Ubuntu Weekly Recipe

第6回 デスクトップのカスタマイズ(1):Ubuntu/Kubuntu/Xubuntuの切り替え/Ubuntu Tweak

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

今回はUbuntuのデスクトップをカスタマイズする方法を紹介します。デスクトップ関連のカスタマイズは多くのアプローチがあるため,何回かに分けて説明していく予定です。

メタパッケージによるUbuntu/Kubuntu/Xubuntu(等)の切り替え

Ubuntuは,採用するデスクトップ環境によって,Ubuntu(GNOME), Kubuntu(KDE), Xubuntu(XFce), OpenGEU(Enlightenment DR17+GNOME)などといったディストリビューションに分けられています注1)。

Ubuntuが複数のディストリビューションに分割されている理由は,「CD1枚で」(=DVDと違って広く普及している,CD-ROMドライブしかない環境であっても)インストールできるように,という発想によるものです。このことにより,インストール時に自分が使いたいデスクトップ環境を選択しなければならない,と思われてしまいがちです。

ですが,「インストール時に使いたいデスクトップ環境を選択しなければならない」というのは誤解です。これらのディストリビューションはUbuntuのパッケージ構成を変更したものであり,インストール後にパッケージインストール操作を行うことでデスクトップ環境そのものを切り替えることができます。お試し的な使い方であれば,この方法でテストしてみてください(後述しますが,完全な切り替えではありません)。

具体的な操作は,Synaptic([システム][システム管理][Synapticパッケージ・マネージャ])を起動して[再読込]ボタンを押してから,以下のパッケージをインストールするだけです(なお,インストールされるパッケージの総量は数百MBに達しますので,高速な回線で作業を行った方がよいでしょう)。これらのインストールにより,Kubuntu, Xubuntuに相当する環境を一括してインストールすることができます。注2

現在のデスクトップに不満がある場合,まずこの方法で自分に合った環境を見つけてみてください。

図1 Xubuntuのログイン画面

図1 Xubuntuのログイン画面

ubuntu-desktopGNOMEベースのデスクトップ
kubuntu-desktopKDEベースのデスクトップ
xubuntu-desktopXFceベースのデスクトップ

また,新規にubuntu-desktopもしくはkubuntu-desktopをインストールした場合,以下の日本語環境用パッケージも導入してください。

ubuntu-desktop-jaubuntu-desktopの日本語環境
kubuntu-desktop-ja-basekubuntu-desktopの日本語環境(通常はこちら)
kubuntu-desktop-jakubuntu-desktopの日本語環境に幾つかのパッケージを加えたフルバージョン(-baseで満足できない人向け)

Synapticからではなく,端末から操作する場合は次のようにします(例はKubuntuの導入です)。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install kubuntu-desktop kubuntu-desktop-ja

なお,デスクトップ環境が起動するまでに表示される「ゲージが右に進んでいく」画面(usplash)は,次のコマンドで変更できます。「xubutu-desktopをインストールしてXFceらしい起動画面になったが,青が好きなのでkubuntuのusplashに戻したい!」といった場合は,次のコマンドを入力して設定を変更します注3)。

$ sudo update-alternatives --config usplash-artwork.so
(表示されるusplashテーマの中から,必要なものを選択します)
$ sudo dpkg-reconfigure linux-image-`uname -r`

図2 Ubuntuのusplash

図2 Ubuntuのusplash

図3 Xubuntuのusplash

図3 Xubuntuのusplash

注1)

OpenGEU(="Geubuntu")は他のものと異なり,今のところオフィシャルなUbuntuプロジェクトの派生ではありません。また,Ubuntu本流のパッケージ以外も含まれているため,現時点では単純なメタパッケージのインストールによってUbuntuからOpenGEUへ切り替える,ということもできません(これはOpenGEU由来のパッケージがUbuntu本流に取り込まれた後に実現される予定です)。UbuntuからOpenGEUに切り替えるためには,OpenGEUのWikiページにある手順を利用してください。OpenGEUからUbuntu, Kubuntuなどへの変更は通常通りメタパッケージのインストールによって可能です。

なお,「Enlightenment」ではなく「Enlightenment DR17」とバージョン番号を含めた形で表記しているのは,大規模な変更が加わったことにより,DR17は既存のEnlightenmentとは次元の異なるWMであると筆者が考えているからです(端的には,『筆者の趣味』です)。

注2)

インストール時には必ず[再読込]もしくはapt-get updateを実行し,リポジトリ情報を最新のものにしてください。*-desktopは大量のパッケージをインストールするため,リポジトリ情報が古いままインストールを行うと,適切なパッケージを見つけられず(その時点で最新ではないパッケージを取得しようとしてnot foundが返り,中途半端な状態になってしまうことがあります),インストールが正常に行えないことがしばしば起こります。

注3)

ここではdpkg-reconfigureでlinux-imageの再設定をしていますが,initramfsを再生成できればupdate-initramfsなどでも構いません。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入