Ubuntu Weekly Recipe

第22回  PDFの活用:PDFプリンタ・pdftk

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

PDFファイルの操作――pdftkの利用

Adobe Acrobatを利用してPDFを扱う場合,パスワードを設定したり,PDFファイルを分割したり,あるいは複数のPDFファイルを結合する,といった操作を行うことができます。こうした操作はpdftkを利用することで可能になります。次のコマンドを用いるか,Synapticからインストールしてください。

$ sudo apt-get install pdftk

PDFファイルを分割する

まずPDFファイルの分割方法から見ていきましょう。これは,⁠PDFの1ページ目のみを取り出したい」といった場合に用いる操作です。

以下は,PDFの2ページ目を,split.pdfというファイルに保存する例です。

$ pdftk 276.pdf cat 2 output split.pdf

pdftk --helpを実行することで確認できるサンプルにもありますが,以下のようにすることで,特定のページだけを除去することもできます。例では13ページ目のみを除去しています。

$ pdftk 276.pdf cat 1-12 14-end output split.pdf

PDFファイルにパスワードを設定する

pdftkを用いることで,PDFファイルにパスワードを設定することができます。

以下では,PDFのオーナーパスワード(⁠権限パスワード」⁠「gihyo」⁠ユーザパスワード(⁠文書を開くパスワード」⁠「test」を指定しています。こうすることで,⁠ユーザパスワードを知らないと,開くことができないPDF』を作ることができます。

なお,こうした辞書に掲載されている単語をパスワードとして用いることはパスワードの意味がありませんので,実際に利用される場合は適切なパスワードを利用してください。

$ pdftk 276.pdf output 276_enc.pdf encrypt_128bit owner_pw gihyo user_pw test

PDFファイルのパーミッションを指定する

PDFでは,印刷の許可・編集の許可・テキストのコピーの許可といった形で,PDF上で行える操作を制限することが可能です。pdftkを用いることでこれらを変更することができます。

この機能はオーナーパスワードで保護するのが基本ですので,パスワードの設定と併せて行う必要があります(オーナーパスワードで保護されていなければ,これらの許可属性は自由に変更できますから,操作を制限することができません)⁠

以下は『誰でも閲覧できるが,印刷や編集といった操作は行えないPDF』を作成する例です。

こうして作成されたPDFファイルである「276_enc.pdf」は,オーナーパスワードである「gihyo」を知らない限り,印刷などを行うことはできません。

$ pdftk 276.pdf output 276_enc.pdf allow ScreenReaders encrypt_128bit owner_pw gihyo

作成したPDFをAdobe Readerで開き,⁠ファイル]⁠⁠プロパティ]とたどり,⁠セキュリティ」タブから確認すると,図7のように,印刷などの操作が禁止されていることが確認できます。

図7 印刷だけを許可するセキュリティ属性

図7 印刷だけを許可するセキュリティ属性

複数のPDFファイルを一つにまとめる(結合)

整理の都合で,複数のPDFファイルを一つにまとめたいこともあります。これは以下の操作で可能です。

$ pdftk 276.pdf 277.pdf cat output 276_plus_277.pdf

この例の場合,276.pdfの後ろに277.pdfをつなげ,⁠276_plus_277.pdf」という新しいPDFファイルを作成しています。例では2つのファイルだけを指定していますが,さらに多くのPDFファイルを結合することも可能です。結合したいPDFファイルが格納されたディレクトリで以下を実行すると,そのディレクトリ内にあるすべてのPDFファイルを結合することができます。

$ pdftk *.pdf cat output conbined.pdf

PDFのちょっとした編集

PDFファイルにした後で,ちょっとした誤字脱字の修正や,用紙の向きの変更を行いたいこともあるでしょう。そのような場合にはpdfeditコマンドを利用すると,GUIで修正を行うことができます。次のコマンドを用いるか,Synapticからインストールしてください。

$ sudo apt-get install pdfedit

インストール後は,⁠アプリケーション]⁠⁠グラフィックス]⁠⁠PDF Editor]とたどることでpdfeditを起動できます。端末などから起動する場合は,pdfeditコマンドを実行してください。

起動すると図8のような画面になりますので,編集したいPDFを読み込み,必要な操作を加えて保存,といった形で利用します。

図8 pdfeditによる編集

図8 pdfeditによる編集

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。