国内最大級のロックフェス『RISING SUN ROCK FESTIVAL in Ezo』Wi-Fiサービスの舞台裏 ─さくらインターネットの挑戦

第2回 「RISING SUN ROCK FESTIVAL」を支えるWi-Fiネットワークのオモテとウラ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今回は「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in Ezo」⁠RSR)の1日目に参加して,会場内のアクセスポイント(AP)の様子を取材したレポートをお届けします。また,会場のすぐ隣にある石狩データセンターにも足を運び,フェス参加者からのアクセスを処理する機器およびデータセンター全体の模様についてもお伝えしたいと思います。

RSR 2015開幕! 長丁場に欠かせない設備たち

RSRの会場は広大で,端から端まで歩こうとすると1時間近くもかかってしまうほどです。その広い敷地に計7つのステージが立ち,100を超えるバンドが代わる代わるライブを行います。演目は深夜あるいは早朝まで続き,フェス参加者は会場内にテントを張って寝泊まりしつつ,音楽を聴きながら日の出を迎えます。

会場入り口「HEAVEN⁠S GATE」

会場入り口「HEAVEN’S GATE」

会場の様子

会場の様子

最大規模のステージ「SUNSTAGE」

最大規模のステージ「SUNSTAGE」

有名アーティストも続々登場する「RED STAR FIELD」

有名アーティストも続々登場する「RED STAR FIELD」

さくらインターネットのAPは計7ヵ所,各ステージをカバーするように設置されていました。ソーラーパネルと一体になった無線LAN装置「ポジモ」でWi-Fiを張り,連載第1回で紹介したFWAを使って無線でデータセンターに中継しています(1ヵ所については有線接続)⁠

会場に設置されたWi-Fi/充電スポット

会場に設置されたWi-Fi/充電スポット

電源設備不要のWi-Fiアクセスポイント「ポジモ」

電源設備不要のWi-Fiアクセスポイント「ポジモ」

APのテントでは無料の充電スポットも用意されていました。会場から出ずに2日間通しでフェスを楽しむ人も多く,無料の充電スポットは重宝する人が多かったのではないでしょうか。

無料充電スポットに用意された充電用コンセント

無料充電スポットに用意された充電用コンセント

今回のRSRでは会場マップやタイムテーブル,最新ニュースなどが確認できる公式アプリがリリースされました。広い会場で目当てのバンドを効率的に回るにはとても便利です。Wi-Fiスポットの近くでは,アプリを起動している参加者を多く見かけました。

RSR公式アプリの画面

RSR公式アプリの画面

Wi-Fiアクセスで公式アプリから最新ニュースを確認できる

Wi-Fiアクセスで公式アプリから最新ニュースを確認できる

著者プロフィール

中田瑛人(なかたあきと)

Software Design編集部所属。2014年 技術評論社入社。

コメント

コメントの記入