Ubuntu Weekly Recipe

第29回 スクリーンショットを扱う・作業を記録する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

操作手順を説明する場合や,自分用の備忘録を作る際など,スクリーンショットを撮って加工する,といった作業を行うことがあります。今回はスクリーンショットの取得・加工など,「作業の様子を記録する」レシピを紹介します。

スクリーンショットの取得

Ubuntuではデフォルトでgnome-screenshotコマンドがインストールされ,[PrtScr]キーを押下することで起動できるようになっています図1)。このコマンドは主に3種類の起動方法があり,それぞれ異なる動作をするようになっています。

(1)[アプリケーション][アクセサリ][スクリーンショットの取得]で起動する。

この操作で起動された場合,細かいパラメータを指定してスクリーンショットの撮影が行えます。実際の動作はウインドウ,もしくはデスクトップ全体を対象にします。

ターミナルや[Alt]+[F2]などから,gnome-screenshot --interactiveとして起動しても同じ効果が得られます。また,コマンドラインから起動する場合,「取得するまでの遅延時間」は--delay=10などとすることで指定することができます(この場合は10秒待ってから撮影します)。

(2) [PrtScr]キーを押す。

デスクトップ全体を即座に撮影します。gnome-screenshotコマンドに引数を与えずに起動した状態です。

(3) [Alt]キーを押しながら[PrtScr]キーを押す。

アクティブなウインドウを即座に撮影します。gnome-screenshot --windowと同じ動作です。

図1 gnome-screenshot

図1 gnome-screenshot

これらのうち,(2),(3)はWindowsの基本的な操作と同じです注1)。

注1)
Windowsの場合,これらの操作を行うと,デスクトップ全体,もしくはアクティブなウインドウのイメージがクリップボード上に保存されます。これらをペイントなどの画像加工アプリケーションに貼り付けて保存します。Ubuntuでは直接ファイルに保存される点が異なります。

スクリーンショットの加工

撮影したスクリーンショットはそのままでは扱いにくいので,必要に応じて加工を行う必要があります。多くの場合は画像の切り抜きやモザイク処理などが必要となるでしょう。

こうした加工にはGIMPを用いるのが普通です。[アプリケーション][グラフィックス][GIMP Image Editor]から起動してください。

画像の切り取り

画像の必要な部分だけを切り抜くには,次のように操作します。

まず,GIMPでファイルを開いた状態でRectangle Select Tool(矩形選択ツール; GIMPのメインウインドウ左上の,点線で囲われた四角いアイコンで表示されるツール)を選択します図2)。

図2 矩形選択ツール

図2 矩形選択ツール

このツールを用いて画像の必要な部分を選択し,[画像][Crop to Selection]とメニューをたどります。[Crop to Selection]を実行すると,選択した範囲のみが残りますので,そのまま画像を保存してください。

モザイク加工

あまり見せたくない情報が含まれた画像を加工する場合,次のように行います。

まず,GIMPでファイルを開いた状態で,Rectangle Select Toolでモザイク加工を施したい箇所を選択します。この状態で[フィルタ][ぼかす][選択的ガウシアンぼかし]を実行します。図3では,Rectangle Select Tool以外の部分にぼかしをかけています。

また,このように四角形だけでは構成しきれない範囲を選択するには,[Shift]を押しながら選択ツールを複数回用い,四角形を組み合わせていくと便利です。なお,ガウシアンぼかしはあくまで「ぼかし」ですので,真に重要な情報が含まれる場合,他のぼかしを利用してください。

図3 モザイクの適用

図3 モザイクの適用

範囲を指定したスクリーンショット

あらかじめ必要な箇所がわかっている場合,わざわざスクリーンショットを撮影してから画像を加工するのは少々不便です。おおざっぱな範囲選択で良ければ,Compiz(3Dデスクトップ)の機能を利用するのが便利です。この機能を有効にするにはAdvanced Desktop Effects Settings(CompizConfig設定マネージャ)が必要ですので,以下のコマンドを用いるか,Synapticからcompizconfig-settings-managerをインストールしてください。過去に何度か紹介していますので,既にインストールされている方も多いでしょう。

$ sudo apt-get install compizconfig-settings-manager

インストール後,[システム][設定][Advanced Desktop Effects Settings]を起動し,「エクストラ」グループにある「Screenshot」プラグインを有効にします。

図4 スクリーンショットプラグイン

図4 スクリーンショットプラグイン

この状態で[Meta]キー(多くの場合は[Windows]キーです)を押しながら,マウスの左クリックボタンを押下してください(押し下げたままにしてください)。この状態でマウスを動かすと,最初にクリックボタンを押下した点を起点に,青い四角が表示されるはずです。この選択範囲がそのまま保存されますので,適当な範囲を選択し,ボタンを離してください。

デフォルトの保存先はデスクトップですので,デスクトップ上に「screenshot1.png」といったファイルが作成されているはずです。この機能は厳密な範囲選択は困難ですが,大まかに画像を切り取りたい場合には大変便利な機能のはずです。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

  • 第29回の範囲を指定したスクリーンショットについて

    ubuntuの活用に勉強に利用さしていただいています。
    第29回の範囲を指定してをやてみたのですが、四角に範囲指定はできるのですが、「screenshot.png」ファイルが生成されません。
    「screenshot」プラグインは「エクストラ」のところのアイコンにチェックをいれて有効にしているつもりです。この機能はどうしても使いたいので私の方法が悪いのか又他の方法があるのかおしえてください。

    Commented : #1  uotora (2008/08/20, 19:47)

コメントの記入