Ubuntu Weekly Recipe

第62回 Sylpheedを使用する:概要と初期設定

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Sylpheedとは

Sylpheedは数多いMUA(Mail User Agentの略で,いわゆるメールクライアントやメールソフトと呼ばれるもの)の一つで,Sylpheedのサイトでは以下の特徴を持っていることが示されています。

  • シンプルで美しく,洗練されたユーザインタフェース
  • 細部まで作りこまれた快適な操作性
  • 整理された分かりやすい設定項目
  • 軽快な動作
  • 高い信頼性
  • 国際化,多言語対応
  • 高度な日本語処理(文字コードの自動判別,機種依存文字対応等)
  • 多様なプロトコルに対応
  • セキュリティ機能(GnuPG,SSL/TLSv1)
  • 強力なフィルタリング・検索機能
  • 迷惑メール対策機能
  • 外部コマンドとの柔軟な連携

作者は2006年度日本OSS貢献者賞を受賞した山本博之氏※1で,Sylpheedは筆者のような一般ユーザから,Linux KernelのメンテナであるAndrew Morton氏など国内外を問わず多くのユーザがいます。

Ubuntuでは,Sylpheedは特に標準というわけではありませんが,日本語セットアップヘルパで簡単にインストールできますし,最新バージョンの使用もわりと簡単にできます。

今回と次回は,主としてSylpheedのさまざまな機能を紹介していきます。昔と比べて飛躍的に機能が向上しているので,まだ使用したことのない方や,かつて使っていた方にも役に立つと思います。

※1
余談ですが筆者は氏の元同僚であり、現在も非常に親しくさせていただいてます。

インストール

日本語RemixあるいはUbuntu Japanese Teamリポジトリからインストールした場合,[システム]-[システム管理]-[日本語版セットアップヘルパ]を起動し,[Sylpheed]にチェックを入れます。

図1 日本語セットアップヘルパからのインストール

図1 日本語セットアップヘルパからのインストール

Ubuntu 8.04 LTSでは,最新版である2.6.0のパッケージを使用することができます。また,Ubuntu 9.04でも同じく2.6.0を使用することができます。Ubuntu 8.04では,次の行を/etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.listに追加してください。もしこのファイルが存在しない場合は,作成するか/etc/apt/sources.listに追加してください。

deb http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja hardy-experimental/

その後,リポジトリをアップデートして,Sylpheedをインストールしてください。端末からインストールする場合は,以下のコマンドを実行してください。

sudo apt-get install sylpheed

起動と初期設定

ここからの説明は,Ubuntu 9.04上でSylpheed 2.6.0を利用します。インストール後,[アプリケーション]-[インターネット]-[Sylpheed]が追加されているので,起動します。

起動後,最初に[メールボックスの設定]というダイアログが出てきますが,指示どおりそのまま[OK]をクリックすればいいでしょう。

次に[新規アカウントの設定]というダイアログが表示されます。ここでは例として,IMAP経由でGMailの設定を行ってみます。

[基本]タブ
  • このアカウントの名称:任意に決定
  • 個人情報:任意に決定
  • サーバ情報
    • プロトコル:IMAP4
    • 受信用サーバ:imap.gmail.com
    • SMTPサーバ(送信):smtp,gmail.com
  • ユーザID:(GMailの場合はメールアドレスと同じ)
  • パスワード:お使いのアカウントのパスワード

図2 GMailの使用に必要の設定(1) [基本]タブ

図2 GMailの使用に必要の設定(1) [基本]タブ

[送信]タブ
  • 認証:[SMTP認証 (SMTP AUTH)]にチェックを入れる。あとは空欄でよい

図3 GMailの使用に必要の設定(2) [送信]タブ

図3 GMailの使用に必要の設定(2) [送信]タブ

[SSL]タブ
  • IMAP4:[IMAP4の接続にSSLを使用]にチェックを入れる
  • 送信(SMTP):[SMTPの接続にSSLを使用]にチェックを入れる

図4 GMailの使用に必要の設定(3) [SSL]タブ

図4 GMailの使用に必要の設定(3) [SSL]タブ

[高度な設定]タブ
  • SMTPポートを指定:チェックを入れ,"465"と入力する(あるいはプリセットのまま)
  • IMAPポートを指定:チェックを入れ,"993"と入力する(あるいはプリセットのまま)

図5 GMailの使用に必要の設定(4) [高度な設定]タブ

図5 GMailの使用に必要の設定(4) [高度な設定]タブ

基本的にはこれで接続できますが,[作成]タブの[直接入力]で署名(シグネチャ)の作成が可能なので,入力しておくといいでしょう。[ファイル]とは,外部ファイルに署名を保存しておき,そのパスを指定する機能です。メール作成時に読み込んでくれます。筆者は現在でもこれを使用していますが,新規でアカウントを作成する場合は[直接入力]でいいでしょう。[コマンドの入力]では,コマンドの結果を署名にすることができますが,あまりにもマニアックすぎるので特に紹介はしません。

図6 [作成]タブの署名の設定

図6 [作成]タブの署名の設

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。

コメント

コメントの記入