そろそろLDAPにしてみないか?

第14回 LDAPで管理するメールサーバ[連携設定編]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

前回インストールが完了したFDSですが,今回はその中にメールユーザ用のエントリを作成し,Postfixと連携させてみます。

必要なエントリ

まずはユーザエントリに必要な属性を改めてまとめてみますので,それぞれの意味を理解しLDAPへの登録を行ってみましょう。

表1

メールアドレスPostfixのメール配送に使用される。
またSMTP AuthやPOP3のログインIDとして用いる
パスワード各サービス用のパスワード
メールボックスパス Postfixがメールを保存するために使用
Dovecotがメールにアクセスするために使用
転送先アドレス Postfixが転送用として使用

メールグループを追加

お気づきかもしれませんが,FDSをセットアップした時点で,いくつかのLDAPツリーが最初から作成されています。たとえば,通常UNIXアカウントを登録するためのou=People,dc=bluecoara,dc=netou=Groups,dc=bluecoara,dc=netというツリーは,管理コンソールやldapsearchコマンドで確認することができます。

図1 ldapsearchによるデフォルトツリーの確認

% ldapsearch -x -D "cn=Directory Manager" -w dssecret -b "ou=People,dc=bluecoara,dc=net" "objectClass=*" 
# People, bluecoara.net 
dn: ou=People, dc=bluecoara, dc=net 
objectClass: top 
objectClass: organizationalunit 
ou: People 

デフォルトで存在するou=People,dc=bluecoara,dc=net以下にメール用のエントリを登録しても良いのですが,今回はou=Mail,dc=bluecoara,dc=netという別のツリーを作成してみます。fedora-idm-consoleコマンドを使って管理コンソールを開いてください。

次に画面左側のツリーより「Directory Server(ホスト名)」をダブルクリックし,ディレクトリサーバ管理画面を表示させます図2)。さらにその中から「Directory」タブを選択し,画面左側のツリーに新しいツリー,つまりMailというOUを作成します図3)。

図2 FDS管理画面

図2 FDS管理画面

図3 新規ツリーを作成

図2 新規ツリーを作成

このようにして登録したデータは管理コンソールから確認することができますが,ldapsearchコマンドでも確認することができます。

図4 ldapsearchコマンドによるエントリの確認

% ldapsearch -x -D "cn=Directory Manager" -w dssecret -b "ou=Mail,dc=bluecoara,dc=net" "objectClass=*" 
# Mail, bluecoara.net 
dn: ou=Mail,dc=bluecoara, dc=net 
ou: Mail 
description: Postfix/Dovecot 
objectClass: top 
objectClass: organizationalunit 

もちろん管理コンソールを使わず,ldapaddコマンドでエントリを登録,編集,削除することもできます。

図5 テストエントリの追加

% ldapadd -x -D "cn=Directory Manager" -w dssecret <<EOF 
dn: ou=Hoge,dc=bluecoara, dc=net 
ou: Hoge 
objectClass: top 
objectClass: organizationalunit 
EOF
adding new entry "ou=Hoge,dc=bluecoara, dc=net"

図6 テストエントリの削除

% ldapdelete -x -D "cn=Directory Manager" -w dssecret "ou=Hoge,dc=bluecoara,dc=net" 

メールユーザの追加

メールデータ用の親ツリーが完成したら,次はその中にデータを登録します図7)。

図7 FDS管理画面でユーザデータの追加

図7 FDS管理画面でユーザデータの追加

図7のスクリーンショットからわかるように,ldapaddコマンドと異なり管理コンソールを使えば直感的にデータを登録することができます。

たとえばこのユーザの携帯電話番号を登録したい場合,画面上の「Advanced...」をクリックし,携帯電話用の属性であるmobileを選択し値を入力することで,簡単にデータを登録することができます。

著者プロフィール

中満英生(なかみつひでお)

大学時代に出会ったSolarisがきっかけでUNIXの世界へ。その後ホスティングプロバイダ,データセンターで実務経験を積む傍ら,雑誌記事の執筆や技術セミナーの講師を務める。サーバ設定の他,セキュリティに関する著作や技術者エッセイも執筆経験あり。

コメント

コメントの記入