Pacemakerでかんたんクラスタリング体験してみよう!

第2回 Pacemakerをインストールしてみよう![構築基本編]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 9 分

はじめに

第1回では,「Pacemakerって何?」からその歴史までをご紹介しました。今回は,Pacemakerの構築,設定をステップ by ステップで進めていきたいと思います。ぜひ,手元にコンピュータをご用意してください。自分の目で確認しながら進めていただければ,理解もぐっと深くなるでしょう。

全体の流れは次の通りです。

  • Pacemakerのインストール
  • クラスタ制御機能(Heartbeat)の設定
  • リソース制御機能(Pacemaker)の設定

クラスタ制御機能にはCorosyncとHeartbeatバージョン3を選択できますが,今回はHeartbeatバージョン3を使用します。リソース制御機能では,ApacheのHAクラスタ設定を行います。ただし,今回は設定手順の流れを理解していただくため,設定内容は基本的なものに限定します。また,故障が起きたときの動作や復旧手順については,第4回で説明しますので,楽しみにお待ちください。

マシン環境を準備できる方は,最小インストールのCentOS5.5(x86_64)のサーバ2台を用意してください。仮想環境で準備してもらえれば十分です。私がVMware Playerで準備した環境は表1の通りです。

表1 サーバスペック

CPU数1
メモリ1GB
ディスク10GB
NIC数3
OSCentOS5.5(x86_64)

説明の都合上,サーバ名はpm01とpm02とします。ネットワーク設定は表2の通りです。

表2 ネットワーク設定

ネットワークアドレス /ネットマスク長用途仮想IPpm01のIPアドレス(デバイス)pm02のIPアドレス(デバイス)
192.168.68.0 /24サービスLAN192.168.68.100192.168.68.101 (eth0)192.168.68.102 (eth0)
192.168.32.0 /24インターコネクトLAN192.168.32.101 (eth1)192.168.32.102 (eth1)
192.168.64.0 /24インターコネクトLAN192.168.64.101 (eth2)192.168.64.102 (eth2)

NICは3つ使用します。1つはサービス提供用,残りの2つはインターコネクト通信用です。ネットワーク構成は図1のようになっているとし,サーバからインターネット接続できるようにしてください。

作業はrootユーザで行います。sshでリモート作業する場合には,必要に応じてパスワード入力してください。 作業用にサーバpm01で,ターミナルを1つ起動してください。ほとんどの作業はこのターミナルで行います。

図1 ネットワーク構成

図1 ネットワーク構成

Pacemakerのインストール

第1回でPacemakerは複数のコンポーネントの組み合わせとして提供されるという話をしました。そこで,Linux-HA Japanでは,必要なrpmがすべて入ったyumリポジトリPacemakerリポジトリパッケージを配布しています。このyumリポジトリにはLinux-HA Japanで開発したオリジナルパッケージも含まれています。

図2 Linux-HA Japan Pacemakerリポジトリパッケージ

図2 Linux-HA Japan Pacemakerリポジトリパッケージ

Linux-HA Japan(図2)にアクセスし,Pacemakerリポジトリパッケージをダウンロードします。ダウンロードしたファイルを,サーバpm01に転送します。

この後,サーバpm01上での作業に移ります。Pacemakerリポジトリパッケージはカレントディレクトリにあるとします。これを/tmpに展開し,yum でインストールします。

# tar zxvf pacemaker-1.0.10-1.4.1.el5.x86_64.repo.tar.gz -C /tmp
# yum -c /tmp/pacemaker-1.0.10-1.4.1.el5.x86_64.repo/pacemaker.repo install pacemaker heartbeat pm_extras

オリジナルパッケージpm_extrasを追加することで,インターコネクトLAN故障が標準ツールで見えるようになります。

サーバpm02にもリポジトリパッケージを展開し,Pacemakerをインストールします。作業中のターミナルから次のコマンドを実行してください。

# gzip -cd pacemaker-1.0.10-1.4.1.el5.x86_64.repo.tar.gz | ssh pm02 tar xvf - -C /tmp
# ssh pm02 yum -c /tmp/pacemaker-1.0.10-1.4.1.el5.x86_64.repo/pacemaker.repo -y install pacemaker heartbeat pm_extras

Pacemakerの自動起動をオフにします。

# chkconfig --level 2345 heartbeat off
# ssh pm02 chkconfig --level 2345 heartbeat off

Pacemakerの自動起動は,オン/オフ両方の運用がありえます。オンの場合は,サーバ再起動後には自動的にクラスタに組み込まれます。オフの場合は,手動でPacemakerを起動します。故障が原因で再起動したときに,その原因を調査したい場合はオフの運用がいいでしょう。

著者プロフィール

三井一能(みいかずよし)

NTTオープンソースソフトウェアセンタ所属。Linux-HA Japanプロジェクトには2年前から参加。

インフラエンジニアたるもの自宅サーバのメンテにも余念がない。だが,口ぐせからか,妻は私の趣味がアップデートとインストールと思い込んでいる。

コメント

コメントの記入