Ubuntu Weekly Recipe

第54回 Dell Inspiron mini 9でDell版Ubuntuを活用する(1)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2008年はUbuntuにもいろんなことがあった年でしたが,DellがInspiron mini 9とmini 12にUbuntuをプリインストールし,販売開始したのは特徴的な出来事でした。使用されているUbuntuは,8.04 LTSをベースにCanonical社によってカスタマイズされており,大小さまざまな違いがあります。

今回と次回は,標準のUbuntu 8.04 LTSとの違いや,活用する方法を紹介していきます。なお,筆者はmini 9で検証を行っており,mini 12とは若干異なる部分がある可能性があることをあらかじめご了承ください。

また,以下では,標準のUbuntu 8.04 LTSは「Ubuntu」と,Dell Inspiron mini 9/12用のUbuntu 8.04 LTSは「Dell版Ubuntu」と表記します。

大きな違い

両者の一番の大きな違いは,Dell版UbuntuのアーキテクチャはLPIA(Low Power Intel Architecture)であり,i386ともAMD64とも異なるということです※1)。

バイナリレベルでは今のところi386とほとんど差はないようですが,パッケージレベルで考えた場合,異なったアーキテクチャのパッケージは原則としてインストールできません(次回,そのようなパッケージのインストール方法を紹介します)。

※1)
もっとも,mini 9/12ではAMD64はサポートしていません。

最初に最低限やること

筆者がmini 9を手に入れて真っ先に首をひねったことと,その修正方法です。mini 9/12を手にしたら,まず以下のことを確認してください。

スピーカーから音が出ない

驚くべきことに,購入した状態では音が出ませんでした。現在は修正されているかもしれませんが,念のため確認してみてください。画面右上のスピーカーアイコンをダブルクリックするか,右クリックの「音量調節ツールを開く」をクリックし,音量コントロールを起動してください。これの右端「Speaker」のボリュームが0になっているのが音が出ない原因です。これを適宜調整してください。

右端の"Speaker"が0(オレンジの部分がない)になっているので,上げる

画像

OpenOffice.orgの見た目が違う

OpenOffice.orgもインストールされているのですが,他のGNOMEアプリケーションとは見た目が異なります。これは,OpenOffice.orgをGNOMEに統合する「openoffice.org-gnome」というパッケージがインストールされていないのが原因です。かな漢字変換の候補ウィンドウの出る場所も修正されるので,OpenOffice.orgを使用される場合は必ずインストールしてください。

修正前。配色ばかりではなく,候補ウィンドウが左下に出ていて見づらい

画像

修正後。配色はもちろん候補ウィンドウも本来出ているべき位置に表示されている

画像

ウェブ・ブラウザ

ウェブ・ブラウザのベースは当然Firefoxなのですが,なぜか「ウェブ・ブラウザ」という名称になっています。おそらくYahoo!向けのカスタマイズが施してあるからでしょう※2)。

Yahoo!向けのカスタマイズは痛し痒しで,確かに便利になることもありますが,画面が狭いNetbookにはちょっと不釣り合いであると思うこともあります。そのような場合は,「表示-ツールバー」「Yahoo!Toolbar」のチェックを外すといいでしょう。その上の「ブックマークツールバー」も,必要なければ同様にチェックを外してください。

ちなみに,Adobe Flash PlayerもJavaプラグインもインストール済みです。そればかりではなく,Totemで使われるサウンド関連のプラグインもインストール済みで,多数の動画や音楽ファイルが再生可能です。まさしく「インターネット端末に最適化されている」といっていいでしょう※3)。

Yahoo!向けカスタマイズが施された『ウェブ・ブラウザ』

画像

※2)
Firefoxを名乗るためには守らなくてはいけないことがあります。
※3)
ライセンス的にはやや疑問がありますが。

ディスプレイを閉めてもサスペンドしない設定

デフォルトでは,ディスプレイを閉めるとサスペンドしてしまいます※4)。確かにバッテリの長持ちさせるためには便利かもしれませんが,パッケージのアップグレードなどバックグラウンドで何かを動作させておきたい場合には不便です。

そういった場合,「システム-設定」の一番下にある「電源管理」をクリックしてください。ここの「ノートPCを閉じたら」「ブランク・スクリーンにする」に変更すれば,サスペンドしなくなります。AC電源使用時は「ブランク・スクリーンにする」にし,バッテリー使用時は「サスペンドにする」のままにしておくといいでしょう。

電源管理の設定の設定を開く

画像

※4)
少なくともmini 9では,サスペンドしてしまいました。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。

コメント

  • 日本語Remix版への入れ替えについて

    最近、Dell mini12 Ubuntu dellカスタマイズ版を購入しました。これまでWindowsしか使ってこなかったので、ここの記事や、Forumsの皆さんのアドバイスで何とか使い始めています。DellはUbntuカスタマイズ版のアップデート、バージョンアップはサポートしないと言っているので、どこかの時点で「日本語Remix版に入れ替える必要が出てきそうですが、Forumsの皆さんからは「時期尚早、またはリスクが大きすぎる」といわれています。機会がありましたら、カスタマイズ版から日本語正規版への入れ替えについて解説していだだけると大変ありがたいです。よろしくお願いします。

    Commented : #1  masayuki (2009/03/03, 10:34)

コメントの記入