Ubuntu Weekly Recipe

第10回 デスクトップのカスタマイズ(2):GNOME Doによる操作性の改善

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

デスクトップのカスタマイズには,見た目だけではなく,操作性の変更も含まれます。今回はキーボード中心にデスクトップを操作する,GNOME Doというユーティリティに関するレシピです。

ランチャーの利用

Ubuntuが採用しているGNOMEでは,「アプリケーションの実行」というランチャーが用意されています。これは端末からシェル経由で利用するのと同じように,実行ファイル名を入力することでアプリケーションを起動することができます。

図1 「アプリケーションの実行」

図1 「アプリケーションの実行」

このダイアログは[Alt]+[F2]に割り当てられており,どのようなタイミングでも起動できます。

GNOME Doの利用

前述の「アプリケーションの実行」はキーボード主体の操作をする場合に便利ではありますが,あくまで,単にアプリケーションを実行できるだけです。例えばFirefoxのブックマークを開いたり,といった操作は行えませんので,キーボードから手を離し,マウスで操作を行う必要があります。

キーボード主体で操作を行いたい場合,GNOME Doというランチャソフトウェアを導入することで,マウスに手を伸ばす機会を大きく減らすことができます。GNOME Doは,Mac OS Xで利用できる,Blacktree Softwareの"Quicksilver"に似たソフトウェアです。

GNOME Doのインストール

GNOME DoはUbuntuの公式リポジトリにはありませんので,インストールは次のように行います注1)。

まず,リポジトリにGNOME Doを含むPPA(Personal Package Archives注2))のapt-lineを追加します。/etc/apt/sources.listの末尾に,次の2行を追加してください。

deb http://ppa.launchpad.net/do-core/ubuntu gutsy main
deb-src http://ppa.launchpad.net/do-core/ubuntu gutsy main

リポジトリ情報を更新し,インストールを行います。

$ sudo apt-get update 
$ sudo apt-get install gnome-do

GNOME Doはバックグラウンドで動作させる必要がありますので,[システム][設定][セッション]を開き,[追加]ボタンをクリックします。「新しく自動起動するプログラム」で,「名前」に"GNOME Do",「コマンド」に"gnome-do --quiet"と入力します。

図2 自動起動するプログラム

図2 自動起動するプログラム

なお,スクリーンショットでは「説明」GNOME Doのサイトにあるうたい文句である,"A powerful, speedy, and sexy remote control for your GNOME Desktop." という文字列を入力してありますが,省略しても構いません。

設定後,一旦ログアウトして再ログインすることで,自動的にGNOME Doがバックグラウンドで動作します。[Alt]+[F2]からアプリケーションの実行ダイアログを呼び出し,"gnome-do --quiet"を実行すれば再ログインを省略できます。

注1)

7.10まではこのようにPPAのapt-lineを手動で設定する必要がありますが,8.04からはGNOME Doが公式リポジトリに含められますので,/etc/apt/sources.listの修正は不要になります。

ただし,公式リポジトリよりもPPAの方が新しいバージョンが収められる可能性が高いため,無駄にはならないと考えられます。

注2)

PPAとはLaunchpad(Ubuntuなどの開発の中心となっている,オープンソースソフトウェアの開発のために,ポータル兼BTS兼フォーラム兼etcを提供するサイト)上で提供されているサービスで,個人が作成したパッケージをビルドし,さらにリポジトリとして利用できるようにするものです。

GNOME Doの基本操作

GNOME Doの操作は,[Windows]+[Space]から開始します。このキーシーケンスを入力することで,次のようなGNOME Doの初期画面が表示されます。

もしWindowsキーが存在しないキーボードを利用している場合は,gconf-editorで/apps/gnome-do/preferencesエントリを修正してください

図3 GNOME Doの初期画面

図3 GNOME Doの初期画面

この状態でキーボードから文字列を入力すると,GNOMEのアプリケーションメニュー・Firefoxのブックマークなどから,マッチするエントリをインクリメンタルに選択することができます。

以下は筆者の環境で,"fir"まで入力することにより,アプリケーションメニューの"Firefox ウェブ・ブラウザ"にマッチさせたところです。インクリメンタルサーチですので,"f"の時点では"FLV"ディレクトリに,"fi"でゲームに含まれる"Five or More"に,"fir"でFirefoxにマッチしています。ここで[Enter]キーを押下することで,Firefoxが起動します。

図4 "f"でFLVにマッチ

図4 

図5 "fi"でFive or Moreにマッチ

図5 

図6 "fir"でFirefoxにマッチ

図6 

入力する文字列が「URLらしきもの」,たとえば"gihyo.jp"などであればブラウザを用いてhttp://gihyo.jpを開く,という処理になりますし,ブックマークや「最近開いたドキュメント」にもマッチし,FirefoxやNautilusで開くことができます。また,マッチしたものが想定しているものと異なる場合は,キーボードの[↑][↓]を入力することで,他候補を表示させることができます。他候補を選択したら[Enter]キーを押してください。

これにより,文章作成中の調べ物のためにブラウザを立ち上げる場合などには,マウスに手を触れずに操作を行うことができます。

具体的には,[Windows]+[Space]でGNOME Doを立ち上げ,"google.co.jp"と入力して[Enter]でFirefoxが起動します。あとは[Alt]+[Tab]でウインドウを切り替え,検索文字列を入力してください。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入