R Markdownで楽々レポートづくり

第3回 レポつく自由自在~R Markdown基礎文法最速マスター

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

はじめに

前回までの記事でシンプルなレポートの作成方法はわかってもらえたと思います。ですが,文章ベタ書きのレポートでは読み人に親切とは言えません。見出しや箇条書きなど,わかりやすい文章構造でレポートを記述する必要があります。また,デフォルトの設定では,グラフのサイズが小さすぎる,レポートにコードが表示されている,などなど,あなたが思い描く理想のレポートには程遠いと感じるかもしれません。

R Markdownには,そんなあなたの要望を叶えてくれる機能が盛りだくさんです。例えばドキュメント部分で見出しやリスト,表を使いたい,グラフを大きく表示したい,結果だけ見せてコード部分はレポートに表示したくない,コストの掛かる処理をキャッシュして効率化したい,といったことが簡単に実現できます。

そこで今回と次回はR Markdownの文法として,ドキュメント部分の体裁を整えるためのMarkdown記法,コードチャンクの処理を制御するためのチャンクオプション,レポート出力を制御するためのパッケージオプション,R Markdownファイルの分割と統合,レポートのメタ情報の設定方法など,レポートづくりを更に効率化して,レポートの体裁をより良く整える方法について説明します。

なお,今回のタイトルは御存知の通り基礎文法最速マスターに倣ったものです。今まで内緒にしていましたが,この中のR 基礎文法最速マスターを作成したのは実は筆者です。いい加減な仕事ぶりが著者の人柄をよく表していますね。

Markdown記法

Markdownとはシンプルなテキストによって文書構造を記述するための軽量マークアップ言語です。記述が簡単なHTMLのようなものだと思ってもらえばいいでしょうか。見出し(ヘッダ)⁠箇条書きリスト,番号付きリスト,テキスト修飾,表,画像,ハイパーリンクなどを簡単な記法で表現できます。マークダウンにはいくつか方言がありますが,R Markdownでは文書の変換にpandocを使っているので,pandoc拡張マークダウンでドキュメントを記述します。

ここではレポート作りに役立つ記法を抜粋して紹介します。既にMarkdown記法に精通している方は読み飛ばしてください。

段落

ただの改行はスペースに変換されます。空白行が段落区切りになります。強制改行したい場合は,行末に半角スペースを2つ続けます(下の例では「そ」の後ろに半角スペース2つが入っています)⁠

あいうえお
かきくけこ

さしすせそ  
たちつてと

あいうえお かきくけこ

さしすせそ
たちつてと

見出し(ヘッダ)

行頭に#(シャープと半角スペース)でヘッダです。#を重ねることで最大レベル6ヘッダまで指定できます。

# レベル1ヘッダ
## レベル2ヘッダ

リスト

行頭に*で箇条書きリスト,行頭に1.などで順序付きリストです。行頭に4つの半角スペースを入れることで入れ子もできます。

* ビール
* ワイン
    * 白ワイン
    * 赤ワイン
* 日本酒

1. 食べる 
1. 飲む
    1. 酔う
    1. 寝る
1. 太る

(HTMLでは)次のように出力されます。

  • ビール
  • ワイン
    • 白ワイン
    • 赤ワイン
  • 日本酒
  1. 食べる
  2. 飲む
    1. 酔う
    2. 寝る
  3. 太る

水平線

レポートの見た目を整えるのに,水平線はワリと便利です。3つ以上の-(ハイフン)です。

---

テキスト修飾

文字列を記号で囲むことで就職修飾できます。

これは*強調*でこれは**強い強調**でこれは~~とりけし~~でこれは`文字通りの出力`で上付き下付きη_p_^10^など。

これは強調でこれは強い強調でこれはとりけしでこれは文字通りの出力で上付き下付きηp2など。

著者プロフィール

高橋康介(たかはしこうすけ)

東京大学先端科学技術研究センター特任助教。専門は認知科学,認知心理学,認知神経科学。どうやったら人が幸せな気持ちになれるのか研究中。著書に「R言語上級ハンドブック」(分担執筆・C&R研究所),「ドキュメント・プレゼンテーション生成」(共立出版)。趣味はラテ・アート。

コメント

コメントの記入