Ubuntu Weekly Recipe

第12回 ポインティングデバイスのカスタマイズ(1):トラックポイント・タッチパッドのカスタマイズ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

一般的なデスクトップユースでは,マウスやトラックポイント(ポインティング・スティック)・タッチパッドといった,ポインティングデバイスは欠かせません。今回はこうしたポインティングデバイスのうち,ノートPCで利用される,ポインティング・スティック(ポインティング・スティック)とタッチパッドのカスタマイズについて説明します。

トラックポイント(ポインティング・スティック)

トラックポイント(一般名称は「ポインティング・スティック」ですが,本稿ではこれを「トラックポイント」と呼ぶことにします)は,キーボードの[H]・[J]キーの間に小型のジョイスティックを配置し,これを操作することでポインタを操作する形式のデバイスです。

現在のノートPCではそれほど採用数が多くなく,Lenovo(旧IBM)のThinkpadシリーズや,DellのLatitudeシリーズのモバイル向けモデル,HPのMobile Workstationシリーズや,Unicomp社のキーボードなどに搭載されています。『Thinkpadに搭載されている赤いぽっち』と言えば大抵の人がわかると思われます。

 トラックポイントの写真

トラックポイントの写真

ホイールエミュレーション(縦)

Ubuntuでもトラックポイントは標準インストールで利用できますが,デフォルト状態では「マウスホイールに相当するスクロール機能」がありません。このため,ブラウザなどで縦に長いページをスクロールするには,キーボードを操作するか,あるいはスクロールバーをクリックして操作する必要があります。

Thinkpadなどのように3ボタン構成のトラックポイントでは,多くのメーカーの工場出荷時設定では(つまり,Windowsでは)「中ボタンを押しながらトラックポイントを操作する」ことで,マウスホイール操作に代替するように設定されています。

同じことがUbuntuでも可能です。/etc/X11/xorg.confの「Section "InputDevice"」に,以下の設定項目を追加します。

Option          "EmulateWheel"  "true"
Option          "EmulateWheelButton"    "2"

追加後,[Ctrl]+[Alt]+[Backspace]でXを再起動してください。この設定を行うことで,中ボタンを押しながらトラックポイントを操作すると,ホイールマウスと同様の縦スクロールを利用することができるようになります。

なお,[Fn]もしくは[Ctrl]を押しながらトラックポイントを操作することで,ハードウェアレベルで実現されたホイールエミュレーションが利用できる可能性もあります。設定を行う前に試してみてください。

ホイールエミュレーション(横)

また,さらに以下の設定を追加することで,トラックポイントを用いた横スクロールを行うことができます。

Option          "YAxisMapping"        "4 5"
Option          "XAxisMapping"        "6 7" 

ただしFirefoxなどのGecko系ブラウザでは,横マウスホイールは「進む」・「戻る」に割り付けられています。このため,この設定を行うと誤操作が誘発される恐れがあります。Firefoxの場合は以下の設定を行い,この設定を無効にしてください(Firefox3では不要です)。

$ cat 'mousewheel.horizscroll.withcontrolkey.action = 3;
mousewheel.horizscroll.withcontrolkey.numlines = 1; 
mousewheel.horizscroll.withcontrolkey.sysnumlines = true;
mousewheel.horizscroll.withnokey.action = 0;
mousewheel.horizscroll.withnokey.numlines = 1;
mousewheel.horizscroll.withnokey.sysnumlines = true;
mousewheel.horizscroll.withshiftkey.action = 1;
mousewheel.horizscroll.withshiftkey.numlines = 1;
mousewheel.horizscroll.withshiftkey.sysnumlines = true;' >> ~/.mozilla/firefox/*.default/users.js 

タッチパッドのカスタマイズ

多くのノートPCに搭載されているタッチパッドにも,幾つか設定を行う余地があります。

gynapticsの導入

タッチパッドの設定を行う場合,Synaptics(Synapticパッケージマネージャと名前が似ていますが,別物です)の設定コンソール(GSynaptics)を導入するのが便利です。次のようにしてインストールしてください。もちろんSynapticからもインストール可能です。

なお,Kubuntuユーザの場合は「Ksynaptics」という同等の設定ユーティリティがありますので,そちらを利用してください(GSynapticsも動きますが,GNOME環境一式とともにインストールする必要があります)。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install gsynaptics

また,このままでは設定コンソールが動作しませんので,/etc/X11/xorg.confの「Section "InputDevice"」に,以下を追加し,[Ctrl]+[Alt]+[Backspace]でXを再起動してください。

    Option        "SHMConfig"   "true"

インストールしたGSynapticsには,[システム][設定][タッチパッド]からアクセスできます。

GSynapticの設定画面(一般)

GSynapticの設定画面(一般)

なお,「タッチパッドを有効にする」というチェックボックスを誤ってOffにすると,その瞬間からタッチパッドが機能しなくなるため,注意してください。この状態に陥った場合,USBマウスなどを接続して解決するのが良いでしょう(キーボードのみで[tab]キーによるフォーカス移動を駆使して,チェックを有効にすることもできますが,身近にあればUSBマウスを接続してしまうのをお勧めします。なければキーボードで頑張ってください)。

なお,Lenovo Thinkpadの一部機種のように,タッチパッドとトラックポイントの両方が搭載されている機種の場合,この設定でタッチパッドをOffにした方が使いやすい,という方もいらっしゃるかもしれません。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入