連載

エンジニアに捧げる起業幻想

 

  • 第10回 幻想ではない起業を目指す
    • この連載で伝えたかったこと
    • 期待値の算出の仕方
    • 幻想ではない起業を目指す

    2014年11月10日

  • 第9回 起業の理想と現実~失敗だらけの体験談
    • 私自身のエンジニアとしてのキャリア
    • 技術担当取締役として初めて経営に触れる
    • 初めての起業はアメリカで
    • 2度目の起業で経験したこと
    • 経験があったことのメリット・デメリット

    2014年10月23日

  • 第8回 起業で失敗しない1つの前提と4つの要素
    • 前提は「起業は手段である」ということ
    • 起業の前提:市場=ビジネスモデル
    • ビジネスモデル実現に必要な4つの要素
    • 1つの前提と4つの要素

    2014年10月10日

  • 第7回 エンジニアは資金調達も苦手
    • キャッシュを増やす方法
    • 借り入れと増資の本質
    • 資金調達は開発と同じ
    • 知っておきたい制度融資
    • エンジェル投資家の存在
    • ネームバリューという幻想

    2014年9月24日

  • 第6回 エンジニアはチームづくりが下手
    • 事業を構成する「アイデア」と「仕組み」
    • 成功につなげるための仕組みづくり・チームづくり
    • エンジニアはなぜチームづくりが下手なのか?

    2014年9月10日

  • 第5回 エンジニアは金勘定が苦手
    • エンジニアの起業がうまくいかない場合の理由
    • 金勘定について考える
    • 大事なのは市場規模と市場価値
    • 事業が成立する市場かどうか?判断のポイントは「消費」
    • 消費の総和が市場となる

    2014年8月13日

  • 第4回 一番大事なお金のキホン~起業と資金繰り
    • 株式会社を設立すること
    • 資金とは何なのか?
    • 資金について
    • キャッシュがあるかぎり会社は続けられる
    • まとめ

    2014年7月31日

  • 第3回 目先の自由と社会的意義
    • 自由になるための起業とは
    • 筆者が考える自由のための起業の問題点
    • 起業・独立にはらむリスク
    • そもそも自由の獲得は良い選択肢なのか?
    • 目先の自由・身の回りの幸せだけではない,全体を見て考え,参加する意識

    2014年7月11日

  • 第2回 起業とは事業を継続して展開すること
    • 起業におけるエンジニア特有のコト
    • 起業とは事業を起こすこと
    • 収益を左右するのは「市場」
    • 自分の理想だけで起業して良いのか
    • 起業はあくまで手段

    2014年6月27日

  • 第1回 昨今の起業ブームについて
    • 起業に対する1つの考え方
    • 起業ブーム
    • 起業にまつわるストーリーは「プラスの話のほうが流通しやすい」
    • 起業を支援する人たちは情報発信が好き
    • 起業ブームという1つの社会現象を考える

    2014年6月13日

 

著者プロフィール

山崎徳之(やまざきのりゆき)

青山学院大学卒業後,アスキー,So-netなどでネットワーク,サーバエンジニアを経験。オン・ザ・エッヂ(現ライブドア)のデータセンターである「データホテル」を構築,運営。2003年にベイエリアにおいてVoIPベンチャーであるRedSIP Inc.を創業。2006年6月に株式会社ゼロスタートコミュニケーションズ(現 ZETA株式会社)を設立,代表取締役就任(現任)。ECソリューションの「ZETA CX」シリーズとして検索エンジンやレコメンドエンジンを開発,販売している。

blog:http://blog.zaki.jp/
社長コラム:https://zetacx.com/column