R Markdownで楽々レポートづくり

第8回(最終回) RStudioでお手軽レポートづくり

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

はじめに

これまでの連載ではテキストエディタなどでR Markdownの.Rmdファイルを作成して,生Rのコンソールやバッチでレポート出力するという作業を想定していました。レポート作成がルーチンワークになっていればこれはこれで便利です。しかし,探索的な解析をしながらレポートを作りたいといった場合,Rコード片の記述・評価を行いながら,必要なものをレポートに載せていく,という作業になるため,シンプルで最低限の機能のみを実装した生Rは決して使いやすいものではありません。

ではどうするか。レポート作成環境とRコードの実行環境の共存のために,意識の高い我々は生Rを捨て去り,RStudioを使いましょう。RStudioはRでデータ解析を行うための統合解析環境ともいうべきもので,次のような機能を提供します。

  • コード記述支援(コード補完・スマートインデント・関数定義へのジャンプ)
  • プロジェクト機能(非常に便利)・バージョン管理との統合
  • デバッグ支援
  • 変数ビューア(エクセル信者必見!)
  • 変数リスト・ファイルリスト
  • レポート作成支援

RStudioの歴史はそれほど古くはないのですが,現在ではRの統合環境のデファクトスタンダードの地位を確立しつつあり,Rユーザに幅広く利用されているようです(但しESS信者は除く)。一部の機能については「ドキュメント・プレゼンテーション生成」(シリーズ Useful R 9,共立出版)でも取り上げています。

今回はレポート作成支援にフォーカスしてRStudioの便利機能を紹介します。

インストール

RStudioにはデスクトップ版とサーバ版がありますが,今回はデスクトップ版をインストールします。RStudioのダウンロードサイトからお使いのプラットフォーム用のインストーラをダウンロードしてインストールしてください。本連載執筆時の最新バージョンはRStudio Desktop 0.99.467です。今回はこの最新バージョンを基に解説します。

RStudioの基本

RStudioは4ペイン構成となっています(図1)。各ペインに割り当てられる機能はカスタマイズできますが,デフォルトでは左上がエディタ・変数ビューア,左下がコンソール,右上が変数リスト・履歴等,右下がプロット・ヘルプ・ファイルリストなどです。

図1 RStudioの画面

図1 RStudioの画面

R Markdownの新規作成

R Markdownファイル(.Rmd)を新規作成するには,メニューから[File]-[New File]-[R Markdown]を選択します。エディタ左上の+ボタンのアイコンからも選ぶことができます。新規作成ダイアログ(図2)が開くので,ここで[Document]を選択して,タイトルや著者,出力フォーマットなどのメタ情報を入力します。これらのメタ情報は.Rmdファイルのフロントマターに出力されるだけなので,後から自由に修正・変更できます。

図2 R Markdownの新規作成

図2 R Markdownの新規作成

ここではHTMLレポートを選択しておきましょう。[OK]をクリックすると,エディタパネルにテンプレートの.Rmdファイルが新規作成されます(図3)。ファイル先頭に先ほど入力したメタ情報が自動的に埋め込まれていています。また,フロントマター以外(青で選択された部分)は必要ないので,速攻で削除しましょう。

図3 エディタパネルに作成された.Rmdファイル

図3 エディタパネルに作成された.Rmdファイル

著者プロフィール

高橋康介(たかはしこうすけ)

東京大学先端科学技術研究センター特任助教。専門は認知科学,認知心理学,認知神経科学。どうやったら人が幸せな気持ちになれるのか研究中。著書に「R言語上級ハンドブック」(分担執筆・C&R研究所),「ドキュメント・プレゼンテーション生成」(共立出版)。趣味はラテ・アート。

コメント

コメントの記入