本気で使いたいユーザのためのLinux KVM活用法

第2回 Linux KVMで動かすWindows

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

KVM+Windowsを高速化するVirtio

Linux KVM(以下KVM)は,Linuxカーネルに組み込まれた仮想化環境ですが,KVM上の仮想マシンではLinuxだけでなくWindowsも動作させることができます。これはKVMが実現している仮想マシンが「完全仮想化」であるためです。

完全仮想化はOSに修正が必要ない点がメリットですが,I/Oなどの速度面ではOSに修正を加える「準仮想化」が有利な場合があります。そこで,I/Oを司るデバイスドライバを準仮想化で動作させることで性能を向上させる部分的な準仮想化の方式が,現在の主流となっています。このデバイスドライバを「パラバーチャル(準仮想化)ドライバ」と呼びます。

KVMでは,I/Oの準仮想化方式として「Virtio」が採用されています。VirtioはVirtualBoxなどでも採用されている実装になっています。今回は,VirtioのWindows用ドライバをインストールして動作させてみる手順を解説します。

Virtio-KVM
URL:http://www.linux-kvm.org/page/Virtio

今回の環境は,CentOS 5.4 x86_64版,ゲストOSはWindows Server 2008 64ビット版を選択しました。環境の設定方法およびゲストOSのインストールは,以前の記事で説明した通りです。

64ビット版Windowsとドライバ署名

Windows Server 2008やWindows Vista,Windows 7などの64ビット版は,デバイスドライバへのデジタル署名が必要となります。しかし,今回ダウンロードして利用したlinux-kvm.orgで配布されているデバイスドライバはデジタル署名がされていないため,そのままでは利用することができません。インストールできたように見えても,ドライバがロードされないため,デバイスは利用不可になっています。

今回は動作確認を行う目的のため,起動直後にF8キーを押し「デジタル署名の強制を無効にする」を選択して起動することでこの問題を回避しました。継続して64ビット版WindowsをKVM上の仮想マシンで使用する場合には,署名済みのドライバを入手するか,自分自身でドライバに署名を行うなどの作業が必要となります。

図1 起動時にF8キーを押すことで,一時的にデジタル署名の強制を無効化できる。

図1 起動時にF8キーを押すことで,一時的にデジタル署名の強制を無効化できる。

Windows用Virtioドライバの入手

ドライバはLinux KVMのWebサイトからダウンロードできます。ここで配布されているドライバはZIPアーカイブ形式なので,ゲストOSでダウンロードするか,別途コピーしてください。ISOイメージでの配布も別サイトで行われているので,ISOイメージを仮想マシンにマウントしてインストールすることもできます。

ネットワーク用とストレージ用の2種類が配布されているので,必要に応じてダウンロードしてください。他の仮想化ソフトウェアのように,ドライバのインストーラは付属していないので,個別に手動でインストールする必要があります。

ネットワークデバイスのVirtio化

ネットワークデバイスのVirtio化は比較的簡単です。停止中の仮想マシンに新しいネットワークデバイスを追加し,⁠デバイスモデル」「virtio」を選択します。

図2 仮想マシンにネットワークデバイスを追加します。デバイスの種類はe1000なども選択できるので,場合によってはVirtioでなくてもよいだろう。

図2 仮想マシンにネットワークデバイスを追加します。デバイスの種類はe1000なども選択できるので,場合によってはVirtioでなくてもよいだろう。

ゲストOSを起動すると新しいデバイスとして認識されるので,ダウンロードしておいたデバイスドライバをWindowsの通常の手順でインストールします。指定するフォルダはOSのバージョンや32ビット,64ビットで分かれていますので注意してください。

図3 新しいイーサネットコントローラとして認識されるので,デバイスドライバをインストールする。

図3 新しいイーサネットコントローラとして認識されるので,デバイスドライバをインストールする。

正常にインストールが終了すると,ネットワークデバイス「Red Hat VirtIO Ethernet Adapter」が追加されているはずです。今まで使用していたネットワークデバイスは削除しても良いでしょう。

著者プロフィール

宮原徹(みやはらとおる)

「仮想化技術に特化した専門家集団」日本仮想化技術株式会社 代表取締役社長兼CEO。どんなに難しい案件でもこなせる,頼れる会社を目指して,日々研鑽中。仮想化技術の普及のために全国を飛び回る毎日です。

コメント

  • ASRock Onborad Raid とUEFIを使えるKVMについて

    はじめまして、お世話になります。米田 優です。
     本気で使いたいユーザのためのLinux KVM活用法の宮原徹氏に、最近の大容量HDDに対応したUEFI Biosと安価なOnbord  Raidを利用したKVMの使い方を教わりたいのですが、どうすればよいでしょうか?
     よろしくお願い申し上げます。

    Commented : #1  米田 優 (2013/02/15, 23:01)

コメントの記入