Ubuntu Weekly Recipe

第47回 Ubuntuのネットワークインストールとapt-mirrorの活用

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

Ubuntuには様々なインストール手段が用意されていますが,今回はネットワークからインストーラを起動するnetbootインストールの活用の仕方を紹介します。インストールメディアを用意する必要がないため,クライアントマシンの台数が多い企業や学校などで有効に活用できるでしょう。またCDドライブを持たないUMPC等のインストールにも便利です。

インストールサーバの構築

netbootインストーラを使用するためには,ネットワークからクライアントを起動させるためDHCPサーバとTFTPサーバの役割を担うマシンが必要になります。またインストールの対象となるマシンはPXEでのブートに対応している必要があります。

まずサーバとなるマシンを用意します。筆者は自宅にUbuntu 8.04 サーバ版をインストールしたマシンを用意し,インストール用のサーバとして利用しています。

DHCPとTFTPのサーバとして動かすため,以下のコマンドを実行してパッケージをインストールします。DHCPサーバを新規に立ち上げる都合上,ネットワーク上に既存のDHCPサーバがある場合は停止させておく必要があります。ブロードバンドルータなどがDHCP機能を持っている場合は注意してください。

$ sudo apt-get install dhcp3-server tftpd-hpa

/etc/dhcp3/dhcpd.conf にDHCPサーバの設定を記述します。以下はルータ兼DNSが192.168.1.1,自分自身(DHCP,TFTPサーバ)が192.168.1.2のアドレスを持っている場合の例です。domain-name-serversにはDNSサーバ,next-serverにはTFTPサーバのIPアドレスをそれぞれ指定してください。この例ではDHCPサーバとTFTPサーバを同一のマシンで動作させていますが,別マシンで動作させているTFTPサーバを指定することも可能です。詳しくはdhcpd.confのマニュアルを参照してください注1)。

option domain-name "hoge.org";
option domain-name-servers 192.168.1.1;
option subnet-mask 255.255.255.0;
default-lease-time 600;
max-lease-time 7200;
allow booting;
allow bootp;

subnet 192.168.1.0 netmask 255.255.255.0 {
range 192.168.1.100 192.168.1.200;
option broadcast-address 192.168.1.255;
option routers 192.168.1.1;
filename "/pxelinux.0";
next-server 192.168.1.2;
}
注1)
$ man dhcpd.conf でマニュアルが参照できます。

次にTFTPサーバの設定を行います。tftpdをデーモンとして動作させるため,/etc/default/tftpd-hpaファイルを以下のように編集します。

RUN_DAEMON="yes"  # no を yes に変更

設定が完了したら,以下のコマンドでサービスを立ち上げておく必要があります。

$ sudo /etc/init.d/tftpd-hpa start
$ sudo /etc/init.d/dhcp3-server start

インストーラの取得と配置

次にnetbootインストーラを,tftpdが使用するディレクトリに配置します。i386版のUbuntu 8.10のインストーラを以下のアドレスより取得してください。

なお他のアーキテクチャや他のバージョンのインストーラが必要な場合は,http://archive.ubuntu.com/ubuntu/dists/(バージョン名)/main/installer-(アーキテクチャ名)/current/images/netboot 以下で配布されています。

インストーラのtar.gzを取得したら,/var/lib/tftpbootに展開します。

$ sudo tar zxfv netboot.tar.gz -C /var/lib/tftpboot

この状態でクライアントマシンをPXEブートさせると,DHCPサーバからIPアドレスを取得した後にdhcpd.confで設定したpxelinux.0ファイルが読み込まれ,下図のようなインストーラが起動します。後はインストーラの指示通りにインストールを進めていくことになります注2)。

図1

図1

注2)
netbootインストールではGUIを利用したインストーラは使用できません。

著者プロフィール

水野源(みずのはじめ)

Ubuntu Japanese Teamメンバー。理想のフリーデスクトップ環境を求めて東へ西へ……のはずが,気がついたら北の大地で就職していたインフラ寄りのエンジニア。株式会社インフィニットループ所属。

コメント

コメントの記入