小型/堅牢/メンテナンスフリー OpenBlockS 600の限界に挑戦

第5回 UT-VPN/OpenVPNで作るL2-VPNルータ(前編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

はじめに

OpenBlockS 600は堅牢性やLinux採用によるカスタマイズ性の高さなどの特徴から,ネットワークのインフラ周辺でとくに多く利用されています。その用途は幅広く,DHCPやDNSなどのネットワークの中核となるサービスやサービスインフラの死活監視,ネットワーク障害時のデバッグなどさまざまなかたちで活用していただいています。

今回はさまざまな用途の中でも事例の多い,VPNルータとしての構築をご紹介します。VPNルータには市販製品が多数存在しますが,クラウドのIaaSサービスと顧客をシームレスにつなぐためのレイヤ2接続が可能なVPNルータとして,多数の利用実績があります。本稿では,オープンソースのレイヤ2接続対応VPNソフトウェアとしてOpenVPNUT-VPNを取り上げ,前編ではOpenVPNの導入と設定までを実施し,次回の後編でUT-VPNの導入と設定,そしてそれぞれの性能測定を行います。

OpenVPN

OpenVPNはオープンソースのVPNソフトウェアとしては,実績が豊富で安定したソフトウェアです。通信プロトコルとして,速度重視の場合はUDP,インフラの品質が悪い場合やHTTP Proxyを経由したい場合はTCPといったように使い分けができます。またIPルーティング方式およびブリッジ方式のいずれの方法にも対応するなど,柔軟なネットワークを構築することができます。

UT-VPN

UT-VPNは公開が2010年6月からと日が浅いですが,その実態はソフトイーサ⁠株⁠が開発/販売している「PacketiX VPN」をオープンソース化したものであり,商用ソフトウェア相当の高い品質を持ったソフトウェアと言えます。なおPacketiX VPNの完全なオープンソースというわけではなく,法人向けのいくつかの機能が除去されています。

機能としてはOpenVPNで可能な内容がほぼ網羅され,さらにIPv6への完全対応や充実したフィルタリング機能など,VPNソフトウェアとして本格的な機能が多数搭載されています。また設定用のGUIが提供されており,初めてのVPN導入においても非常に使いやすいものになっています。

OpenVPNの導入と設定

今回の記事では,2つの拠点間をブリッジ方式で構築してみたいと思います図1)⁠

図1 ネットワーク構成図

図1 ネットワーク構成図

ブリッジ方式では,別々の拠点にあるネットワークを同一のEthernetセグメントとして接続することから,L2(レイヤ2)-VPNとも呼ばれる方式です。同一のEthernetセグメント,つまり同一のスイッチングハブに接続している状態と同じになりますので,ブロードキャストパケットや非IPのパケットであっても通信を行うことができます。

また,このような接続のもうひとつのメリットとしては,ルーティング設定を行わなくても通信が可能になるため,拠点間のVPN化が容易に実現できることが挙げられます。以上のような特徴から,冒頭で申し上げたようなIaaSサービスと顧客を結ぶ手段としても最適と言えます。

OpenBlockSの基本設定

OpenBlockS 600にルータとしての機能も担わせるため,PPPoEの設定を行います。また直接インターネットに接続する装置になるため,ファイアウォール設定もあわせて実施します。

ネットワーク

Webインターフェースを開き,ネットワークの基本設定図2を表示してください。図1のネットワーク構成図に従い,Ether-0をPPPoEクライアントとして設定します。Ether-1については,OpenVPNに関する設定の中で行うため,ここでは未使用に設定しておきます。

図2 PPPoEの設定

図2 PPPoEの設定

ファイアウォール

同じくWebインターフェースでファイアウォールの基本設定図3を表示してください。対象のネットワークI/Fに⁠PPPoE⁠を選択し,その他UDPPortの許可とその他TCP Portの許可に,OpenVPNの通信ポートである⁠1194⁠を指定します。

UDPとTCPの両方を設定しますが,実際に利用するのは一方です。ここではTCPとUDPの性能差測定のため,あらかじめ両方を登録しておきます。 PPPoE,ファイアウォールの設定が完了したら,画面の指示に従って再起動を行い,設定どおりに動作していることを確認してください。

図3 ファイアウォールの設定

図3 ファイアウォールの設定

OpenVPNの導入

導入はWebインターフェース上のアプリケーションマネージャ図4を利用します。オープンソースバイナリのリストは多数表示されますので,ファイル名のフィールドに⁠openvpn⁠と入力すれば絞り込みが行えます。

図4 アプリケーションマネージャ

図4 アプリケーションマネージャ

リストの絞り込みによりopenvpnが表示されますので,インストールボタンの押下で導入を行ってください。図5の画面に遷移しますので,ここで実行ボタンを押下することで,パッケージのダウンロードとインストールが行われます。

図5 openvpnのインストール

図5 openvpnのインストール

コメント

コメントの記入