUNIXの世界へ。その後ホスティングプロバイダ,データセンターで実務経験を積む傍ら,雑誌記事の執筆や技術セミナーの講師を務める。サーバ設定の他,セキュリティに関する著作や技術者エッセイも執筆経験あり。

コメント

コメントの記入